「五輪疑惑」発覚の折も折 組織委「打ち上げパーティー」に参加していた「橋本聖子」元会長

「五輪疑惑」発覚の折も折 組織委「打ち上げパーティー」に参加していた「橋本聖子」元会長

元トップとして疑惑にどう対応するのか

 元電通専務で、東京五輪組織委元理事の高橋治之氏(78)が、五輪スポンサー企業のAOKIから多額の現金を受け取っていた問題。現在は東京地検特捜部による捜査が粛々と進んでいるが、この件の第一報を報じたのは、7月20日の読売新聞朝刊だった。それから3日後の7月23日。東京五輪組織委元会長の橋本聖子参院議員の姿は、神宮外苑のビアガーデンにあった。元組織委メンバーが集うパーティーに参加していたのだ。


■昼過ぎから数百人も


 実はこの日は、東京2020大会の開会式が行われた日からちょうど1年という、節目の日。開会式の会場となった国立競技場では17時から、オリンピアンや大会関係者が出演する記念のセレモニーが行われた。もちろん、そこにも橋本元会長は出席している。

 大会関係者が言う。

「そのセレモニーに先駆ける形で、お昼過ぎから競技場近くにあるビアガーデン会場を貸し切り、組織委関係者ら数百人が集い、打ち上げが行われたのです。そこに、橋本元会長の姿があり、関係者らと楽しそうに談笑していました。セレモニーにも出席する人は、途中で会場を離れ、競技場に向かって行っていましたね。橋本さんもその一人です」

 もちろんこの日も、マスコミ各社は朝から、世田谷区にある高橋元理事の自宅前に放列を作り、特捜部による強制捜査のタイミングを逃すまいと、待ち構えていた。五輪疑惑への捜査のメスがいよいよ入るかどうか、ぎりぎりのタイミングだったというわけだ。

「そんな最中に、公式なイベントではないとはいえ、しかもコロナ感染者が激増している中で、大々的なパーティーを開く意味があるのか、疑問の声が上がっていたのも事実。橋本さんまで顔を出して、緊張感がないのか、という感じがしましたね」(同)


■知人に誘われて


 橋本元会長に訊ねた。

――パーティーに出席しましたか。

「知人に誘われて、短時間立ち寄りました。お茶を口にした記憶はありますが、飲酒はしておらず、食事もしていません。会費も支払っていません」

――パーティーは組織委のメンバーが主催したと聞いていますが。

「参加者には元組織委員会の方もいたようですが、友人・知人とその家族のプライベートな集まりだと聞いています。組織委員会有志の会とは承知していませんし、皆さんの前で挨拶もしていません」

――コロナ禍が再び猛威を振るう中、大人数で集まることについては。

「感染対策として、会場は屋外であり、参加者は定員900人の半分以下だったと聞いています」

――高橋治之元理事については。

「高橋元理事がこの会に参加していたとは聞いていません。多くの皆様のご努力で開催することができたオリンピック・パラリンピック東京大会でありますので、こうした疑惑が後から出てくるというのは非常に残念です。捜査にはできる限り協力する所存です」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)