「女詐欺師」の新たなエサは「新型コロナワクチン」開発 山崎元副総裁は「名前を利用された」【後編】

「女詐欺師」の新たなエサは「新型コロナワクチン」開発 山崎元副総裁は「名前を利用された」【後編】

政界とのパイプ

■門前払い


 二瓶絵夢(にへいえむ)。特徴的な名前を持つこの女性はもともと、小泉訪朝を機に北朝鮮拉致問題の取材を始めたフリーのジャーナリストだった。取材を通じて政界にもパイプを築き、「人を騙す」習慣に染まった彼女は、結婚して清水絵夢と名を変え(※2020年6月時点。現在は清水から別の姓へと変わっている)、「ペテンの世界」で蠢いた。その足跡を前編に続けてお届けする。(以下は「週刊新潮」2020年6月25日号/7月2日号「MONEY」欄記事を再構成)

 ***

 愛人に「変態プレー」を赤裸々に暴露された影響で、自民党の山崎拓元副総裁が選挙に敗れ、代議士の座を失ったのは、2003年11月のこと。しかし、東京地検特捜部に逮捕された過去を持つ「女詐欺師」はその政治力を未だに利用できるかのように装った。本来、輸出用の卸売販売が規制されている武田薬品製の糖尿病治療薬「ザファテック」などの中国への転売を、絵夢氏は医薬品の卸会社社長に持ち掛けて、1300万円を騙し取ることに成功したのである。

 その「騙しの舞台」の二人目の役者として、絵夢氏が卸会社社長に引き合わせたのは、日本医師会推薦候補の自見庄三郎元参院議員だった。実娘である自見はなこ厚労大臣政務官の園田弘幸秘書に、医薬品卸大手「アルフレッサ」の医薬営業部渉外担当部長と「個人的な相談事」レベルの交渉に当たらせた。その園田秘書の証言から、絵夢氏が卸会社社長に伝えていたことはすべて真っ赤なウソだったと判明する。

 園田秘書の話。

「清水さんが送ってきた卸会社の販売先10社のリストをアルフレッサの部長に郵送したところ、2カ月後に調査結果を伝えられました。それによると、問題企業2社が含まれていた」

 当然、アルフレッサが卸会社社長と契約するわけもなく、門前払いされたことを絵夢氏に伝えたという。


■騙しの方程式


 ところが、卸会社社長によれば、

「調査結果が伝えられたとされる時期、清水さんの口ぶりはいよいよアルフレッサとの契約が本決まりになりそうだというものでした。しかし、そこまで具体的な話をしながら、それ以降はまったく進展しなくなった。清水さんは、園田秘書とアルフレッサの連携がうまく行ってないなどと言い訳をしていました」

 卸会社社長は、伝手を頼って園田秘書に確認したところ、騙されたとわかったのだ。実は、卸会社社長から1300万円を騙し取る一方、絵夢氏は別の「医療ビジネス」にも触手を伸ばしていた。のちに証券取引等監視委員会から金商法違反(偽計)の疑いで強制調査を受けたジャスダック上場企業「Nuts(ナッツ)」の医療関連事業に参画し、その一環として、ナッツの子会社「AIPL(アジュバント・イミュニティプロベスラボラトリー)」顧問に自見元参院議員を招聘したのだ。

 虚偽の情報開示をした疑いのあるナッツとタッグを組み、絵夢氏は何を目論んだのか。結論から先に言えば、「中国人富裕層向けの医療ツーリズム」と「新型コロナワクチン」開発ビジネスだった。それらのビジネスも、案の定、頓挫するのだが、絵夢氏が「騙しの方程式」に組み込んだのは、やはり山崎元副総裁だった。

 当の山崎元副総裁に訊くと、

「彼女には名前を利用されました。もう一切会わないし、完全に関係断絶します」

「週刊新潮」2022年6月25日号/7月2日号「MONEY」欄記事を再構成した有料版では、被害者複数名の証言をもとに絵夢氏の手口を詳報する。なお、絵夢氏は取材拒否であった。

「週刊新潮」2020年6月25日号/7月2日号 掲載

関連記事(外部サイト)