統一教会がカネ集めに使った「日韓トンネル」 騙されて3億7000万円出した人も

統一教会がカネ集めに使った「日韓トンネル」 騙されて3億7000万円出した人も

旧統一教会に3.7億円献金も

統一教会がカネ集めに使った「日韓トンネル」 騙されて3億7000万円出した人も

計画では日本と韓国を「海底トンネル」で結ぶはずだった

 安倍晋三元首相殺害の動機だったとして、あらためて統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が注目されている。教団は会見を開いて潔白を示そうと必死だが、まだ彼らが語っていないことがある。教団の創設者である文鮮明氏(1920〜2012)が唱えた、日本と韓国を海底トンネルで繋ごうという「日韓トンネル」計画だ。

 ***

 そもそも日韓トンネルは、戦前の日本が立案したものだった。1940年、旧鉄道省は、東京から朝鮮半島を経由して北京まで結ぶ「大陸横断弾丸列車計画」の一部にあたる「朝鮮海峡トンネル」を計画。むろん計画は、日本の敗戦によって頓挫した。

 それが1980年代に韓国で再燃した。81年11月10日、統一教会の創設者である文鮮明氏が、自らが主催する第10回「科学の統一に関する国際会議」で、全世界を高速道路で結ぶという「国際ハイウェイ構想」をぶち上げた。その一環として、韓国・釜山−対馬−壱岐−佐賀県唐津市を海底トンネルで結ぶというのが、現在の「日韓トンネル」計画である。

 釜山と九州は近いというイメージがあるが、計画される日韓トンネルの長さは200キロを超える。青森と北海道を結ぶ青函トンネルは53・8キロ、イギリスとフランスを結ぶユーロトンネルは50・5キロだから、いかに壮大な計画かが分かる。だが、全国霊感商法対策弁護士連絡会の渡辺博弁護士はこう指摘する。

「その壮大な計画を『教団が実現する!』というのが、信者に向けたアドバルーンなのです。さらに、『日韓トンネルを造るため』という名目で多大な献金も集めてきたのです」


■数億円の被害者も


 トンネルを造るからといって献金が集まるのだろうか。

「億単位の被害者はいくらもいます」(渡辺弁護士)

 過去には、統一教会を訴えた新聞記事もある。

《訴えによると、原告の男性は九〇年と九一年の二回にわたり、教団側から「日韓トンネルや中国に建設する自動車工場の資金が必要」などと持ち掛けられ、三洋信販(註:消費者金融会社)から総額約三億七千万円を借り入れ、担保として福岡市内の七カ所に所有する不動産(計約四千三百平方メートル)を提供する契約書に署名、押印した。/教団側は「名義を貸すだけで、支払いはすべて責任を持つ」などと説明、融資の全額は、教団側の開設した原告名義の口座に振り込まれた。しかし、三洋信販から「返済しなければ、担保物権を競売にかける」との連絡を受け、だまされていることに気付いたという》(日本経済新聞:96年4月9日付)

 かつては「1ミリ5万円献金(1ミリ掘るために5万円)」なる献金もあったとか。大金を集めて、トンネル造りは進んでいるのだろうか。渡辺弁護士は言う。

「他人の土地を勝手に掘るわけにも行かないので、唐津市内などに土地を購入して、試掘坑を掘っています。日韓トンネルをご存知の方の中には、これが日本側のスタート地点のようにとらえている方もいるようですが、あくまでも試掘でしかありません。国際ハイウェイ財団という団体が、いまも計画を推進しているかのように発表しています」


■教団総裁も視察


 国際ハイウェイ財団の公式ホームページには、財団の設立目的としてこうある。

《国際ハイウェイ構想の実現を目指し、日本とアジア、世界各国との連携を深め、文化的、宗教的、経済的交流並びに科学技術的交流を促進し、日本とアジア、世界の自由と平和と繁栄に寄与する。》

 財団の会長は、統一教会の関連団体である国際勝共連合の会長も務める梶栗正義氏である。そして「国際ハイウェイ 現場だより」なる冊子で、トンネルの進行具合が報告されている。最新号は昨年7月5日発行のもので、壱岐に現場事務所が設置され、《本格工事の始まりを告げている》とある。すでに壱岐にまで達したのか?

「全国霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士が見に行ったところ、とんでもない山奥にプレハブ小屋が建てられ、ほんの少し穴が掘ってあっただけでした」(渡辺弁護士)

 16年11月22日発行の「現場だより」には、文鮮明氏の妻で、現在の統一教会総裁である韓鶴子氏が唐津を視察に訪れたともある。

「文鮮明氏は12年に亡くなり、韓鶴子氏が継いだわけですが、自身の代でも大きなイベントをやりたいようです。その一環が日韓トンネルと言われています」(渡辺弁護士)

 教団が構想を打ち出して40年以上が過ぎた。果たして、日韓トンネルは完成するのだろうか。

「完成するわけないじゃないですか。お金もなければ技術もない。ましてや安倍元首相は殺害されてしまったことで、教団や関連団体の印象は悪化しています。そもそも戦前に日本が計画したときは鉄道でしたが、教団の構想は高速道路です。200キロ以上もある海底トンネルなど、完全自動運転ならともかく、自分で運転できると思いますか?」(渡辺弁護士)

 現在、日本の高速トンネルの最長である首都高の「山手トンネル」は約18キロ、関越自動車道の「関越トンネル」だって約11キロである。これでも長いと感じる人は少なくない。

「さらに、日本は左側通行、韓国は右側通行です。これはイギリス(左側通行)とフランス(右側通行)を結ぶユーロトンネルも同様ですが、あのトンネルだって鉄道のみ。日韓トンネルはどちらの交通ルールを優先するのでしょう」(渡辺弁護士)

 現在の両国の関係を見れば、それだけでも大モメだろう。

「統一教会のみならず、日韓トンネル構想は主に韓国側から数年おきに再燃します。韓国に新大統領が誕生し、また計画が持ち上がるかもしれません」(渡辺弁護士)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)