「ウチの太った妻が不倫するなんて信じられない」 42歳会社員の悲しき“勘違い”

「ウチの太った妻が不倫するなんて信じられない」 42歳会社員の悲しき“勘違い”

「太った妻が浮気」と夫困惑

自分の妻にかぎっては<a href='/topics/keyword/浮気/160530007411/'>浮気</a>など絶対にしないと思っている男性は多い(※写真はイメージ)

■「地味でおとなしい女だと思っていたのに…」


 新型コロナ禍により、リモートワークが増え、会食が減り、人と人との付き合いが希薄になった、とはよく言われる。が、一方でその間隙を縫ってとでもいうべきか、新たな人間関係の構築に励む男女も少なからずいるようだ。

 これまで4万件近い家族の問題に向き合ってきた家族問題評論家の池内ひろ美さん(東京家族ラボ主宰)。彼女のもとにやってきたのは妻の浮気で悩む夫だった。【SNS時代の家族問題/第2回】

(個人が特定されないように年齢や肩書などを一部変えています)

 ***

 未曾有のコロナ禍となって以降、浮気は増えたのか減ったのか? そんなテーマでテレビや新聞・雑誌の取材を何度も受けてきました。その度に私は、「統計としては表れませんが、30年近く夫婦問題の相談を受けてきた立場から申し上げれば、コロナ禍で浮気は増えています」と答えてきました。

 本当に増えていると感じます。それは、夫の浮気が増えているというだけではありません。妻たちの浮気も増えています。Netflixで大人気となったドラマ「金魚妻」を例に挙げるまでもなく、相手が夫や自分よりもかなり年下の男性だったり、夫がオフィス勤務のサラリーマンの場合は肉体労働者だったり、「夫とは異なるタイプの男性」と浮気する女性が増えています。

「まさか、うちの妻が浮気するなんて想像もしませんでしたよ。まさか、ですよ。地味でおとなしい女だと思っていたのに、まさか浮気するなんて。子供を3人も産んでいるのに、母親なのに、まさか浮気するなんて」

 42歳の男性が、まさか、まさかと繰り返しおっしゃるため、私の頭の中には、「人生には三つの坂がある。上り坂、下り坂、そして『まさか』という坂」などと、江戸時代の儒学者荻生徂徠の逸話をもとに作られた「徂徠豆腐」の中のセリフが浮かんできます。その「まさか」という坂を越えることができなければ、江戸では生きていくことができません。隣戸からの出火で全焼した豆腐屋の旦那が、江戸ではもう生きられないから田舎へ流れていこうかと女房に伝えるときの名セリフです。

「江戸にいたんじゃ、『まさかこんなことはできねえ、まさかあんなことはできねえ』って、まさかって『坂』を心にこしらえてしまう」

 荻生徂徠の逸話はさておき、目の前の彼は、何を「まさか」と繰り返しているのでしょう。


■「美人でもなく太ってますし、おしゃれでもない地味な女ですよ」


「まさか自分の妻が浮気するとは思わなかった」「地味でおとなしい女がまさか浮気するとは思わなかった」「3人も子供を産んだ女が浮気するとは」「母親である女がまさか浮気するなんて」ということです。

 つまり、彼は、結婚して人の妻となった女性は浮気をしないものだと思っていましたし、地味でおとなしい女性は浮気をしない、3人も子供を産んだ女性は浮気しない、母親という存在は浮気とは無縁だ、などなど思い込んでいたわけですね。

 世の中の妻は浮気をするかもしれないが、自分の妻にかぎっては浮気など絶対にしないと思っている男性は多いものです。

 42歳相談者男性会社員には、Netflixドラマ「金魚妻」を見ていただきたいし、拙著『妻の浮気』(新潮新書)をご一読いただきたいところですが、彼は、何度もうなずいて言葉を続けます。

「だって、美しい人妻ならモテるし浮気するのもわかりますが、うちの妻は、美人でもなく太ってますし、おしゃれでもない地味な女ですよ」

 困りました。私は今までに約4万件のご相談を受けてきて、その中には相当な数の不倫絡みのものがありました。

 しかし、美人が浮気をすると決まったわけではなく、モテるから浮気をするわけでもありません。美人であってもそうでなくとも、ついうっかり浮気をする人はしますし、浮気を繰り返しがちな人もありますし、浮気をしない人は生涯一度も浮気をしないというものだと思います。


■「俺が恥をかきますよ」


 ところで、彼女はどの程度太っていますか。

「若い頃から比べると体重は10kg以上増えてますよ。胸も腹も尻も大きくだぶだぶになって、カッコいい女ではありませんね」

 どんなところが、おしゃれではないと感じられるのでしょう。

「いつも同じ服を着てます。Tシャツだったり、暗くて地味な色のトレーナーだったり、美容院にも行ってないみたいで、髪の毛は後ろでくくっているだけです。おしゃれじゃないでしょう?」

 それは日常生活でのことですよね。3人もの子育てをしている彼女がTシャツやトレーナーで過ごす理由もあるでしょう。家族5人の洗濯物の量を考えれば、洗いやすいTシャツや汚れの目立たない色のトレーナーを着るのは賢明な主婦だと思われます。それとは逆に、妻が毎日異なるきらびやかな洋服を着て、髪の毛も毎日セットしていると、彼はまた浮気を疑いそうですが、そもそも、なぜ彼は、妻が浮気をしていると思ったのでしょう。

「思ったんじゃなくて、見たんです。妻が、ずいぶん年下のチャラい感じの男と一緒に歩いているところを見たんです。みっともないでしょ? 俺が恥をかきますよ。それから、妻がスマホでLINEのやりとりばかりしているのも見たんです」

他人事ならいいのだけれど……。夫婦問題コンサルタントがつづる、おかしくも恐ろしい現代浮気事情 『妻の浮気―男が知らない13の事情―』

■高級ホテルに入っていった妻


 それらをもって浮気と決めつけるのは少し早とちりではないかなと思いますが、彼は続けます。

「LINEのやりとりが増えたり、スマホを手放さなくなったら浮気のサインだ、浮気している、とネットに書いてありましたよ」

 ネットの情報は玉石混交でもありますし、それよりも、欲しい情報だけ手に入れて安易に理解した気になるのが問題ではないかしらと思いますが、それを今語ってもしかたありません。

「ネット情報だけでなく、僕は、二人が親しげに歩いているのを見たんです。妻は笑顔でしたよ、家の中では見たこともない、嬉しそうな笑顔でした」

 少し彼の妻に同情してしまいそうになるが、相談来所しているのは夫の側です。彼の気持ちに沿っていきましょう。

「歩いているだけではなくて。これは、じつは、言いたくなかったけど、二人はホテルへ入って行ったんです。ラブホテルではなく、まさかの高級ホテルですよ。コロナ禍で、高級ホテルのデイユースを利用して浮気する人が増えているとネットに書いてあったのを見ましたよ」


■「高級ホテルのデイユース」が浮気の現場に


 高級ホテルのデイユースを利用する人が増えているのは事実です。

 デイユースをリモートワーク等にご使用くださいと、通常より利用価格を下げてホテル側が提示したサービスで、その利用者は増えています。利用目的がリモートワークではなく、廉価になったからと、それまで使用していたラブホテルからラグジュアリーな高級ホテルのデイユースに替えた人たちがいるのは事実です。コロナ禍以降、私のところへご相談来所した複数名の男女から、デイユースの使い心地なども聞いています。

 彼らが言うには、リモートワークをずっと自宅で続けていると妻から邪魔にされかねない。そこで、デイユースを利用するんだよと妻に伝えて外出し、ホテルのルームナンバーを浮気相手に伝えて部屋で待ち合わせする。あるいは、デイユースにデリヘル嬢を呼ぶという人もいます。女性がデイユースを利用する場合は、お友だちとアフタヌーンティーに行ってくると伝えるそうです。浮気は、バレないことが鉄則ですので、無理のない理由付けをして外出することも大切ですね。

 それはさておき、妻の浮気を確信している42歳相談者の彼は、今後どのようにしたいのでしょうか。

「それは、怒ります。今も、怒鳴りつけてボコボコに殴ってやりたい気持ちを抑えているくらいです」

 それは、どなたに対する怒りですか?

「妻に決まってるじゃありませんか。年下のチャラ男なんかどうでもいいですよ。自分の妻が、まさか浮気するなんて許せません」


■罵声、暴力は逆効果


 一般的に、夫が浮気をした場合、妻の怒りの矛先は浮気相手の女性に向かいがちです。

「夫に手を出した女が憎い、この泥棒猫!」というアレですね。

 逆に、妻が浮気をした場合、夫の怒りは妻に向かいがちです。

「俺様に恥をかかせやがって、この淫売!」というアレです。この場合、妻はまるで「俺様」の所有物のようですね。

 こういった傾向は相談者の彼だけでなく、多くの男性に見られるものです。

 男性と女性は、怒りの方向が異なることが多いため、相談者の彼が妻に対して怒りを覚えること自体を止めることはできませんが、だからといって、怒鳴りつけたりボコボコに殴ったりすると関係は悪化してしまいます。妻の話も聞かないまま一方的に怒鳴りつけるのであれば、妻の気持ちが夫から離れてしまいかねません。ひとたび女性の気持ちが離れてしまうと元に戻るのは難しいものですから、彼にはそれを理解してアプローチを考えていくよう促します。

 罵声や暴力によって二人の関係性を良くしたり、夫婦の絆を取り戻したりすることはできないのです。


■妻は夫の所有物ではなく、「母親」という役割だけでもない


 この相談者の場合、自分の妻について他者へ説明する時に使う言葉が気になります。

 妻は太っている、地味だ、カッコいい女ではない、おしゃれではない。これらの言葉を使って自分の妻を表現する夫が、彼女を大切にしているとは思えません。妻が浮気をしているかどうかという以前に、彼には、妻をもう少し尊重してほしいと思います。それには、妻は夫の所有物ではないということと、母親という役割を果たすだけの存在ではないことを分かっていただかなければなりません。

 一度心が離れてしまった妻を夫が取り戻すのは、じつはとても難しいことですが、それでも、彼が妻と離婚するつもりはなく結婚生活を続けたいと望むのであれば、彼には具体的なアドバイスをしなければなりません。

「彼女を取り戻したいのであれば、少しだけ言葉遣いを改めていただきたいと思います。奥様に対して、たとえば、勤務先の同僚女性に話す時と同じような言葉を使ってみてはいかがですか。彼女は、妻、母という役割を果たしながら生きていますが一人の女性です。女性をあがめたたえろというのではなく、妻も一人の人間として尊重した適切な言葉遣いで話してくださいね。お子様にとっても、『お父さんがお母さんを大切にしている』と感じられる対応をなさるほうがパパも尊敬されます。家族を大切にしてくださいね」

 失って、あるいは失いかけて、ようやくその大切さに気付くのは悲しいことです。

池内ひろ美(いけうちひろみ)
家族問題評論家。一般社団法人ガールパワー(Girl Power)代表理事。家族メンター協会代表理事。内閣府後援女性活躍推進委員会理事。1996年より「東京家族ラボ」を主宰。『とりあえず結婚するという生き方』『妻の浮気』など著書多数。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)