警察は安倍元首相へのテロを助長したのではないか? とまで言われるキッカケとなった一件とは?

警察は安倍元首相へのテロを助長したのではないか? とまで言われるキッカケとなった一件とは?

辞職は必至という中村格警察庁長官

■想定外の連続


 安倍晋三元首相(享年67)が街頭演説中に銃撃されて亡くなった事件で、要人の警護を担当するSP(セキュリティ・ポリス/警護員)のみならず警察そのものへの信頼が揺らいでいる。当初は警察当局内でも同情論があった中、庇う声すら聞かれなくなるキッカケがあったという。

「銃撃事件直後に警察庁内に立ち上げられた『検証・見直しチーム』の検証の結果、いくつかの問題点が浮上しています。例えば、警察庁が警護計画をチェックしていないのが常態化していた、SPの数が少なく制服を着た警察官が配置されていなかった、手製の銃でテロ行為を行う者がいるのを想定していなかった、現場で行われたSPの配置変更が現場指揮官に伝えられず、結果的に安倍氏の背後を警戒するSPがほとんどいなかったことなどです」

 と、社会部デスク。

「警察当局の関係者に話を聞いたところ、ああいった形で要人が襲撃されることがあり得ると考えていた人はほとんどいませんでした。銃器にアプローチできるのは暴力団など反社会的な組織に限られるという考え方も根強くありましたね。YouTubeを見ながら、市販の材料で殺傷能力の高い銃を作ることができるなどということについて想像していた人も皆無でした」(同)


■1発目はなかなか防げない


 銃器を製造するにあたって必要なのは、特別な知識というよりはむしろ粘り強さや根気だったということも警察にとって想定外でショッキングだったという。

 一般人であっても銃を持てるとなると、事前の摘発などは難しいのかもしれない。しかし、今回の場合、「2発目の銃撃」への対応がお粗末だったとも指摘されてきた。

「SP経験者が言っていたことですが、“最初の攻撃を未然に防ぐべく最大限の努力や準備をするが、それでも本気で攻撃してきた場合は防げない可能性が高い。大事なのは2度目の攻撃をどう回避するかだ”と」(同)

 この点、今回の1発目の発砲について、現場を担当したSPから「タイヤの破裂音やパーティー・クラッカーの音と勘違いして反応できなかった」との声が上がっていることが報じられた。

「今回のような変則的な銃への対応は、全くできていなかったということでした。もう少し典型的な銃に近い発砲音だったなら2発目への反応は全く違ったはずだという指摘もありました。問題点、反省点を挙げればキリがないのですが、その一方で“あそこまでは事前に誰も想像できない”という理由から警察内で擁護論が当初、大きかったことも事実です。もちろん、警護対象者が警備の不手際で死亡してしまっている以上、表立ってそのような意見が出ることはありませんが」(同)


■トーンダウンのキッカケ


 しかし、「当初」は大きかったはずの擁護論はその後、トーンダウンして行ったという。

「キッカケは、安倍氏の妻・昭恵氏を乗せたクルマが警視庁の警護車両に追突される事故でした。前方不注意だったということですが、タイミングは最悪で、警察を庇う声は身内からもなくなって行きました。外部からは、“警察は安倍氏へのテロを助長したのではないか”という陰口まで叩かれる状況でした」(同)

 さらに追い討ちをかけたのが、森喜朗元首相のインタビュー(8月2日の読売新聞)だった。該当するのは以下に挙げた部分だ。

「事件の起きた奈良の県警本部長の記者会見を見ていたが、話にならない。第一、これだけの事件だったのに、まだ誰も責任を取っていない。奈良県警本部長も警視総監も警察庁長官も、その上に立つ二之湯国家公安委員長も。本当は担当大臣は辞めなければいけない。これから事件を検証して、その後で責任を取ると言っても遅いのではないですか。警察側も警備に問題があったことは、もう認めている。それなのに、これから検証をして、それから警察庁長官が辞めるのですか。こんなバカげた話はないと思う」

 安倍政権では、警察出身官僚がいわゆる「官邸官僚」として鉄壁の危機管理を発揮し、数々の難局を打破してきたとされる。少なくとも永田町や霞が関周辺では、警察出身官僚の存在感は増していた。それだけに、今回の件が警察当局に与えたダメージは計り知れないと言えるだろう。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)