逮捕間近! 五輪利権のキーパーソン「高橋治之」 それでも特捜部に上がる「国策捜査」の声

逮捕間近! 五輪利権のキーパーソン「高橋治之」 それでも特捜部に上がる「国策捜査」の声

検察とは徹底抗戦の構えのスポーツビジネス界の“ドン”

 東京地検特捜部による「東京五輪疑惑」の捜査が大詰めを迎えつつある。4日連続で関連先の捜索を大々的に行い、関係者らの聴取にも着手。いよいよ「Xデーは近い」と囁かれる裏側で、“特捜の狙いは何?”と訝しむ声が取材する大手メディアの記者たちから漏れている。

 ***

 疑惑の構図は、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之・元理事が、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」側から“便宜を図った”見返りに約4500万円を受け取ったというもの。

 7月26日以降、特捜部は受託収賄容疑で高橋氏の自宅や五輪組織委(現在は清算法人に移行)、AOKI前会長の自宅などを捜索するとともに、高橋氏らへの聴取も行ってきた。

「AOKIは東京五輪・パラ大会でスポンサー企業のひとつである『オフィシャルサポーター』に選定され、五輪エンブレム入りのスーツなど公式ライセンス商品を約3万着売り上げた。AOKIと組織委のスポンサーやライセンス契約に際し、高橋氏が働きかけを行うなどし、その対価として資金提供がなされたと特捜部は睨んでいます」(大手紙司法記者)

 組織委の理事は「みなし公務員」であり、職務に関連して金品を受け取れば、刑法の収賄罪に抵触する。これが容疑の根拠となっているが、高橋氏は特捜部の聴取に対して「不正への関与」を全面否定。

 今回の“五輪疑惑”が一筋縄で行かないことを物語っている。


■賄賂とされた4500万円のコンサル料


“スポーツビジネス界のドン”と呼ばれる高橋氏は大手広告代理店「電通」の元専務で、2011年に同社顧問を退任後、14年6月から組織委理事に就任した。

 電通は組織委からスポンサー募集を担うマーケティング専任代理店に選ばれ、同社社員は組織委に多数出向していた。そのため電通本社も特捜部の捜索を受けている。

 一方、高橋氏が代表を務めるコンサルタント会社は17年9月にAOKI創業家の資産管理会社とコンサル契約を締結。21年の大会閉幕までの間にコンサルタント料として月100万円、総計4500万円余りを受領したとされる。

「このコンサル料が“賄賂”に当たると見られているが、コンサル契約そのものに実態はあったようで、さらに高橋氏の個人の口座に入ったお金でもない。またAOKI側が依頼の見返りとして提供した賄賂とは“いつの時点のコンサル料が該当するのか?”など、要所要所で違法行為の認定に際して詰めるべき点が残ります」(同)


■焦点に浮上する「職務権限」の有無


 さらに民放キー局の社会部デスクはこう話す。

「最初は単純収賄でやるという話だったが、蓋を開けてみれば、よりハードルの高い受託収賄に容疑が格上げされていた。後者の場合、公務員が職務に関して請託(依頼)を受け、賄賂をもらうことが構成要件となりますが、その際に鍵を握るのが職務権限の有無です」

 組織委の定款によると、理事の権限は<大会準備や運営に関する事業を行う>とあるのみで、具体的な権限は明記されていない。

「スポンサー契約やライセンス商品の販売などについても理事会の決議事項でないため、高橋氏に“職務権限”があったか否かは、取材をしてもよく分からないというのが正直な感想です」(同)

 しかし特捜関係者は、明確な職務権限がなくても立件は可能とも話しているという。

「高橋氏が組織委に出向していた電通の元部下などに影響力を行使して、“職務に密接に関連する行為”としてAOKI側に便宜を図ったとのロジックです。ただ容疑の焦点がボヤけるのは否めず、かなり強引な捜査をしているとの印象が強い。“一大疑獄”のように騒がれていますが、取材記者の間では“国策捜査では?”といった声も漏れ始めています」(前出・司法記者)


■先行するフランス当局の捜査


 検察関係者の話だ。

「そもそも今回の容疑案件は特捜部が独自に掴んだネタとは言えない。東京五輪の招致活動をめぐって、フランス司法当局がIOC関係者に多額のカネが流れた贈賄疑惑を以前から捜査しており、その過程で高橋氏の名前も一時浮上していた」

 この捜査は現在も継続中とされ、フランス当局から日本の検察庁にも協力要請があり、特捜部がフランス当局の求めに応じて関係者を嘱託尋問した経緯もあるという。

「東京五輪の本当の闇に斬り込んでいるのはフランス当局で、現在の特捜部はそこから派生したニッチな捜査を行っているように映る。それでも自分たちで五輪疑惑を立件できれば、フランスの“下請け”に甘んじただけとの顛末は避けられ、特捜部の“面目も保たれる”との声がある」(同)

 特捜部と“ドン”の攻防はこれからが本番だ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)