安倍元首相に最も食い込んだNHK・岩田明子記者の退職 今後の身の振り方とは? 銃撃の余波という声も

安倍元首相に最も食い込んだNHK・岩田明子記者の退職 今後の身の振り方とは? 銃撃の余波という声も

NHK岩田氏退社は銃撃の余波?

安倍元首相に最も食い込んだNHK・岩田明子記者の退職 今後の身の振り方とは? 銃撃の余波という声も

解説委員としてNHKに出演を続けるという

■ゴッドマザーからも全幅の信頼


 NHKの政治部で記者として活躍し、数々のスクープをものにしてきた岩田明子解説委員が7月31日付でNHKを退職していたことがわかった。7月に凶弾にたおれた安倍晋三元首相に「最も食い込んだ記者」として知られてきた岩田氏。今後の身の振り方はどういったものになるのだろうか?

 まず、岩田氏のこれまでを駆け足で振り返っておこう。

 岩田氏は東大法学部卒業後、1996年にNHKに入局。岡山放送局を経て2000年から政治部に異動し、それから2021年まで一度も東京どころか政治部を離れることなく権力者の一挙手一投足をすぐそばで取材してきた。

 とりわけ安倍元首相には官房副長官時代から番記者として食い込み、自宅にも上がることを許され、安倍氏の母でゴッドマザーと呼ばれる安倍洋子氏からも全幅の信頼を得てきたという。

 岩田氏と言えばスクープである。ある社の政治部記者は、こう振り返る。

「ニュース7やニュースウオッチ9等々で、前の番組が終わろうとするあたりで速報のテロップが出て、実際に番組が始まると岩田さんが座っていてアナウンサーから話を振られて立て板に水のように解説する……というシーンが幾度となく繰り返されましたね。最初の頃は悔しい気持ちがありましたが、最後の方はもう諦めていました(笑)」


■政治部から外れる人事


 安倍氏は2006年9月に新政権を発足させたが、わずか1年で辞任となり、その後12年12月に再び首相に返り咲き、20年9月までその座に留まった。1度目の辞職もさることながら2度目も世間を大いに驚かせたが、その際にも岩田氏がスクープしていた。

 その後、自民党総裁選を菅義偉氏が勝ち抜き、新首相に指名されたわけだが、岩田氏は菅氏に食い込むことは全くできなかったという。

「岩田さんの場合は、長い間、“首相(=安倍氏)から直接話を聞くことができるならそれが一番でしょ、私はそれができるのだから、女房役の官房長官(=菅氏)に聞いたって意味ないでしょ”というようなスタンスだったようです。ま、その通りなんですが(笑)、それが露骨に現れていたりすると、菅さんじゃなくても誰だって面白くはないですよね」(同)

 安倍氏の退陣を受けてNHKは、菅氏に近いと目される記者を政治部長に配置する「菅シフト」を敷く一方、2021年6月、岩田氏が政治部から外れる人事が敢行された。

「岡山放送局から異動してきた後は、一度も離れたことのない部署だけにショックだったようです。解説委員とネットワーク報道部の記者主幹を兼ねるポジションとなりました」

 と、NHKの局員。


■前田会長の考えは?


 その後、菅政権は2021年9月に退陣し、岸田政権が始動。これにより、菅シフトを取っていたNHKの政治部は、それまで以上に機能しなくなる。

「なかなか情報が取れず、他社に遅れを取ることが増えましたが、そんな中にあっても、岩田氏は岸信夫防衛相の留任をスクープするなど存在感を示していました。彼女は外務省担当だった頃に当時外相だった岸田首相とも良い関係を築けていた。そのため直接電話できる間柄のようです」(同)

 そんな活躍ぶりから、岩田氏の政治部復帰は間違いないと見るムキもあった。

「しかし、結果的に政治部に戻ることはできませんでしたね。政治部長経験者で宏池会を担当してきた正籬(まさがき)聡副会長に嫌われているとか、みずほ銀行出身の前田伸晃会長からあまり好まれていないとか指摘する声がありました。“岩田氏がワシントン支局長ポストを希望したが、前田会長が却下した”などといった情報も流れました」(同)

 そして7月の安倍氏銃撃事件――。

「それ以前から、安倍氏や安倍政権を政務担当の秘書官や補佐官など、ど真ん中で支えた今井尚哉氏らに“今後の身の振り方”について相談し、アドバイスを受けていたようです。実際、退社説も出回っていたのですが、そんな最中に起こったのがあの事件でした」(同)


■書籍の出版に加えて


「以前から退社の方向で話をしていたようなので、安倍氏の事件が直接のきっかけということはないと見られますが、最後の一押しとなった可能性はありますね。安倍氏の3度目の登板に賭けていた部分もあったようですし」(同)

 彼女はキャスター志向が強く、ニュース7のキャスターをやりたがっていると報じられたこともあるが、

「岩田氏は良くも悪くも安倍カラーが強すぎることがネックとなって、民放の地上波でキャスターとして使いづらいように感じますね。コメンテーターとしてならリクエストはあると思いますが。少し時間がかかると思いますが、BSの報道番組ならキャスター起用はあり得ると思いますよ」(同)

 NHKを退職したものの解説委員の仕事は続けるとも報じられている。

「過去に例がない契約形態ではありますが、解説委員としての出演は年内いっぱいではないかと見られます。今後はまず、安倍氏を中心とする権力者とのやり取りを披露する書籍の出版が考えられます。ただ、それはあくまでも名刺代わりで、企業のコンサルなどに力を入れて展開していく流れのようです」(同)

 すでに引くてあまたの状況だという。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)