真犯人が落としたのか?現金でパンパンに膨らんだ「黒革の財布」の謎【袴田事件と世界一の姉】

真犯人が落としたのか?現金でパンパンに膨らんだ「黒革の財布」の謎【袴田事件と世界一の姉】

黒革財布に入っていた現金(小川秀世氏提供)

 1966(昭和41)年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社「こがね味噌」の橋本藤雄専務一家4人が殺害された強盗殺人罪で死刑が確定した袴田巖さん(86)。犯行時の着衣とされた「5点の衣類」に付着した血痕の色の変化を巡り、検察、弁護団、双方の鑑定人に対する東京高裁の証人尋問も終わった。弁護団がやり残したことはない。再審請求へ向けた東京高裁の「差し戻し審」も終盤だ。「事実は小説より奇なり」を地で行く袴田事件。前回の「焼けたお札」に続き、今回は「黒革の財布」に焦点を当てる。事件解決への重要な手掛かりを警察は不可解な対応で闇に葬る。連載「袴田事件と世界一の姉」第22回。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■ひで子さんも応援する日野町事件


 酷暑の中、週に2度(8月1日と5日)も証人尋問の傍聴のために上京した巖さんの姉・袴田ひで子さん(89)。筆者は所用で上京できなかったが、6日の土曜日に大阪で開かれた「日野町事件の一日も早い再審開始を求める支援集会」に参加すると、東京の著名な弁護士、木谷明氏らとともに、ひで子さんは浜松市からリモート参加していた。

 まさに八面六臂。いつものことながら89歳のパワーには恐れ入る。あとで電話すると「大阪も行こうとしたんだけど、コロナの警戒なんかで行かれなくなってしまってね」と残念そう。

 会見で、ひで子さんは「(袴田事件の)証人尋問が終わりました」と報告し、「再審へ向けて頑張っていきましょう」などと笑顔で語った。

 日野町事件は、1984年12月に琵琶湖の東側、滋賀県日野町の酒店の女性店主が殺されて金庫が奪われた強盗殺人事件。事件から3年後に逮捕された阪原弘(ひろむ)さんは無実を訴えたが、無期懲役となり、23年間刑務所に閉じ込められるうちに持病の肺炎の悪化で2011年に獄死した。

 この事件、警察は引き当たり捜査(事件現場に被疑者とともに行き、犯行を再現すること)で、「阪原容疑者が山中の金庫の投棄場所を自ら案内した」とし、これを真犯人しか知り得ない「秘密の暴露」とした。

 ところが、弁護団が証拠開示で捜査時のネガフィルムを入手したところ、警察は写真の往路と復路を入れ替えて裁判所に提出していたことが露呈した。警察は、阪原さんに現地で投棄場所を教えていたのだった。

 さらに大津地裁での裁判では、起訴状通りでは立件が苦しくなった西浦久子検事が、殺害時間も殺害場所も大幅にぼかす内容に訴因を変更してしまう。これは当時の坪井祐子裁判長の示唆だったことを毎日新聞がスクープした(坪井氏は沈黙したが西浦氏は事実を認めた)。

 さらに、阪原さんのアリバイ証言をしていた人たちが警察の策動で次々と証言を翻していたことも判明した。2018年7月に大津地裁が再審開始を決定したが、検察の抗告でまだ再審が開始されない。

 この日は息子の阪原弘次さん、娘の丸山美和子さんはもちろん、「布川事件」の桜井昌司さん、「東住吉事件」の青木惠子さん、「湖東記念病院事件」の西山美香さん、「大崎事件」で6月に再審が却下された原口アヤ子さんの娘の西京子さんの姿もあった。弁護団長の伊賀興一弁護士によれば、日野町事件は「9月にも動きがありそう」とか。


■改めて「5点の衣類」の重要性


 本題の袴田事件。証人尋問後の東京司法記者会での会見の映像を「袴田さん支援クラブ」の白井孝明氏から送っていただいた。会見した間光洋弁護士によれば、「検察の鑑定人は、弁護団の実験と実際の味噌タンクの大きさや味噌の量の違いを強調した」という。

 味噌タンクとは、巖さん逮捕から1年以上経過した後、静岡県警が犯行時の着衣とする「5点の衣類」を発見した味噌工場のタンクのことだ。

 静岡県警は、すでに裁判が始まっていた事件の翌年に「犯行時のパジャマ」では立件が不安になり、犯行時の着衣とするために「5点の衣類」を味噌タンクに放り込み証拠捏造したと見られている。筆者も経験があるが(誰しもあるのでは)、何かまずいことをしでかし、それを隠すためにある工作をする。ところがその「余計な工作」が稚拙で却ってばれてしまう。

 袴田事件ではDNA鑑定など相当に議論されたものは生きず、東京高裁に差し戻された際の最高裁からの宿題、「血痕の色の変化を再検証せよ」だけが争点だ。味噌タンクに放置された衣服に付着した血痕の色が赤いままで、黒く変化しないのは不自然だからだ。

 犯行時の着衣の変更は警察の「余計な工作」だが、裏を返せば「5点の衣類」がなければ、2014年に静岡地裁の村山浩昭裁判長が「捏造の可能性」として再審開始決定(2014年3月)することや、それを東京高裁が取り消した後、最高裁が疑問を持って差し戻してくれることはなかったのでは。もちろん、原審でインチキ工作が追及されるべきだったが、今となっては、皮肉を言えば「余計なこと」をした静岡県警に感謝しなくてはならないかもしれない。


■タンクの味噌すべてが反応するのではない


 さて、再検証のための実験において、検察の鑑定人が指摘するような実験の条件より実際の味噌タンクの方が大きいことはさほど問題ではない。「5点の衣類」に直近したごく限られた味噌だけが血痕に反応し、色の変化に影響するからだ。

 しかもタンクの中の味噌は、全く酸素も届かないほど深かったのではない。80キロほどの味噌でも、巨大なタンクの底で広がれば高さはわずかになる。事件直後の捜査では高さ40センチほどあったが、その後、タンクの中の味噌は減っていき、「5点の衣類」が発見された時には十数センチの高さだった。麻袋に入った「5点の衣類」にも、酸素は十分に届いただろう。

 8月1日は検察側の鑑定人が、5日は弁護側の鑑定人が証人尋問に立ち、ひで子さんが傍聴した3日間の証人尋問は終わった。

 西嶋勝彦弁護団長は、「11月上旬に静岡で裁判官が検察の実験を実際に見るそうです。次回の三者協議は9月26日。こちらは最終意見書をまとめる段取り」と話した。弁護団の仕事はほぼ終わり、差し戻し審もいよいよ「ヤマ場」に入る。


■バスで発見された「黒革の財布」


 時計の針を半世紀前に戻す。袴田事件の謎の1つが「黒革の財布」である。

 かつて静岡県清水市の東に吉原市があった。江戸時代の東海道吉原宿から発展した町である。現在は富士市の一部だ。

 こがね味噌の大事件から3週間近く経った1966年7月19日(12日説もある)の午前7時45分頃、国鉄・吉原駅に富士急バスが到着した。ワンマンバスだ。昔の路線バスには、運転手の他に車内で集金や行き先を案内するする車掌が乗っていた。ワンマンバスは女性の深夜労働禁止で大阪市が1950年代に導入したのが最初だが、合理化で1960年代から全国的に普及した。

 富士急バスはここから吉原市駅(現・吉原中央駅)へ折り返す。最初に乗り込んだ21歳の男性は一番後ろの座席に向かった。

「あれっ」

 座ろうとすると座席の上に黒革の二つ折りの財布が見つかった。パンパンに膨らんでいて相当の札束が入っているようだったが、男性は開かずに運転手に渡した。その際、自分の住所と氏名を告げた。


■財布の中身


 財布はバス営業所から吉原警察署に預けられた。担当の女性署員が調べると、現金8万3920円が出てきた(内訳は一万円札8枚、千円札3枚、五百円札1枚、百円札2枚、百円玉1個、五十円玉2個、十円玉2個)。

 今なら100万円近い大金だ。財布の中からは、なぜかライターに使う「火打石」がケース入りで3個出てきた。そして二つ折りにしたハガキも出てきたが、切手は貼っていなかった。

 ハガキには印刷文で「謹んでご案内申し上げます」と前書きされ、こう書かれていた。

《去る六月三十日早朝出火に際しましてはさっそくご丁寧なお見舞いを賜り厚お礼申し上げます。早速お伺いもうし上ぐべくですが何かととりこんで居ますので失礼ながら書面をもって御礼申し上げます。なお、工場は無事でありましたので七月二日から平常通り経営いたしております。併せてご案内申し上げます。こがね味噌 金山寺醸造元 橋本藤作商店 代表社員 橋本藤作》

 橋本藤作さんは殺されたこがね味噌の橋本藤雄専務の実父である。事件当時は入院していたが、息子一家の葬儀では杖を突いて涙する痛々しい姿が報じられていた。

 凶悪事件で息子の家族4人を失った藤作さんが、火事へのお見舞いへのお礼として用意したハガキと思われたが、宛先は書いていない。藤作さんの財布ではなかった。宛名を書くはずの所に、カタカナで「ヨウゲン」と毛筆で書かれていたが意味不明だった。

 肥料のヨーゲンなら聞くが、ヨウゲンという言葉は聞いたことがない。山本徹美・著『袴田事件 冤罪・強盗殺人放火事件』(2004年、新風舎)によれば、「清水の次郎長」で知られる清水市には当時まだ「博徒」が少なからず存在し、山本氏がある博徒に聞くとヨウゲンは「明言(妙元)の転化ではないか」という。この地方では、運を呼び込むために、葬儀の案内状のような不吉な書簡には、神通力という意味である「明言」と書いて、石を包んでお守りにするとか。

「ヨウゲン」の意味はともかく、当時の静岡県警関係者なら当然、財布は大事件に関係する重大なものだとわかる。黒革の財布は中身ごと、こがね味噌事件の捜査本部へ送られて鑑識に回された。鑑識の結果、「指紋は不検出」「一万円札2枚にルミノール反応」と判明した(ルミノールとは血液の痕跡を調べるための試薬で、血液成分を感知すると光を発する)。


■持ち主は見つからない


 金額は橋本専務宅から奪われた金額とほぼ一致している。事件後、発見までの間に少し交通費などに使ったのか、という程度の差額だ。しかも、お札からはルミノール反応まで出た。

 事件時、高齢で病弱だった藤作さんの行動範囲は広くはない。彼と接していた人物は極めて限定されている。捜査本部は、拾得物の事実を知った後、バスの乗客に当たったが、「落とした」という人はいなかった。大金にもかかわらず警察に届ける人がないのは、落とし主だと知られるとまずい事情があると考えるのが普通だ。

 殺された橋本専務の実父の名があり、強奪されたのとほぼ同じ金額が入っていた。強奪したものの、札には製造番号もあり、足が付くので使うこともできず、そっとバスに置いて遺失物とした可能性も高い。ハガキは多数用意されたはず。何者かが1枚を盗み出し、財布に入れて持ち歩き、落とし物としてバスに置いたはずだ。

 どう考えても大事件に結び付く可能性の高い「落とし物」。こんなものが転がり込んでくれば、捜査本部は「すわっ」と色めき立つはず。ところがそうならなかった。


■早々に「無関係」とした捜査本部


 捜査本部は極めてのんびりした対応を取り、以下のように結論した。

 1 県下の全警察署に財布の落とし主の有無を調べたが、落とし主は現れなかった。
 2 被害者方の葬式案内状発信名宛人役133件につき、遺失物の有無を捜査したが、発見できなかった。
 3 案内状ハガキに書かれていた「ヨウゲン」の意味を解読できるものはいなかった。

 警察は、藤作さんからハガキが送られる予定だと思われた133人に当たるという的外れな「捜査」をした。宛先もなく投函もされていないハガキの落とし主を探すのに、なぜ送り先の候補に当たるのか。ハガキを入手できる人物は藤作さんの家族か、こがね味噌の関係者か、礼状のハガキを印刷した会社の人間などに限られるが、そこを真剣に捜査した気配もない。

 当時、「黒革財布」の一件がまったく表に出なかったわけではない。1966年7月26日付の静岡新聞朝刊に《中に大金と橋本さんの礼状 強殺放火に関連? 届け出ぬ財布の落とし主》との見出しで報じられた。

《現金八万三千余円入りのサイフが、さる十二日朝七時半ごろ富士急行バス吉原市駅発国鉄吉原駅行きのバスの中に落ちていたとバスの運転手が吉原署に届け出た。このサイフの中にさる六月三十日未明発生した清水市横砂のみそ製造業橋本藤雄さんら一家四人強殺放火事件のおり、橋本藤作さん名で出した見舞い礼状(はがき一枚)とライターの石がはいっていた。

 拾得してからすでに十三日も経過しているのに落とし主が現れない。八万円余の大金を落としていながら持ち主が名のり出ないのは不思議だと、清水の橋本さん一家四人強殺放火特別捜査本部と吉原署は落とし主を捜している。なお礼状のはがきはあて名がなくその他落とし主の手がかりになるものはいっさいはいっていなかった》

 記事には落とし主不明の現金8万3千余円入り財布と礼状のハガキの写真が添えられる。

 一方、静岡県警の捜査報告書には「秘密漏洩について」として《右拾得物事実は新聞の嗅ぎつけるところとなり、昭和四十一年七月二六日付『静岡新聞』にさる一二日朝七時半頃富士急バス内で(中略)旨の記事が掲載された》と苦々しく書かれている。「嗅ぎつける」と記すからには秘密にしていたものが暴露されてしまったということだ。


■真犯人のカモフラージュの可能性


 静岡新聞がこの記事を書いたのは、県警がまだ巖さんを「泳がしていた」期間だった。目立つ記事ではなく他紙は追っていない。だが、これだけのことを追わないのもおかしいし、追おうとした記者がいなかったとは思えない。こがね味噌の一家殺人放火事件で強奪された金は、黒革財布の金だった可能性がある。

 県警幹部は「こがね味噌の事件とは関係ない」と強調し、記者たちは鵜呑みにしてしまった上、警察幹部の巧みな「誘導」で「血染めのパジャマ」だとか「混合油の鑑定結果」など、違う方向に目を逸らされた。しかし、静岡県警の中に正義感を持つ人物がいて、静岡新聞社に暴露した可能性がある。

 本当に落とし物だったのかという疑問は残る。怨恨で橋本さん一家を殺した真犯人が怨恨筋の捜査を恐れて、いかにも強盗だったように見せかけた工作だったかもしれない。あるいは、警察と関係が深い人物が事件に関わっており、さっさと財布を「無関係」にした可能性も捨てきれない。

 弁護団の小川秀世氏は「そもそも本当にお金が取られていたのかも疑問。バスで拾われたとされる財布のお金が橋本さんの家から強奪された可能性はないのでは。むしろ怨恨で橋本一家を殺した真犯人が、強盗にカモフラージュした可能性の方が現実的と思います」と話す。


■都合が悪かった「黒革財布」の存在


 捜査本部が黒革財布を極秘にしたのはなぜか。この存在が暴露されると、すでに巖さんが強盗殺人犯であると決めてかかっていた捜査方針が大きく揺らぐからである。重要なハガキをさっさと処分すること自体が不思議だ。不思議というよりも、意図的としか考えられない。

 県警は、すでにマークしていた巖さんの行動を洗った。しかし、富士急バスに乗った形跡も、バス停近くに現れた形跡もまったくなく、巖さんと大金と礼状入りの黒革財布を結びつけることはできなかった。これで「財布と袴田巖は無関係」とするならわかるが、「財布は事件と無関係」としてしまう。無関係のはずはない。

 高杉晋吾・著『袴田事件 冤罪の構造』(2014年、合同出版)によれば、巖さんの弁護人だった斎藤準之助弁護士(故人)は1970年、黒革財布について不審に思い、当時の富士警察署の拾得物担当の女性を訪ねて経緯を聞き、探してもらった。この女性は吉原警察署で富士急バスから最初に届けられた時に中身を確認した人物である。この時は合併で富士見署に統合されていた。しかし、後日、「探したのですが見つからない」と返事された。

 実は警察はとっくに処分してしまっていた。

 そして、大金は拾い主に渡したという。バスに乗り込んで発見した21歳の男性である。捜査報告書はこう記している。

《なお拾得物関係書類の保存期間は一年であるため、右期間経過後、焼却した。特に昭和43年四月吉原署と富士署が合併し、現在の新築の富士警察署庁舎へ移転する際、保存期間終了の書類はほとんど処分しているので、本件拾得物事件関係書類は現存していない》

 吉原市は事件後の1966年に富士市と合併し、吉原警察署も富士警察署に併合された。この際に「廃棄処分した」というのだがどうだか。古い事件の関係の書類ならともかく、起きたばかりの大事件に絡む可能性のある重要資料なら、表にしないまでも警察が廃棄するだろうか。

「黒革財布」は一審の静岡地裁でも全く取り上げられなかった。斉藤弁護士とて、この黒革財布を知ったのは東京高裁での控訴審段階で、すでに事件から4年近く経っていた。彼は黒革財布について証人申請をしたが、東京高検に「本件とは関連性がない」と一蹴された。

 ひで子さんに「黒革の財布」について尋ねると、「当時の記憶は全くありませんね。だいぶ経ってからそういう落とし物のことがあったということは聞いたけど。真犯人が落とした財布だったのかは、私には全然わかりませんね」と振り返った。

 黒革財布の発見から2カ月後の9月になって、県警は強奪金については大半を、前回の連載(21回)で記述した、こがね味噌の元従業員で「巖さんと親密だった」と記者たちに吹聴した女性A子さんに預けたという、全く虚偽の話をでっち上げた。

 早くから「袴田巖が真犯人」と絞ってしまった捜査本部にとって、後から出る真相を窺わせる物証がそれを覆してはまずい。そこでそうした物証には故意に目をつむり、にぎり潰していった。「真犯人が奪った金の行方」にしても、「深い関係の女に預けた」とした方がメディアも飛びつきやすい。捜査本部は巧みに記者たちを誘導した。

 その存在だけですべてを洗い直すのが当然だった重大物証「黒革の財布」は、こうして早々に闇に葬られてしまった。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

関連記事(外部サイト)