統一教会は信者獲得のためではなかった……宗教団体がわざわざ政治に接近する理由

統一教会は信者獲得のためではなかった……宗教団体がわざわざ政治に接近する理由

文鮮明

 安倍晋三元首相の暗殺をきっかけに、多数の国会議員が選挙の際には統一教会(現・世界平和統一家庭連合)から協力を得ていたことが発覚した。国会議員は、票になりさえすれば宗教団体だろうと何でも利用するのはよく知られたことではある。一方、宗教団体は何のために政治に近づいて行くのか。宗教専門誌「宗教問題」の小川寛大編集長に聞いた。

 ***

小川:まず、戦後の宗教と政治について、大まかな話からしましょう。1964年、創価学会は自らを支持母体とする宗教政党・公明党を結党し、翌年の参議院選挙では早くも当選者を出しました。創価学会が宗教政党を作ったのは、今は公式に撤回したことになっていますが、創価学会を全国民に布教して、国立のお寺のようなものを作らせるのが目的でした。

――いわゆる広宣流布・国立戒壇というやつだ。

小川:そこまで言い切ったのは創価学会ぐらいでしたから、生長の家や立正佼成会といった新宗教団体が危機意識を持ったのです。そのためアンチ創価学会としての結びつきを強め、彼らも政界に進出していったという構図がありました。とはいえ、1970年代に創価学会は大バッシングを受けて、当時の池田大作会長が当初の目的を撤回しました。

――では、統一教会はどうなのか。

小川:最近の報道でご存知の方も少なくないと思いますが、元々、統一教会は韓国で生まれた宗教です。創始者で教祖の文鮮明は軍事政権の朴正煕大統領の軍事政権の下、反共産主義思想を展開して庇護されました。純粋に宗教の魅力で信者を増やすと言うよりも、政治家と一緒になって影響力を拡大させようというのは日本に来る前から行われていたわけです。

――教祖というよりも反共の活動家のようだ。


■生長の家とのつながり


小川:統一教会は日本に来ても、「冷戦の最前線である韓国から来ました。我々は共産主義は嫌いです」といった売り方をするわけです。実際、文鮮明は朝鮮戦争の直前に、北朝鮮軍に捕まって牢獄に入れられたこともあるそうですから、一定の説得力もあったようです。当時は、左翼運動が盛んな時期でしたから、安倍元首相の祖父である岸信介や笹川良一も、これは使えると考えたのかもしれません。

――昭和の妖怪・岸、右翼のドンと呼ばれた笹川は、文鮮明が創立した反共主義の政治団体・国際勝共連合で結びついたと報じられている。だが、それだけではない。

小川:1960〜70年代、日本では左翼系の学生運動が盛んでした。これに対抗したのが保守派の全国学生自治体連絡協議会(全国学協)という組織です。中心となったのが生長の家の学生組織・生長の家学生会全国総連合であり、それと共闘したのが原理研究会でした。

――原理研究会といえば、統一教会が大学生を勧誘するための関連団体である。それが生長の家と繋がりを持っていたというのは意外だ。

小川:生長の家の古い信者に話を聞くと、統一教会とは非常に親しかったと言うんです。今でこそ、世間で右翼的な発言をする人は少なくありませんが、左翼運動が盛んな頃にそうした発言をする人はほとんどいませんでした。ですから、例えば大きな会場に2000人くらい人を集めなければいけないという時に、統一教会に500人くらい動員を頼んでいたと言うのです。生長の家信者だった自民党参議院議員、玉置和郎が勝共連合の顧問に入っていたことも象徴的です。その全国学協が流れ流れて、後の日本会議へと繋がっていったのです。

――日本会議は保守系団体では日本最大の組織といわれ、安倍元首相とのつながりもあった。


■立正佼成会とのつながり


小川:現在、騒ぎになっている統一教会ですが、我々が思っている以上に政治との繋がりの歴史が長いのです。そうなると昔から付き合いのある政治家としては、統一教会はなかなか切りにくい組織なのでしょう。もちろん、霊感商法や高額献金などの負の側面が今問題視されているわけですが、政治家にすれば、「高額な壺を売っているから明日から来ないでくれ」とは言いにくいのでしょう。

――日本で統一教会の拡大に一役買った日本人がいる。

小川:1964年、統一教会は日本で宗教法人の認可を受けました。その時、日本の統一教会初代会長に就任したのが久保木修己という人でした。この人は、岸信介の前でも動じることなく、カリスマ的な存在感があったそうです。国際勝共連合の初代会長も務めました。ところが、この人、元々は立正佼成会の幹部だったんです。

――期せずして、アンチ創価学会の生長の家と立正佼成会が、ここでまたつながった。

小川:統一教会は、冷戦時代は反共で政治に関わろうとしていたと思います。しかし、今となっては、純粋な目的で政治に関わろうとは思っていないのではないかと思います。

――では、なぜ今も特定の候補者の選挙を手伝ったりしているのだろう。


■広告塔の役割


小川:「芸能人や政治家が宗教団体の広告塔になる」という言葉をよく聞きます。広告塔というと、教団が新たな信者を勧誘する際のサポート役のようなイメージでしょう。しかし、今の広告塔は内向きで、すでに入会した信者に疑問を持たせないために必要なのです。例えば、母親が宗教団体に大金をつぎ込んでいるのを知った息子が止めようとしたときに、機関誌を見せて「安倍さんが来ているような団体がおかしいわけないじゃない」という使われ方がされます。もちろん2世3世の信者を逃がさないためでもある。統一教会に限りませんが、そのために、集会に来て下さい、祝電を打ってくださいと政治家と親しくなりたいと考えるのです。選挙活動を手伝ってもらっている政治家にすれば、断りにくいですからね。

――新たな信者獲得のためではなかったのか。

小川:いまどき、休日に家でゴロゴロしているときに、突然「こんにちは、統一教会です」と尋ねてこられて入信する人などいません。むしろ、飛び込みの勧誘は、度胸を付けるためと言われています。追い返されて泣きながら教会に帰ると、むしろ褒められ、益々離れられなくなるといいます。その際にも「国会議員の先生も応援してくれる団体なのだから、君の勧誘を断る方がサタンなんだ」という使われ方もするわけです。

――これで宗教法人とは……。


■創価学会の場合


小川:ですから今となっては、統一教会は、宗教の教義をもって世の中を良くするとか、人間の完成を目指すといったことではなく、ただお金を信者から巻き上げるために活動している集団との認識が妥当なのではないかと思います。そのために、政治家が必要だったのです。政治家との縁が切れないように選挙を手伝っているとしか思えません。

――ならば、現在は自民党とともに与党を構成している公明党と、その支持母体、創価学会はどうなのだろう。

小川:最初に申し上げた、広宣流布・国立戒壇のような目標は現在はありません。実際、創価学会も高齢化が進み、会員も減っていますから、そこまでのパワーもありません。

――公明党の宗教政党としての存在価値とは?

小川:現在は道路が綺麗になったとか、ゴミの集積所が増えたとか、全部の学校にクーラーがついたとか、給付金とかで生活が向上しているというのが、会員の会合などでアピールされています。

――かつてのパワーはなくなったものの、それでも学会員たちによる選挙活動は今も機能している。

小川:彼らにとって選挙はお祭りでしょう。地方選挙も含めれば、年に1回くらいは選挙があります。その際に会員を集め、候補者のポスターを貼り、電話をかけまくって支持を集める。全体の票数が減ったとはいえ、学会の票割りは見事なものですから、候補者は当選します。会員も応援した候補者が当選すれば嬉しいわけです。当選した議員も、学会員に「みなさんのおかげで」と感謝もするわけですから。彼らにとって、選挙は宗教行事の一環のようなものでしょう。

――創価学会員が「選挙をやれば功徳になる」とテレビのインタビューに答えたのは有名な話だ。

小川:だから自民党も公明党を頼りにしているのです。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)