日本人の「不安遺伝子」は世界一 『スマホ脳』著者が明かす、うつを防ぐ最も効果的な方法

日本人は『不安遺伝子』世界一か 日本でうつ病・うつ状態の人は2008年に100万人超

記事まとめ

  • ある研究によると、『不安遺伝子』を保有する割合が世界で最も高いのは日本人だという
  • 日本でうつ病・うつ状態にある人は人口割合比でアメリカの3倍超との調査結果もある
  • ストレスは『深刻な病気を引き起こす現代最大の炎症要因の一つ』だという

日本人の「不安遺伝子」は世界一 『スマホ脳』著者が明かす、うつを防ぐ最も効果的な方法

アンデシュ・ハンセン氏(?Stefan Tell)

 日本人には世界で最も「不安遺伝子」なるものが多いそうだ。うつ病・うつ状態の人が100万を超えて久しい日本だが、その数はコロナ禍で倍増したという国際調査の数字もある。今だから必要な対処法を、あの世界的ベストセラーの著者が詳しく解説してくれる。

 ***

「そもそも新型コロナウイルスのパンデミック前から、たとえば私の国、スウェーデンでは成人の8人に1人が抗うつ剤を処方されています。世界的には2億8千万人がうつと診断され、2億8400万人が不安障害に苦しんでいました。現代人のメンタルは史上最悪である。そう考える人がいてもおかしくない状態でした。ところがコロナ禍以降、患者の数はさらに増えている。原因はさまざまに考えられます」

 そう語るのは、著書『スマホ脳』(新潮新書)が世界的なベストセラーとなり、日本では2021年に最も売れた本にもなったスウェーデンの精神科医、アンデシュ・ハンセン氏(48)その人である。

 今般、「なぜ人は不安から逃れられないのか?」という問いから書き起こした新著『ストレス脳』(同)が日本でも発売されるのに合わせ、コロナ禍を経た人々とうつとの関係について語ってもらった。


■不安遺伝子の保有割合が世界一


 日々、こう感じている人は多いのではなかろうか。何かに追われている気がする、どこか不安だ――。

 仕事でも家庭でも気がかりだらけ。ひとつのことにカタがついても次が控え、何かしら積み残しのまま翌日を迎える。睡眠時間は削るもの、ストレスなんてあって当たり前……。

 ある研究によると「不安遺伝子」を保有する割合が世界で最も高いのはわれら日本人なのだという。

 精神を安定させ、ストレスに抵抗する働きをする脳内物質セロトニン。「不安遺伝子」を多く有する人は、これを少量しか産生できなくなってしまう。

 不安を感じやすい性質を持つ人が多いせいなのかは定かでないが、日本でうつ病・うつ状態にある人は2008年に100万人を超えた。これは、人口割合で比較すると米国の3倍以上になるという調査結果もある。厚労省によると、生涯でうつ病を経験する日本人はおよそ100人に6人にも達するという。

 しかもOECD(経済協力開発機構)のメンタルヘルスに関する国際調査では、コロナ禍以降、精神疾患に陥ったり、精神的な不調を訴えたりする人が世界的に激増しており、日本でもうつ病・うつ状態の人の割合は2倍以上に増えていると見られるそうだ。

――パンデミックを経て、うつ病や不安障害などを患うケースが世界で急増しているとは一体、どうした理由によるのだろうか。

シリーズ累計85万部突破! その不安、すべて脳のせい。対人関係、デジタル、コロナ……「人類史上最悪のメンタル」への処方箋。『スマホ脳』著者最新作! 『ストレス脳』

■なぜパンデミックで精神疾患に?


 ハンセン氏は言う。

「冒頭で触れましたように、原因はさまざまだと思います。自分や家族、親しい友人がコロナウイルスに感染するかもしれないという恐怖、持病があるのに病院にかかれない不安、親しい人たちに会えない孤独、それぞれがストレスになりますね。そうしたストレスから精神疾患を発症するというのは充分にありうることです。

 都市まるごとのロックダウンや外出の制限も世界のあちこちで実施されました。自宅にいて長時間座っていることも、実は体にとってストレスです。パンデミックでそうした“座っている時間”が増えた人もいるでしょう。あるいは『スマホ脳』で指摘したように、デジタル機器にアクセスする時間が増えたからかもしれません。ついSNSにハマってしまうとかね」

世界的ベストセラー上陸! スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか? 最新研究が示す恐るべき真実 『スマホ脳』

■どんな先祖が過酷な時代を生き延びられた?


「これは多数の研究から判明しているのですが、1日に4〜5時間をSNSに費やす若者は、自分に不満を抱え、気分の落ち込みを感じる割合が高いんです。4〜5時間というのは10代では平均以下の長さですが、特に10代の女子では影響が顕著です。ある調査によると15歳女子の62%が不安・心配、腹痛、睡眠障害といった慢性的なストレス症状を訴えています。

 あるいはそうしたさまざまなことが原因で睡眠不足になったり、運動不足になったり、あるいは太ってしまったりしたことも一因かもしれません。現代的なライフスタイルは、うつなどの精神疾患や精神的不調に関係してくるのです。

 もちろん、遺伝的な要因もあります。しかし、うつは肺炎や糖尿病といった病気と何ら変わりません。うつや不安障害は人生で4人に1人が経験します。そのことをまず知ってほしいですね」

――パンデミックへの恐怖や不安がストレスになるのはわかるとして、孤独もストレスの要因なのか。

「ストレスとは何かといえば、深刻な病気を引き起こす現代最大の炎症要因の一つでもある。この点は後述しますが、ストレスは同時に、体の防御メカニズムの一部ともいえます。そこからまずお話ししましょう。

 この数十年の人間の行動様式の変化は、人類史上類を見ないスピードで進みました。でも、人間の脳はサバンナで暮らしていた頃とさほど変化していません。

 その時代の人間の主な死因は飢餓や感染症、怪我や人間同士の争いでした。成人する前に約半数が死んでいました。人間の脳はそのような環境で進化し、生き延びた者だけが子孫を残せました。

 どんな先祖が生き延びられたか? 危険に対して適切にストレスを感じられた人たちです。ストレスを感じられなかった人たちは危険を察知できず、死んでしまい、子孫を残せなかったでしょう。ストレスにはそういう役割もあるのです。


■3人に1人以上が孤独という現代


 実際、ストレスを感じると免疫系が活性化します。免疫系は非常にエネルギーを消費しますから、常に作動してはいられない。そこでストレスがスイッチの役目を果たすのですね。

 孤独もまたストレスになりえます。人間は集団で暮らしていましたから、その集団からはぐれることや追放されることは死の危険が増すことを意味します。

 孤独が及ぼす医学的なリスクについての発見は、この10年で最も驚くべきものと言っていいでしょう。詳しくは『ストレス脳』で一章を割いて解説していますからそちらを読んでほしいのですが、実は3人に1人以上が孤独に陥り、12人に1人は医学的に非常に深刻な状態にさらされているという研究結果があります。

 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者たちが12年間にわたって4200人を対象に行った大規模な調査があります。そこでは50歳以上のうつの人のうち、20%が孤独が原因でうつになっていたことが判明しています。

 また、心疾患を経験した1300人に対する調査では、孤独には大量の喫煙や飲酒と同程度のリスクがあり、寿命を縮める要因になったと報告されていますし、3千人近い乳がんの女性に対する追跡調査でも同様の結果が出ています。

 計30万人を対象にした148件の研究をまとめると、孤独は脳卒中や心筋梗塞で死ぬリスクと同等だといえます。孤独という状況は、1日にタバコを15本吸うに等しいのです」


■慢性的に“炎症がある”


――ストレスは「深刻な病気を引き起こす現代最大の炎症要因の一つ」という話が先にあったが、これはどういうことなのか。

「炎症というのは物理的刺激であったり、けが、あるいは毒や細菌、ウイルスの体内への侵入などで起こる人間の体の反応です。腕を掻いて皮膚が赤くなるのも炎症ですね。

 この炎症が特定の場所で長く続くと、深刻な病気の原因になることがあります。ざっと例を挙げれば、心筋梗塞や脳卒中、リウマチ、糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマー型認知症などもそうです。

 実は以前、脳と免疫系というのは無関係だと考えられていました。

 傷口から菌が入るとサイトカインと呼ばれる物質が産生され、免疫系が感染源を攻撃します。サイトカインは他の細胞に“体内で感染が起きているぞ”と知らせることもします。

 コロナ禍では感染後の重症化の例として「サイトカイン・ストーム」という現象が注目されました。免疫系が暴走状態になり、致命的な状態を引き起こすわけですが、そのきっかけは多量のサイトカインが産生されるプロセスが起動してしまうことです。サイトカインは本来、体を守るために分泌されるのですが、一方でそういう側面をも持つ物質なのです。


■うつも炎症を起因とする病気


 さて、2000年代初頭の教科書では、このサイトカインは脳には伝わらないとされていました。ところがそうでないことがわかったのです。これは医学史上、非常に重要な発見でした。その後、いくつもの研究の末、脳と免疫系は無関係などころか、密接な連係を持つことがわかってきました。

 2010年代、デンマークの研究者たちが7万3千人を対象に調査を行っています。分析の結果、軽度のうつ症状、疲労感、自尊心の低下などが見られた人たちは、炎症の指標となるCRPというタンパク質の数値が高い傾向にあると判明しました。これも大きな発見です。

 CRPは通例、結核などの慢性感染症、心筋梗塞やリウマチ、肝硬変、悪性腫瘍などで高い数値を示します。これがうつでも認められたということは、うつもまた炎症を起因とする病気だという例証の一つです。

 つまり、免疫系の活動が私たちの精神状態にも影響を及ぼし、その作用が活発化するとうつの要因になるようだということです。


■ストレスによる慢性的な炎症


 続けてご説明しましょう。

 人類の歴史上、炎症というのはもっぱら細菌やウイルスによる感染、あるいはけがで起きていました。

 原因はいわば一過性のものだったのですが、現代の炎症要因は違います。長期間その状態が続く傾向にあり、慢性的に“炎症がある”と脳や体に伝え続けます。肥満、ジャンクフードの摂取、喫煙、環境汚染物質の吸収などが要因として挙げられますが、中でも最大の要因の一つがストレスなのです。

 脳や体が、この炎症はこうした現代のライフスタイルによるものだ、いや、感染によるものだ、と区別できれば、無駄に免疫系を稼働させることもないでしょう。しかし、そんな区別はつけられない。“炎症は炎症”と捉えて、細菌やウイルスに攻撃されているときと同じ反応をしてしまうのです」


■うつには“自分を守る”役割がある


――体は免疫系を起動させるとして、脳はどんな反応をするのだろう。

「“危険にさらされているぞ!”と判断した脳は、気分を下げるという調整を行います。テンションを下げ、落ち込ませ、精神状態を悪化させて私たちを引きこもらせ、危険から遠ざけようとする。これがうつと呼ばれる状態です。

 うつの原因は多岐にわたりますので、これがすべてではありません。関連する遺伝子は44にも及ぶのですから。ただ、炎症に起因するうつは3分の1に達すると考えられているのです。

 私が診た多くのうつ患者は、なぜ自分がうつになってしまったのだろうと悩んでいました。自分の心が弱いからだろうか。性格が問題なのだろうか。遺伝なのだろうか。でも、現代のライフスタイルが実質的な原因となるうつもあるということです。

 また、さらに重要なのは、うつにはこうした“自分を守る”役割があるのを理解することです。

 不安障害も同じです。パニック発作や恐怖症、PTSDにもそれぞれ意味があるのです。いわば隠れた自然の防御メカニズムであり、私たちの脳が正常に機能している証でもあります。

 脳が自分を守るために、感情を鈍麻させたり、身体活動を鈍らせたり、脳内の警報器を過剰に鳴らしてみたりする。その仕組みを知ることが患者の救いになる場面を、私は何度も見てきました。

 現在、うつや不安に苦しんでいる人は、当然ですがまず医師の診察を受けてください。精神科で薬を処方されている人はかかりつけ医の指示に従ってください」


■最も効果的なのは運動


――それでも人はストレスから無縁ではいられまい。とりわけ日本人は「世界で最も不安遺伝子を持つ」ともいわれるのだからなおさらだ。私たちは、不安やうつとどう付き合っていけばいいのだろうか。

「確かに遺伝子の影響もあるのでしょうが、不安やうつは複雑です。うつに関連する遺伝子は44もあると言いました。そうした遺伝子の要素に加えて、脳内のさまざまな部位やシステムが作用して不安やうつという結果をもたらします。

 ところが、驚くほど共通する要因があります。ストレスです。長期間続く、自分では制御できないと感じるストレス。“遺伝子が弾を込め、環境が引き金を引く”という言い方ができるかもしれません。

 脳には可塑性があります。暮らし方の変化で脳の働きも変わります。睡眠を充分取ること、長時間座り続けるのをやめること、友人と会うこと、SNSやデジタル機器に接する時間を減らすことなどがストレスの低減に有効ですが、最も効果的といえるのは運動でしょう。実際、運動でうつのリスクを下げられるという研究結果も発表されています。

 イギリスで15万人を対象に行われた実験では、体のコンディションの良い人はうつになるリスクが半分ほどに減り、不安に襲われるリスクも低かったという結果が出ています」


■なぜ運動はうつを改善する?


「2020年には『運動でうつは改善できるか』というテーマで行われた複数の研究をメタ分析した研究を、さらにメタ分析した研究が発表されました。そこでも結果は同じ。運動は精神状態を改善するのです。

 15分間ジョギングするだけでうつになるリスクは26%減少し、1時間の散歩でもやはり同じだけリスクが下がるという研究結果もあります。

 不安予防にも運動は効果的です。19年に出されたメタ分析でも、20年のメタ分析でも、運動する人は不安が少ないという結果が出ました。

 重要なのは、どんな運動をするかではなく、どんな種類の運動であれ運動すること、心拍数を上げることでした。これは“心拍数が上がるのは、何か悪いことが起きる前兆ではない”と体が学ぶことで、不安が減るのだと考えられます。

 ただ面白いことに、運動する際に出るホルモンと、ストレスを感じる際に出るホルモンは同じなのです。

 コルチゾールというホルモンなのですが、このホルモンは走り始めると副腎から分泌され、走り終えると走る前より血中濃度が下がります。運動の後に心が落ち着く感覚が訪れるのはこのためです。

 定期的な運動によって脳が“運動するのは快適なことなのだ”と判断するように調整されていくのですが、そうはいっても運動の継続は、なかなか簡単ではないかもしれません。


■運動にためらいがある人は「脳にだまされている」


 そもそも人間はどのように進化してきたのでしょう。そう、消費カロリーをセーブすることを最優先で生き延びてきたわけです。つまり、無闇に走り回ってカロリーを消費するくらいなら、ソファでのんびりしていたいと思ってしまうのは当然なのです。

 だからといって運動しないのは、あまりにもったいないことです。運動が心身によい影響を与えることはさまざまな研究から明らかです。もしも運動することにためらいがあるというなら、それはあなたが脳にだまされているからかもしれません」

――脳にだまされている?

「だますと言うと語弊があるかもしれませんね。私たちの脳は抜け目がありません。でも常に賢くはない。生まれつき怠け者で、運動などさせずエネルギー消費を抑制する脳の戦略は、長い間うまく機能してきました。ですが、現代社会では死の罠になります。

 脳は感情を作ります。不安も作れば恐怖も作る。自分を不幸だと思わせたり、他人と比較させたりする。生き延びるために必要だからそう進化してきたわけですが、私たちは自分たちの脳がそういうものであることを知っておいた方がいい。脳は心臓や肝臓と同じく一器官に過ぎないのだと。

 脳がどう機能するかだけでなく、なぜそう機能するのか。それを知っておくことが重要なのです。

 言い換えれば、うつや不安に襲われたときには、知識こそが鍵となります。

 自分の脳より賢くなりましょう――それこそ私が一番お伝えしたいことです」

「週刊新潮」2022年7月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)