資産家殺害「高井容疑者」自殺で思い出す「尼崎連続殺人事件」 角田美代子との共通点も

資産家殺害「高井容疑者」自殺で思い出す「尼崎連続殺人事件」 角田美代子との共通点も

"容疑者自殺"事件に共通点も

資産家殺害「高井容疑者」自殺で思い出す「尼崎連続殺人事件」 角田美代子との共通点も

高井凛容疑者のSNSより

 2021年7月、大阪府高槻市に住む資産家の高井直子さん(当時54)が浴槽で溺死した姿で発見された事件。今年7月に殺人容疑で逮捕された養子の高井凜容疑者(28)が、9月1日の早朝、勾留されていた大阪府警福島署の留置場で自殺を図り、その後、死亡した。そこで思い出されるのが、2012年、同じく警察の留置場で自殺した「尼崎連続殺人事件」の角田(すみだ)美代子(当時64)だ。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■Tシャツを紐状に


 9月1日午前7時2分頃、福島署3階にある留置場の一室で凛容疑者がぐったりしているのを、巡回中の署員が発見して119番通報した。紐のようなものを束ねて首を吊っており、病院に搬送された時点で心肺停止、意識不明の状態。署員が18分前に室内を確認した際には、凛容疑者は布団で寝ていたという。

 留置場の独房に勾留されていた凛容疑者は、取り調べで「逃亡」をほのめかしていたため、同署は「特異被留置者」に指定。8月19日から夜間の監視を強め、1時間に5回も見回っていた。8月30日には、自殺をほのめかすことを書いた便せんが見つかったが、対面監視などの措置は取らなかった。監視の合間の極めて短い時間に、Tシャツを紐状に裂いて換気用の窓の金網にかけ、首を吊ったとみられる。

 留置場は刑務所とは違い容疑者の服装は私服だが、自殺に使えるような金属類の持ち込みや紐状のものが付いた服などは没収される。同署の大田健吾副署長はNHKの取材に対して「監視を強化していたが、当時の状況などを確認して、どこに問題があったかも含めて原因を究明したい」とコメントした。


■保険金と遺産目当てで養子縁組


 改めて事件を振り返ろう。

 名門の関西学院大学アメリカンフットボール部出身の高井(旧姓・松田)凛容疑者は、これまでの報道の通りなら、久しぶりに見る「超極悪人」の印象だ。外資系の生命保険会社で保険外交員として働いていた時、顧客になった高井直子さんと知り合った凛容疑者は、昨年2月に直子さんと養子縁組を結び高井姓となる。そして、直子さんの印鑑などを無断で使い虚偽の書類を作ったと思われる。

 この方法で直子さんに掛けられた約1億5000万円の生命保険の受取人になったほか、資産家だった彼女の預貯金など約1億円を相続している。東京のタワーマンションに住みながらランボルギーニを乗り回し、複数の女性と派手に遊び歩いていたとされる。女装して高槻に来る様子が防犯カメラなどに残されていたという。

「凜容疑者が保険金や遺産を目当てに直子さんを浴槽で沈めて殺害した」とみた大阪府警は、まず今年7月20日に高井さんとの養子縁組届を偽造した容疑で凜容疑者を逮捕した。さらに8月10日、クレジットカードの支払いを不正に免れた詐欺容疑で再逮捕し、25日に直子さんへの殺人容疑などでの再逮捕に踏み切っていた。凜容疑者は取り調べに黙秘を続けていたという。しかし、凜容疑者が自殺したことで、真相は闇の中に消えた。


■「尼崎連続殺人事件」も容疑者が自殺


 凛容疑者の自殺で思い出すのが、2012年10月に発覚した「尼崎連続殺人事件」だ。兵庫県尼崎市のマンションを拠点に、被害者らと長年にわたって「疑似家族」を築き、共同生活をしながら、虐待したり監禁致死に至らせたり、財産を奪うなどして、計6人を死なせたとされる犯罪史上に残る大事件だ。主犯は角田美代子という女だ。

 1980年代から続いていた恐るべき連続殺人が判明したきっかけは2011年11月、監禁状態から逃げ出した40代の女性が警察に駆け込んだことだった。その女性の母親は不審死していた。その後、保険金を掛けられて沖縄の岸壁から落とされたとみられる男性や、ドラム缶詰めで岡山県の日生(ひなせ)港に遺棄された男性などの「不審死事案」が次々と判明。尼崎の民家の下で遺体になっていた若い女性もいた。

 角田の手口は、些細なことに因縁をつけては他人の家族に乗り込み、家族の中にいさかいを起こすようにもってゆき、「家族崩壊」に導く。ヤクザまがいの屈強な男を用心棒にし、気に入らない女性などは真冬に下着一枚でベランダに監禁し、食事もろくに与えず排泄もさせないなど滅茶苦茶なものだった。そして、角田の甘言に騙されマインドコントロールされていった人たちは、結果的に自らも殺人などの加害者になっていったのだ。

 ところが、角田は12年12月に兵庫県警察本部の留置場で自殺してしまった。64歳だった。


■「ベビーカーが挟まれた」と因縁


 今回の凜容疑者の独房とは違い、角田が自殺を図ったのは複数人が収容された部屋で、長袖のTシャツで首を吊ったとみられる。これで事件の主犯格が消えてしまい、真相は闇へと葬られた。結局、角田は存命中に1件だけ起訴されたが、死亡したため控訴棄却になった。自殺していなければまず死刑だったはずだ。

 何しろ6人の殺害の主犯格だ。我が国の女性の犯罪史上、トップともいえる殺人犯だ。他にも立件はできていないが、角田との共同生活から逃げ出し、未だに行方不明になっている者もいる。

 主舞台となった尼崎市はもちろん、香川県から滋賀県、岡山県を走り回っていた筆者は当時、「犯罪史上に残る大事件、本が書けないか」と打診され、しっかり裁判を傍聴して書こうとのんびり構えていたが、想定外の主役の自殺で頓挫した。

 筆者は主に、ある男性の公判を傍聴していた。角田に「電車のドアにベビーカーが挟まれた」と因縁をつけられた阪神電鉄の男性社員だ。ターゲットにされたこの男性に対し角田は、ベビーカーの弁償だけではすまさず、執拗に会うことを求めた。次第に男性は、妻と離婚し、退職して喫茶店を立ち上げることを勧められるようになる。男性は、角田の巧みな言葉を「自分のためを思ってくれる人」と勘違いし、マインドコントロールされていった結果、女性の監禁致死にも加担することになり、人生を棒に振ったのだ。「尼崎連続殺人」は角田が主犯とはいえ、従的な共犯も多く、合計11人が起訴されていたので、主役の死後も裁判である程度の真相追及は可能だった。

 一方、今回の高槻の事件は単独犯と思われる。そのため、凜容疑者が死亡したことでほとんどの事実がお蔵入りしてしまうはずだ。検察は、捜査は続けるものの不起訴とする見通しだ。


■もう1つの共通点


 凛容疑者が自殺を図った独房にカメラは設置されていなかった。ある警察OBは「完全に警察の失態。容疑者が逃走をほのめかしたなら、留置管理課の職員は房の前に居座って監視するくらいでないといけない。見回りの時間も読まれていたかもしれない」と話す。警察の留置場の管理の在り方について再検討が求められよう。

 さて、高槻の事件も尼崎の事件も大きな共通点がある。それは「養子縁組」という制度を使ったことだ。角田は目を付けた人物を自らの親戚の養子にする手続きを行っていた。高槻の事件のように、おそらくだが「本人(直子さん)が知らない間に」ではなく、「自分のことを考えてくれている」と信じ込ませてのことだろう。また、李正則(無期懲役で服役中)という共同生活者らが恐れた体格の良い「暴力装置」は、角田が直接養子にしていた人物だ。

 養子縁組は書類さえ整えば成立してしまうようだ。本人が知らない間に、勝手に縁組することが可能なら、財産目当ての犯罪にも利用されよう。役所は、書類がそろえば機械的に「縁組」を認めるのではなく、双方の当事者に対面確認するようなことが必要ではないだろうか。
(一部敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)