「小泉総理の盟友」山崎拓を“共犯”に「女詐欺師」再び 日本医師会推薦の元参院議員も“加担”【前編】

「小泉総理の盟友」山崎拓を“共犯”に「女詐欺師」再び 日本医師会推薦の元参院議員も“加担”【前編】

絵夢氏と山崎元副総裁

■懲役3年執行猶予5年


 凶弾に斃れた安倍晋三元総理は、一貫して北朝鮮による拉致問題の解決を最優先課題に掲げた政治家だった。2002年の小泉訪朝に同行し、拉致被害者5人の帰国に尽力。そして、一気に宰相候補となったのだ。その拉致問題の取材に駆け回っていたジャーナリストは、のちに「女詐欺師」として巷を騒がせることとなる。彼女の足跡を2回にわたってお届けする。(以下は「週刊新潮」2020年6月11日号/6月18日号「MONEY」欄記事を再構成)

 ***

 二瓶絵夢(にへいえむ)。

 特徴的な名前を持つこの女性は、もともと小泉訪朝を機に北朝鮮拉致問題の取材を始めたフリーのジャーナリストだった。取材を通じて政界にもパイプを築き、とりわけ、自民党の山崎拓元副総裁、平沢勝栄代議士と懇意な間柄にあることで知られていた。

 一躍、その名が世間に知れ渡ったのは04年のこと。山崎、平沢両氏が、北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)日朝国交正常化交渉担当大使らと中国大連で極秘交渉し、出しゃばりの二元外交との批判を浴びたが、その場になぜか彼女が同席していたことが明るみに出たのだ。

 次に、絵夢氏が「渦中の人」となったのは、東京地検特捜部に逮捕された「女詐欺師」としてだった。07年、「表参道ヒルズ」近くにある土地の架空取引話を中国貿易専門商社に持ち掛け、米田建三元代議士の元秘書らとともに5億5000万円を騙し取った罪などに問われたのである。結局、東京地裁で懲役3年執行猶予5年が言い渡され、表舞台からは完全に消え去ったかに見えた……。


■ザファテック


 ところが、結婚して清水絵夢と名を変えた彼女は(※20年6月時点。現在は清水から別の姓へと変わっている)、詐欺の舞台装置を不動産から医薬品に替え、山崎元副総裁とタッグを組んでいた。

 被害に遭った医薬品の卸会社社長によると、糖尿病治療薬の「ザファテック」は中国では未認可であるため、武田薬品工業による「輸出用」の卸売販売は規制されている。しかし、一方で中国におけるザファテックの需要は高く、仕入れられれば日本の薬価の3倍以上で中国の医薬品業者に転売できるという。

「19年春、知り合いの金融業者から持ち込まれた耳寄りな情報というのが、詐欺に遭うきっかけでした。“武田薬品が製造するザファテックなどを大量に入手できるルートがある。中国に輸出すれば儲けは大きい”と勧められたのです」

 絵夢氏にコンサルタント料の前渡金として1000万円、山崎元副総裁に挨拶料300万円。医薬品輸出ビジネスに参入する対価の支払いを済ませた6日後の19年6月4日、山崎元副総裁から、腹心で日本医師会推薦候補だった自見庄三郎元参院議員を引き合わされたという。

 結果的に、卸会社社長は絵夢氏にまんまと1300万円を騙し取られることとなった。(【後編】につづく)

「週刊新潮」2020年6月11日号/6月18日号「MONEY」欄記事を再構成した有料版では、絵夢氏による中国への医薬品輸出ビジネスのセールストークやどのように政治家を使ったかを詳報する。

「週刊新潮」2020年6月11日号/6月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)