11人圧死の「明石歩道橋事故」から21年 遺族が “悲しいだけ”じゃない本を出版した理由

11人圧死の「明石歩道橋事故」から21年 遺族が “悲しいだけ”じゃない本を出版した理由

左から有馬正春さん、佐藤健宗さん、白井義道さん(7月17日明石市、撮影・粟野仁雄)

 2001年7月21日夜。兵庫県明石市の歩道橋で群衆雪崩事故が起き、花火見物客11人が死亡した。重軽傷者247人。死者全員がいわゆる「圧死」で、子どもが9人、高齢者が2人だった。惨劇から21年。遺族と弁護士の有志が事故や裁判を振り返る『明石歩道橋事故 再発防止を願って 〜隠された真相諦めなかった遺族たちと弁護団の闘いの記録』(神戸新聞総合出版センター)が、事故発生の日に合わせ先月21日に発売された。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■アクリル板を叩いても警察は無視


 明石歩道橋事故は、JR山陽本線の朝霧駅から線路を跨ぐようにかかり、花火会場の大蔵海岸につながる「朝霧歩道橋」で起きた。

 花火が終了した午後8時半、帰宅のために駅に向かう人と出店を楽しもうと海岸を目指した人が衝突した。長さ100メートル、幅6メートルの歩道橋に当時、約6000人がいたとされ、なんと1平方メートル当たり最大13〜14人の超過密状態だった。海岸への階段が通路の半分の幅しかないことも混雑を招いた。1人の上にアップライトピアノが乗るほどの圧力がかかったというから、幼児や高齢者はひとたまりもない。

 下村誠治さんは、次男の智仁ちゃん(当時2歳)を失った。

「橋から下を見ると警察5人が隊を作って歩いていた。みんな藁をもすがる思いでアクリル板を必死に叩きました。彼らは何度も下を往復しましたが、何もしなかった。智仁に『絶対にここから動くな』と言って、押し潰されている人たちを必死でごぼう抜きにして救助して、戻ったら……」

 この日、明石署は暴走族対策に人員を大量投入し、花火会場にはわずかの警官しか配置せず、橋から携帯電話で助けを求められても動かなかった。

「地面に置かれていた瀕死の息子を抱えて通りかかった警官に助けを求めたら『私は機動隊なので』と去ったんです」(下村さん)


■明石署長らの度重なるごまかし


 事故後、主催者の明石市、警備会社(ニシカン・大阪市)、明石署が責任をなすり合ったが、市職員3人、明石署の地域官(警視)とニシカン社員の合計5人が業務上過失致死傷で有罪となる。しかし、遺族らが「警備の最高責任者のはず」と責任を問うた明石署の署長と副署長を神戸地検は不起訴にし、検察審査会が「起訴相当」と議決しても不起訴を繰り返して2人を守った。

 だが、2010年の改正検察審査会法で、審査会による2度の「起訴相当」議決によって「強制起訴」することが出来た。署長は死去したが、副署長は指定弁護士が検事役をつとめる「強制起訴」の全国第1号となった。その後、副署長は責任を署長に押し付け、「公訴時効」で免罪となった。

 花火の時間、明石署で橋の様子をモニターで見ていた署長らは「録画し忘れた」と主張した。花火大会当日に明石署を取材していた神戸新聞が、橋の上が映るモニターカメラや、VHSの箱まで映しているのにも関わらず、である。今度は「テープを紛失した」とごまかした。

 遺族らは「2人は危険を十分に承知しながら(自ら)行きもせず、(署員を)行かせる指示もしなかったことが明確になるために、テープを隠した」と見る。


■124人が死亡した過去最悪の群衆雪崩


 過去最悪の群衆雪崩は1956年の元旦に新潟県の弥彦神社で起きた事故である。宮司がまいた餅に多数の参拝者らが群がり、玉垣が壊れて総崩れとなり人々が階段から落下し、124人が死亡した。

 この2年前には、東京・二重橋で正月の一般参賀に押し掛けた16人が亡くなった。戦前では1934年に旧国鉄京都駅の跨線橋が兵隊などで溢れて壊れ、77人が死亡した。

 弥彦神社の事故では交通整理に多くの警官が動員され、境内には警官がほとんどいなかった。しかし、刑事罰を受けたのは神社関係者だけ。まさに明石の事故を思わせる。

 明石歩道橋事故の遺族らは事故の翌年、弥彦神社の慰霊碑を訪れ、19歳の娘を亡くした高齢の母親に会う。歩道橋事故で8歳の二女・優衣菜ちゃんを奪われた三木清さんは「神社の事故から半世紀近く経っても『娘のことは1日も忘れない』と言っていた。自分も一生、優衣菜のことを背負っていくんだと感じた。お母さんには『私たちの教訓が生かされなくてごめんね』とも言われたんです」と振り返る。


■悲しいだけの本にしたくない


 さて、事故から21年の今年、『明石歩道橋事故 再発防止を願って 〜隠された真相 諦めなかった遺族たちと弁護団の闘いの記録』が自費出版された。編集の中心となった遺族は、白井義道さんと有馬正春さんだ。

 当時75歳だった母・トミコさんを失った白井さんは「事故ではなく事件なのです。私たちの願いである『真相究明と再発防止』につなげる本にしたかった。だから、遺族らの手記だけを記載して悲しい出来事というだけにはしたくなかった。絶対に締め切りに間に合わせようと、鬼になって編集しましたよ」と語る。女手一つで白井さんを育てたトミコさんは絵が好きで、本にも素敵な挿絵が何枚か載る。

「きっと絵の題材を探しに花火に行ったんでしょう」と振り返る。

 高齢者の残る犠牲者は71歳だった草替律子さん。潰されかけた見知らぬ幼児を高く抱え上げて「この子を助けてー」と叫びながら自らは力尽きたのだ。幼児は助かった。

 当時、痣(あざ)だらけで腫れあがった痛々しい律子さんの足の写真が写真週刊誌に載った。「真実を知ってほしかった」と話していた夫の与一郎さんも今は鬼籍だ。

 有馬さんは、9歳の長女・千晴ちゃんと7歳の長男・大ちゃんを亡くした。事故の後で生まれたお子さんは今、18歳と15歳になったという。有馬さんは「民事裁判の勝訴などで、みんなで基金を積み立て、そこからも費用を賄いました。1人、2人では本の作成はできない。まだ記憶がしっかりと残っているうちにということで、多くの人が寄稿してくれました」と語る。


■何度も出版計画はあった


「起きるべくして起きた事故、ということは、防ぐことができたということ」と話す佐藤健宗弁護士は「本を出す話は早くからあったのですが、立ち上がりかけたら福知山線の大事故が起きたりして進まなかった」と振り返る。佐藤弁護士は、JR福知山線脱線事故の遺族代理人や、信楽高原鉄道の遺族が結成した「鉄道安全推進会議(TASK)」の事務局長としても歩道橋事故の遺族を支えた。

 だが「事故の再発防止は事故を風化させないことに尽きる」が口癖だった渡部吉泰弁護士は、本の完成目前の6月に67歳で亡くなった。

 事故翌年、筆者は『週刊金曜日』(2002年2月22日号)で「明石花火大会将棋倒し事故 その後」と題したルポを書いた。文末で「自治体のイベントぶち上げ、民間への丸投げ委託、空虚な前評判への妄信、開発行政と無用の構造物、硬直発想の安全策、皮膚感覚ゼロの警官、責任たらい回し、翻って事件は、現代日本社会の制度疲労や歪みを凝縮したような悲劇ではなかったか」と記した。手前みそだが、今回の本はこれをそのまま炙り出してくれた。多くの人の証言を交え、年表や資料、新聞記事なども豊富。400ページの労作には現代日本社会の病理が浮き彫りになっている。


■明石市は警備会社に丸投げ


 取材で思い出すことがある。

 事故の3日後、悲しみをこらえて下村さんが記者会見した。阿鼻叫喚の中、写真の如く詳細に現場の状況を覚えていることに仰天した。挨拶して伺うと「俺、保険の仕事しとって、交通事故とか火事とかの現場をよう見たりするから、ああいう場面は覚えるんや」

 後日、自宅に取材に行くと、「団子三兄弟の真ん中が抜けてもうたんや」と話しながら、智仁ちゃんの3歳の誕生日プレゼントにするはずだったラジコンカーを見せてくれた。

 主催者の明石市は、警備会社の「ニシカン」に警備計画を丸投げしていた。同社は前年大晦日のカウントダウンイベントの警備計画書を丸写ししたが、人出は花火大会の3分の1程度だ。さらに同社は、事故直後「茶髪の若者」が橋の上を駆け回ったのが事故の原因、とガセ情報を流し、新聞も一部、飛びついた。

「あの時、真相が隠されると直感しましたね」(下村さん)

 当時、あれだけ多数の人が乗ってよく橋が壊れなかったものだ。朝霧駅は各駅停車 の列車しか止まらず、下は快速や新快速がぶっ飛ばす。橋が壊れたら、と想像するとぞっとした。

 遺族たちは子どもを助けられなかった「自責の念」に苛まれた上、発生当時から「幼い子をそんなところに連れて行くからや、自業自得」などという中傷もあった。花火を見に行って圧死するなど誰も考えまい。

 ただ、筆者もひやりとした経験はある。2000年12月、神戸市で子ども2人を連れて阪神・淡路大震災の追悼イベント「ルミナリエ」を見に行った時だ。午後5時の電飾が点灯する瞬間を見るべく並んだが、想像を超えたすさまじい人の圧力を感じた。「崩れでもしたら子どもが大けがする」と危険を感じて我が子の手を引いて必死に脇へ逃れ、点灯場面を見ることは断念した。歩道橋事故が起きたのは翌年夏だった。以後、ルミナリエは長い導線を設置してぐるぐると大回りをさせるように変わった。ルミナリエなら逃げられるが、線路を跨ぐ歩道橋では逃げようがない。


■安全に勝るものはない


 7月17日の出版の記者会見で、有馬さんは「あの事故でいろんなイベントの安全策が改善されたと思います。ただ『警備が大変なので』ということでイベントが中止されるところも多かったようで、それは残念ですね」と話した。

 有馬さんはこう強調する。

「私たちは事故が起きるまで普通の市民でしたが、事故で生活が一変してしまった。こうした事故は誰もが遭遇する可能性があるということ。安全に勝るものはないんです」

 会見の後、神戸のホテルで開かれた「出版謝恩会」では、久しぶりに遺族らの多くが一堂に会した。事故の後、遺族会の代表として下村さんと共にメディア対応の中心として明るく振舞ってくれてきた三木さんが最後の一本締めに立った。

「21年間、皆さんに励まされて……」と語った途端に、大柄な男の眼から溢れた涙は止まらなかった。

 価格は2000円+税。本の問い合わせは神戸市総合出版センター(078・362・7138)まで。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)