アラフィフになった元「援助交際少女」 娘をもったいま「パパ活女子」に思うこと

アラフィフになった元「援助交際少女」 娘をもったいま「パパ活女子」に思うこと

「援助交際」がクローズアップされた1996年当時の女子高校生(写真はイメージです)

「援助交際」が流行語大賞にノミネートされたのは1996年の事だった。あれから四半世紀以上が経ついまも、似たような行為は名前を変えて続いている。かつての「援交少女」はどう生きているのだろうか。『売る男、買う女』(新潮社)などの著書があり、自身も夜の世界の仕事で働いた経験のあるノンフィクション作家の酒井あゆみ氏が取材した。

 ***

「今は『PJ』とか『オトナ』、『部屋』、とかいろんな言われかたをされているらしいけど、……要は私の時代とやってることは同じだよね」

 表だって遊ぶことが難しくなったコロナ禍で、市場が拡大した「パパ活」。かつて援助交際をしていた貴子(仮名=45歳=)に率直な意見を聞いてみると、こんな返事が返ってきた。

「親が自分の子供の下着をネットで売ったりしてるってニュースも見たけど、タチ悪すぎ。貧困のせいにしている話もあって、信じられないよ」

 貴子はおよそ30年前、高校生の頃にデートクラブに出入りし、ときに身体を売って稼いできた。「援助交際」という言葉が世間の注目をあつめる少し前の時期である。今日のパパ活につながる“素人の女性による個人売春”の系譜でいえば、その第一世代とも言える存在だ。そんな元当事者の意見は「パパ活なんて気持ち悪い」とあまりにもマトモ。自分ではなく、娘を重ねあわせて考えているのだろう。

 貴子の娘はもうすぐ15歳になる。まさしく貴子が「エンコー」を始めた年代だ。

「あの子にはそういう心配は無いと思うなぁ。いまだに私の寝室のベッドの横に布団ひいて寝てる。自分が部屋あるのに、一人じゃ寝れないんだって。しかも、いまだに私が買ってきたキャラクター物のパンツ履いてるし」

 パパ活女子については「本人がやりたきゃいいんじゃん」というスタンス。でも娘がパパ活をするといったら「全力で止める」。自分の過去を後悔しているわけではないが、自分と同じようなことを娘にはさせたくない。一見矛盾のようだが、本音なのだろう。

 貴子のことは女子高校生だった当時から知っているから、すっかり“母”となったその変わりようはほほえましくもある。その頃、私は渋谷に事務所を構えており、部屋は女の子たちが時間を潰す場所に使われていた。当時の貴子のように居場所を見つけられない子たちばかりだった。特定されないよう微妙に立場を変えて、私のルポ記事に登場してもらったこともある。

 個人的に、インタビュー後の取材対象者とは連絡を取らないようにしている。過去のことを隠したい相手にとって、私との繋がりは邪魔でしかないからだ。だが貴子との関係はつづき、結婚式に呼んでくれたこともある。数年前に離婚した際には「ご祝儀くれたのに別れちゃった」という連絡までくれた。だからこうして度々会い、近況を尋ねている。


■いまのパパ活は「安すぎ」


 貴子が援助交際をしていた当時といまとでいちばん違うのは「値段」だろう。現在のパパ活での“オトナ”、つまり大人の関係は3万円からが相場だと教えると、

「安すぎ。私だったら絶対にやらない。私の時代は『いま履いているパンツくれたらお小遣い』で3000円から5000円。一緒にお茶飲むだけで5000円から、3万円くれた人もいたな。寝るのはその人にあわせて値段を変えていたけど、5万円くらいがふつうだった。中には10万円くれた人もいたなあ。わたしは違ったけど、未経験の子は20万円というのも聞いたことがある」

 当時は「女子高生ブーム」の真っ只中。中高年の男性が未成年女子に群がり「吐き古した靴下」まで買っていたような時代だ。当時、貴子の月収は50万円を超えたが、お金は“仕事”おわりにみんなで食べる焼肉などに消えていた。

「変に高いものをもってると親に怪しまれるから、ブランド物は買わないようにしていた。でも今思うと、後から換金できるブランド物にしておけばと後悔している(笑)。でもみんなと食べるご飯は、オヤジと食べるご飯とは別物だった。誤解されるかもしれないけれど、お金と言うよりも『みんな』で過ごす時間のためにデートクラブに通ってたようなもの。お店にいけば友達が何人かいて暇をつぶせるし、スタッフのおじさんも良くしてくれた。いちど、おじさんの運転する車でみんなで温泉にいったこともある。学校ではない居場所というか、たむろする場が店だった。援助交際はそのオマケ、みたいなもの」

 マンションの一室にあったデートクラブは、待機する女の子たちを客が覗き見し、指名するシステムをとっていた。客の姿が女の子たちから見えないよう、マジックミラーもしくは小窓があったはずだが、不思議と貴子の記憶はあいまいだ。

「よく来ていたお客さんのことは覚えていて、顔が恵比寿顔の『えびすさん』とか、いつも雑誌で顔を隠している『週刊現代』ってあだ名の人とか……。客の姿を覚えているってことは、小窓だったのかな? 私はいまでいう塩対応だったけど、リピーターは5人くらいいたかな。今思うと制服を着て店に出てたこともあったから、どこの学校の子か一発でわかっちゃうね。やばいよね。でも当時は顔を晒される、見られるという恐怖はなかったかな。地元から離れた場所だったし、だいいちバレたらまずいのは客も一緒。未成年を買うんだから」


■娘に願うことは…


 実は貴子の家は、首都圏のとある地区の政治家の一族である。高校も名門私立だった。

「悪い友達は駅前でタバコを吸ってたけれど、私がやったら“あそこの娘が…”と言いつけられるから、とてもじゃないけれどできなかった」

 援助交際もその悪い友達に誘われた始めたわけだが、貴子は「お嬢様エンコー少女」だったのだ。本人も言う通り、そうした地元や学校の“しがらみ”から逃れる場所として、デートクラブに通っていたようだ。

 当時、援助交際をしていた少女たちは、狂った金銭感覚をただすことができずに、高校卒業後はキャバクラなどの業界へ流れていくことが多かった。その点、貴子は卒業と同時にそうした世界からきっぱり足をあらった。そのあたりは“育ちの良さ”ゆえかもしれない。

 その後、海外で出会った夫と結婚したが、もちろん援助交際をしていたことは伏せていた。向こうの浮気が原因で、慰謝料500万円をもらって離婚。いまは娘と実母と暮らしている。もちろん援助交際をしていたことは言っていない。今後言うつもりもない。

 当時のデートクラブの友達とは疎遠になってしまっているが、5年前に出かけた先でばったり会ったことがあった。気まずさや疚しさはなく、ただ、「昔の友達に会った」感覚だそうだ。

「私は援助交際で危ない目にもあってないし、とくに後悔はしていない。ただ、普通ではない青春時代だったという思いはある。高校生同士の淡い恋愛とかはしてみたかったな。だから娘には、できれば同い年の、その時に好きな相手と早くしてほしい。私には隠しているけど、一応、彼氏はいるみたいで。『友達と遊園地に行く』ってめちゃくちゃおしゃれして出かけていって、なのにその時の写真は一切見せようとしない。娘のスマホの位置情報をチェックしているかぎりでは、相手の家なんかには行ってなさそうだから “まだ”だと思う(笑)」

酒井あゆみ(さかい・あゆみ)
福島県生まれ。上京後、18歳で夜の世界に入り、様々な業種を経験。23歳で引退し、作家に。近著に『東京女子サバイバル・ライフ 大不況を生き延びる女たち』ほか、主な著作に『売る男、買う女』『東電OL禁断の25時』など。Twitter: @muchiuna

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)