部下の水筒に体液などを混入した宮内庁“変態”職員 4月に上皇ご夫妻のお世話にあたっていた

部下の水筒に体液などを混入した宮内庁“変態”職員 4月に上皇ご夫妻のお世話にあたっていた

宮内庁職員が部下水筒に体液

部下の水筒に体液などを混入した宮内庁“変態”職員 4月に上皇ご夫妻のお世話にあたっていた

宮内庁

■職員同士のパワハラ、不倫


 これまで週刊新潮では、皇宮警察による皇族方への陰口や職員同士のパワハラ、不倫が横行している実態について報じてきたが、その後何の処分も下されていない。また、宮内庁でも50代の課長補佐が女性部下の水筒に体液などを混入させるという不祥事が。皇室方をお支えするはずの二つの組織で、いま何が起きているのか――。

 ***

「現在に至るまで問題行動の当事者らは何の処分も受けずに過ごしており、反対に“情報漏洩”の犯人探しが激しくなってきているところです」

 そう明かすのは警察庁のさる関係者。トップに就くキャリア組の松本裕之本部長はといえば、

「穏やかで人当たりはいいのですが、リーダーシップを発揮するタイプではなく、こうした“素行不良”の部下たちを束ねていけるのか、実に心許ない限りです」(同)

 というのも、

「1987年の警察庁入庁後、おもに警備畑を歩んできた松本さんは、12年暮れに警備局警備課長に就任しました。そのまま、14年4月に国賓で来日したオバマ大統領の警備を取り仕切るはずだったのですが、直前の2月中旬に突然、任務から外されて警備局付となってしまいました」(同)


■職務中にインターネットで“いかがわしい画像”を閲覧


“謎の異動”には、以下の事情があったという。

「職務中にインターネットで、いかがわしい画像を閲覧していたのです。ちょうどその前年の秋、別のキャリア警察官が勤務時間中にネットで株取引を繰り返したとして懲戒処分を受けました。これを受けて庁内では、業務用パソコンの不適切使用がないか、大規模な調査が行われていたのです」

 松本氏はその後、内閣参事官や福島県警本部長、大阪府警副本部長を歴任し、昨年9月から現職に。表向きは“失地回復”とも映るのだが、不適切な過去について本人に尋ねると、

「人事異動に関することは私がお答えする立場にありませんが、性的嗜好を満たす動画を閲覧したという事実はありません」

 が、先の警察庁関係者は、

「大イベントの責任者がすげ替えられるとは、実質的に“クビに近い更迭”です」

 そう断じる。いきおい、皇室の方々の無事を願わずにはいられないのだ。


■被害者である女性職員の立場が悪くなる理不尽


 さて、続く宮内庁でも不祥事が。昨年10月、管理部工務課の50代男性課長補佐が、減給10分の1の懲戒処分を受けたとの発表があった。課長補佐は数カ月にわたり部下の机にあった水筒に洗剤を混入させ、また口を付けたりしていたといい、動機については“ストレスがたまっていた”などと報じられたのだが、先の宮内庁関係者は、

「実は“被害者”は若手の女性で、妻子のいる課長補佐が一方的に好意を寄せ、接触を拒まれて逆恨みしたのが原因だったのです。彼は洗剤以外にも漂白剤や自身の体液を水筒に混入させ、飲み口を舐め回してたばこの臭いを付けるなどの行為を繰り返していました」

 異変を感じた女性が、自らの机周辺を撮影したことで悪事は露見したのだが、

「加害者であるはずの課長補佐を庁内の人事担当者らが庇い立てたこともあり、部下の女性は“職場を無断で撮影した”などと指摘され、かえって立場が悪くなってしまいました」

 この課長補佐は処分もそこそこに葉山御用邸へと異動になり、上皇ご夫妻がお引っ越し準備で滞在された4月には、身の回りのお世話にあたっていたという。

「宮内庁では、昨年末に宮殿の廊下で水漏れ点検をしていた職員が脚立から転落、胸部を骨折して数日後に亡くなる事故も起きています。本来は複数で行うべきところ、当日は一人で作業していたという。こうした“不祥事”は、職員の士気にも関わります」(先の皇室ジャーナリスト)

「週刊新潮」2022年8月11・18日号 掲載

関連記事(外部サイト)