秋篠宮さまと小室さん夫妻との間で交わされているという“約束”とは?

秋篠宮さまと小室さん夫妻との間で交わされているという“約束”とは?

秋篠宮さまと小室夫妻約束か

秋篠宮さまと小室さん夫妻との間で交わされているという“約束”とは?

吉報を待ちわびるご夫妻

■「チーム小室」の尽力


 7月末に3度目となる米ニューヨーク州の司法試験を受け、その結果を待つ小室圭さんと眞子さん夫妻。この試験結果と絡んで、秋篠宮さまと小室さん夫妻との間で交わされている約束があるという。

「宮内庁側はこれまで同様、試験に合格しても不合格であっても、その後に起こり得るさまざまなパターンをシミュレートするなど、対応に余念がないということでした」

 と、担当記者。試験云々の前に小室さん夫妻にはビザの問題が立ちはだかっていたのだが、それはニューヨーク総領事館内に設けられたチーム、いわば「チーム小室」の尽力によってクリアできそうな状況だという。

「それで試験についてですが、残念ながら不合格だった場合、懸念されるのは圭さんが勤務する法律事務所を解雇されて無職になり、生計が成り立たなくなることです」

 夫妻が住むマンションはこれまで報じられていたものよりも狭く、その分安価であることがここ最近、明らかになったが、それでも円安の進行を受けて月に50万円は下らない。


■雇用は続く可能性がある


「法律事務所での法務助手としての給与は年に650万円ほどで、表向きの収入と家賃などを含めた支出の額が見合っていません。見合っていないうえに法律事務所を解雇ということになれば、海外よりも皇室側から何かと便宜を図りやすい一時帰国が現実味を帯びてくるとは宮内庁内で指摘されています」(同)

 解雇になるか否かは法律事務所経営陣に委ねられているわけだが、

「今回、残念な結果になったとしても解雇される可能性は低いのではないかとの見方もあります。法曹資格を得る前提で雇用してはいるものの、事務所としては小室さん夫妻の背後にある皇室との関係を高く評価しているという説も根強い。それを踏まえれば、眞子さんと関係が切れない限り、圭さんの雇用は続く可能性があるわけです」(同)

 とはいえ、折からのインフレと円安の直撃を受けて生活費が高騰する中、生活は楽ではないだろう。

「それでもニューヨーク滞在を続けられているのは、圭さんに約650万円以上の報酬が支払われているとか、眞子さんの1億円とも言われる貯金を取り崩しているとか、足長おじさん的なタニマチがいるとか、さまざまに言われてきたのも事実です」(同)


■合格するまでは“慎むべきこと”


「秋篠宮さま自身は、圭さんが法曹資格を得るかどうかにこだわっているフシはないようです。元新聞記者のジャーナリストが秋篠宮さまに直接取材し、その肉声をまとめた書籍『秋篠宮』でも、その旨を吐露されていましたね。ただ、合格するまでは“慎むべきこと”について小室さん夫妻との間で“約束”のようなものがあるそうです」

 と、別の記者。その“約束”とは――

「お子さんのことですね。現状、圭さんは無職というわけではありませんが、ニューヨークで地に足のついた生活ができているというふうに秋篠宮さまは捉えておられないということなのでしょう。仕事と試験勉強をしながらそこに子育ても絡んでくると、何かがおろそかになることは十分予想される。課題をひとつずつ解決して行くようにと秋篠宮さまから小室さん夫妻に伝えられて、夫妻側もそのことに理解を示していると聞きました」

 何はともあれ、圭さんの「3度目の正直」を関係者が固唾を飲んで見守っている状況であることは間違いない。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)