里見香奈は棋士編入試験“黒星スタート” 先輩の今泉健司・五段はどう見たか

里見香奈は棋士編入試験“黒星スタート” 先輩の今泉健司・五段はどう見たか

初戦に敗れた里見香奈女流五冠(日本将棋連盟提供)

 将棋の里見香奈・女流五冠(30)が女性初の棋士(プロのこと)を目指す「編入試験五番勝負」の第1局が、8月18日、大阪市の関西将棋会館で行われ、里見は黒星スタートとなった。この日の試験官は4月にプロ入りした徳田拳士・四段(24)。デビュー後の通算成績が12勝1敗と快進撃中で、日本将棋連盟の棋士番号が若い順に選任された新四段の試験官5人の中でも最も手ごわそうな相手だった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

 ***


■中継を見守る妹も緊張


 完全生中継したAbema TVの解説は、編入試験合格第1号でサラリーマンから棋士に転じた瀬川晶司・六段、女流将棋の清水市代・女流七段、黒沢怜生・六段、さらに、里見の妹の川又咲紀・女流初段らが交代で進行した。

 瀬川は「里見さんは挑戦権(受験資格)を獲得した時、すぐに(編入試験を)受けると言わなかったし、受けないのかと思っていた」と打ち明けた。姉の映像を心配そうに見守る川又は、中継の司会で緊張したのか、自己紹介で間違えて「わたくし、里見が」と旧姓で名乗ってしまうご愛敬。

 白いスーツ姿で対局場に現れた里見は、午前10時の開始直前、手にハンドクリームを塗り、水分補給のために3本もペットボトルを並べた。

 持ち時間は各3時間。「振り駒」で里見は後手になり、得意の中飛車で玉を「美濃囲い」で固め、居飛車の徳田に挑んだ。

 一方、木村義雄、大山康晴、中原誠、谷川浩司と、歴代永世名人の掛け軸を背にした上座に徳田が座る。関西将棋会館で最も格式のあるこの部屋でルーキー棋士が上座に座るのは異例だ。藤井聡太・五冠は別として、ルーキーがこんなに注目されることも珍しい。

 瀬川は「里見さんはもう歴戦の人。むしろ徳田さんが緊張しているのでは」と話したが、いきなり注目される試験官も大変だ。

 最初、里見の背後は広く開いていたが、途中から衾(ふすま)が閉められ、狭い空間に2人が対峙した。それが窮屈だったのではないのだろうが、里見は時折、席を外して気分転換を図っていたように見えた。

 島根県出身の里見は、鋭い攻撃から「出雲のイナズマ」と呼ばれる。一方、徳田は山口県周南市出身で、ともに中国地方の出身だ。


■試験官の徳田は大役に「光栄」


 昼休憩での里見の「勝負飯」はきつねうどん。昼食後から本格的に駒がぶつかり、戦端の火蓋が切られた。徳田は銀2枚を中央に繰り出し、里見の飛車の攻撃を食い止める。

 最初、里見は早指しで時間の消費が少なかったが、途中から長考を交え、消費時間が多くなる。

 里見は盤のど真ん中の「5五」に角を繰り出したいが果たせない。徳田の落ち着いた指し回しで次第に劣勢になる。角を捨てて徳田の陣に飛車を打ち込んで攻撃するが、駒損も大きく続かない。徳田の127手目が「6七龍」。里見は畳の屑をごみ箱に入れたり、額に手を当てたりしていたが、残りの8分を使い切り、1分将棋に入って残り7秒、駒台に手をかざして投了した。

 里見は局後、勝負どころの一手について、「もう少し手がなかったかな」などと振り返った。別の局面でも「途中で気持ちが変わってしまって」と、当初の考えを貫くべきだったと反省しているような様子もみられた。

 試験官を務めた徳田は、「新人でこれだけ注目される対局は経験できない。光栄でした」と日本将棋連盟に感謝した。連盟では里見と同じ関西本部に属するが、2人は練習対局もなかった。いきなりの真剣勝負は徳田の完勝と言っていいが、「(相手に)もう1枚あれば危ない場面もあった。楽観し過ぎた」と振り返った。

 女性として初めて奨励会の三段に昇段した里見は、「三段リーグ」で四段、つまりプロ棋士を目指したが果たせず、2018年に26歳の年齢制限で強制退会となる。編入試験の受験資格は、棋士との直近の公式戦で「10勝以上」かつ「勝率6割5分以上」。里見は10勝4敗と文句なしの成績で受験資格を得た。若手の四段の試験官5人を相手に毎月1局ずつ闘い、3勝以上で合格だが、逆に3敗すれば不合格。里見は残る4局で3勝しなくてはならない。

 現行制度の編入試験では、2014年に今泉健司・五段(49)、2019年に折田翔吾・四段(32)が合格しており、里見は3人目の受験者だ。


■「今、プロでも5割は勝つ」


 編入試験受験者の先輩である今泉は、里見にこうエールを送る。

「今回は徳田四段が強かったと言うしかない。里見さんは得意の中飛車で9筋の歩を進め、2筋の歩を取らせるなど趣向を凝らした作戦で臨んだ。悪くはなかったけど、ちょっと勝ちにくい感じの将棋になってしまい、全体的に及ばなかった。でも、細かいミスはあっても大きな失着があったわけでもないし、悔いが残る内容ではなかったから気持ちの切り替えは早いと思う。こうなったら2局目(9月22日・東京。試験官は岡部怜央・四段)が大事。これを勝たないと苦しくなる。頑張ってほしい」

 今泉は最近、里見とNHK杯トーナメントを戦った。振り飛車党の2人が得意とする中飛車同士のぶつかり合いは、終始劣勢だった今泉が最後に逆転勝ちした。終局間際は、AI(人工知能)が混乱したかのように2人の優劣の評価値を激しく反対に振る大熱戦だった。

「もう、ぼろぼろにやられていましたよ。かろうじて勝てただけ。里見さんは本当に強いのです。半端なプロ棋士なんかより修羅場をくぐってきた経験もずっと多いですし、棋士に交じってそれだけの成績を上げてきた。メディアの皆さんは女性ということで注目しているのでしょうが、僕から見れば里見さんが男だろうが女だろうが全く関係ない。本当に強いと言うしかない。仮に今、棋士になっていても、最低でも5割の勝率は上げているはずですよ」と今泉は評価する。


■飾らない人


 編入試験の先輩として「メディアから里見へのアドバイスも求められる」という今泉は、こうも語る。

「キャリアを見ても里見さんは僕なんかより格が上なんです。本当は僕が彼女のことを語る資格なんてないのかもしれない。ましてやアドバイスなんて。とにかく、里見さんは世の中の人が思っているよりもずっと強いんですよ。これだけは間違いないし本当に強調したいですね」

 たまに話すことはあるそうだが、「飾ろうと思えばいくらも飾れる人でしょうが、そんなこともなく、本当に自然体ですね」と人物としても里見を称賛する。

 かつて里見は三段リーグを突破できなかった時、「三段リーグ突破が一番の目的でした」と話し、編入試験への挑戦などには否定的だったが、そこから一段と強くなって試験に挑戦した。20歳過ぎの頃は、体調面だったのか精神面だったのか、対局を一時「休場」したこともあって周囲を心配させたが、三十路を迎えてまさに心技体は充実している。

 今回、敗局後に里見は、「注目されることは嬉しい。大きな舞台で指せることはなかなかない。次もしっかり準備して臨みたい」と前を向いた。ちなみに瀬川は、編入試験の初戦を落としたが、盛り返して合格している。

 負けるな、香奈さん。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)