なぜ日本のスーパーのレジ店員は「座れないのか」 韓国では10年以上前から椅子を設置

なぜ日本のスーパーのレジ店員は「座れないのか」 韓国では10年以上前から椅子を設置

"座ってレジ作業"できない訳

なぜ日本のスーパーのレジ店員は「座れないのか」 韓国では10年以上前から椅子を設置

スーパーのレジ(写真はイメージ)

 スーパーマーケットで、レジに立つ店員が椅子に座りながら接客する光景は、海外ではしばしば見られる。一方、日本のスーパーでは“立ちっぱなし”が基本。椅子は導入されないのだろうか。


■「レジも座ってていいのにな」


 最近は「セルフレジ」や精算を客が行う「セミセルフレジ」を設置したスーパーも増えたが、それでも従来通り店員が精算を行ってくれる有人レジの利用機会は多いことだろう。当然ながら、店員は立ったままカゴを動かし、商品のスキャンなどの作業を行うことになる。

 全国スーパーマーケット協会でも、3年前の2019年にレジ店員が椅子に座りながら作業することついてTwitterに投稿している。

〈「レジも座ってていいのにな」というツイートがバズってて、心優しい皆様が賛意を寄せている件、ありがたいですね。働き方改革が叫ばれ高齢者雇用も進む中、採用する小売業が出てきても不自然ではなくなったと考えます。スペースの広い店舗なら導入、実験がしやすいと思います。〉

 直近では、オランダ韓国のスーパーで店員が座りながらレジ作業をする様子を写真付きで取り上げた一般人のツイートが話題になった。韓国では、10年以上前から店員の健康を守るため椅子に座りながらレジを打つスーパーなど小売店が増えているそうだ。日本ではどうか。

「海外でも国によって事情は大きく変わるようで、日本以外は座るのが当たり前ということでは無いと思います。ただ、これまで日本全国600店舗以上のスーパーを訪れましたが、店員が座ってレジ打ちをしているのを見た記憶はありません」

 と解説してくれるのは、国内外のスーパーを知る「全国ご当地スーパー協会」の菅原佳己さんである。

「商品が入った重たいカゴを移動させるには、立ったままの方がやりやすいかもしれません。両足でステップを踏むようにリズムを取ってスキャンするスピードを上げている店員さんを見かけたことがあります。効率よくスキャンするためには、座ってではやりにくい事情があるのではないでしょうか」(同)


■立って作業することが前提


 ネット上で、度々話題になる「レジ店員が椅子に座ること」の是非。

 全国58社、3961店舗 が加入するオール日本スーパーマーケット協会の担当者も、

「協会の会員でレジに椅子を導入しているところはありません。これまで導入しようという動きがあったということも聞いたことはありません」と話す。

 どうして椅子が導入されないのだろうか。

「既存のレジは、立って作業することを前提に設計されています。台の高さやバーコードをスキャンする読み取り装置の位置は、立って作業する分にはちょうどいいですが、椅子に座るとやりづらくなるのではないでしょうか。また、立っているからこそ、商品が入った重いカゴを楽に動かしたり、狭いスペースでも小回りが利くからなのだと思います」(同)

 確かに椅子が導入されている海外の多くのスーパーでは、日本のように店員がカゴを動かす必要は無いことが多い。客が1つ1つの商品を台にのせ、それが店員の前へ流れていくというベルトコンベア式のレジだ。立ちっぱなしレジの文化は、日本の“おもてなし”精神が生んだものと言えるのだろうか。

 先の全国スーパーマーケット協会のTwitterでも、当時、導入が進まない背景をこう推測していた。

〈座りレジ作業とセットになるベルトコンベアレジも、某フランス系スーパーなど何度か導入されましたが、続きませんでした。面倒だし、生鮮品を置くことに抵抗がある方も。時代が変わり、従業員の働き方に対するお客様の理解も昔より得やすいので、導入の検討も進むかと考えます。〉


■負担増になる?


 とはいえ、「店員さんを座らせてあげて」という意見は少なくない。ベルトコンベア式ではなく、カゴからカゴに商品を移動させながらスキャンするという従来日本で多い形式でも、椅子に座りながら作業することは不可能ではないだろう。

「座って作業することを前提とした設計のレジが新たに出来たとしても、導入するにはコストが掛かるのでなかなか実現は難しいのではないでしょうか」(先のオール日本スーパーマーケット協会の担当者)

 仮に椅子が導入出来たとしても、店員の負担を増やす面もあるという。

「既に今のレジに慣れている店員は、新しいレジ機器の操作を覚えるのは大変だと思います。座っての作業に慣れるまでは、会計の時間が長くなる可能性もあり、それでレジが混雑すると、お客さんに迷惑を掛けることにもなります」(同)


■椅子を置くだけではダメ


 一方で、レジに関してはこんな取り組みもある。7月15日付福井新聞オンライン によると、支払いに時間が掛かる高齢者などに向けて「ゆっくりレジ」と名付けられた専用レジを設けるスーパーが好評を得ているとのこと。急いで会計する必要が無いだけでなく、カートに載ったカゴを店員が運んでくれるサービスもあるというのだ。

 店員に求められる手厚いサービスは、椅子導入のハードルになる一方で、多くの人が買い物しやすいようになるという良い面もあるようだ。

 先のオール日本スーパーマーケット協会の担当者は、

「椅子に座ってのレジ打ちが現に海外では導入されているのであれば、徐々に日本でも広がっていく可能性もあると思います。ただ、単に椅子を置けばいいというわけでは無いので、機械やコストの面以外でも、店員それぞれの試行錯誤が必要でしょう」(同)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)