「フットボールクラブで“お姉ちゃん役”だった」 渋谷母娘刺傷、15歳少女の素顔

「フットボールクラブで“お姉ちゃん役”だった」 渋谷母娘刺傷、15歳少女の素顔

犯行現場

「死刑になりたかった」「母親を殺すための予行演習」「塾に行きたくなかった」。変遷する供述の、どれが“本心”なのか。渋谷区円山町の路上で母娘が包丁で刺され重傷を負った事件。犯行直前・直後の動画には、逮捕された15歳少女の「強烈な殺意」が写されていた。

 ***

 赤色のサッカーのユニフォームを身にまとい、少し首をかしげて白い歯を見せて笑う少女A。切れ長の目に真っすぐな鼻筋、整った顔立ちと言っていいだろう。通っていた地元フットボールクラブの夏合宿に参加した彼女を捉えた映像からは、見知らぬ人をいきなり包丁で刺すような「昏(くら)さ」は微塵も感じられない。

 しかしそれから約3年が経過し、15歳になった彼女は、胸の内に明確な殺意を忍ばせていた。埼玉県戸田市にある自宅を出たのは、8月20日正午過ぎ。後の本人の供述によれば、一旦は塾に向かったものの、途中でJR武蔵浦和駅に移動して電車に乗り、「今日、人を殺す」と心に決めた。リュックの中には100円ショップで購入した包丁など刃物3本が入っていた。

 終点の新宿駅に着いたのは午後2時頃。犯行時刻は7時20分頃だから約5時間の「空白」がある。その間、ずっと街中をさまよっていたのかは定かではないが、「人を殺しやすそうな路地」を物色していたという。


■大股になって距離を詰め…


 犯行の直前、そしてまさに取り押さえられる彼女の様子を捉えた動画が手元にある。

 犯行現場は京王井の頭線神泉駅近く、渋谷区円山町の路上だ。その手前、道沿いにある駐車場の防犯カメラの動画にまず映るのは、1本のビニール傘をさして肩を並べて歩く女性二人である。その二人、53歳の母親と19歳の娘は渋谷に遊びに来た帰りで、神泉駅から電車に乗って杉並区の自宅に向かおうとしていた。

 一面識もない母娘の日常を切り裂くことになる少女Aは白いパーカー、ショートパンツに黒いスパッツ姿。二人の背後にピタリとつけ、徐々に大股になって距離を詰めていく。映像の中の彼女は、リュックを背負っていない。

「リュックは事件後、現場から数十~100メートル離れたところで見つかっています。そこにリュックを置いて包丁を取り出し、身軽になって犯行に及んだのでしょう」(捜査関係者)

 母娘に近づく彼女は左手だけが前後に動いている。全く動かない右手には包丁が握られていたのだろう。


■「なんでそんなことするの、あんた誰?」


「この辺りはけんかが多いので、最初はまたけんかかと思っていたのですが、あの時は悲鳴が2回聞こえたのでベランダに出たんです」

 と、現場の近くに住む男性が振り返る。

「そうしたら、お母さんのほうがバッグで犯人の女の子に応戦していて、刺された娘さんは近くに倒れていました。お母さんは“ナイフ! この人持ってる”とか“110番して”と叫んでいました」

 現場近くの飲食店の女性従業員が撮影した動画には、その後の様子が捉えられている。

 うなり声とも悲鳴ともつかない声をあげながら、母親が少女Aを押さえつけている。彼女はゆっくりと拘束を解き、隣に倒れている娘のほうに向きなおろうとする。

「ヤバイヤバイ」

 と撮影者の声。おそらく、再び娘を刺そうとしたのだろう。しかし次の瞬間、刃物が道路に落ちる金属音が響き渡る。近くで様子をうかがっていた同じ飲食店の男性従業員がすんでのところで彼女から刃物を奪って路上に滑らせたようだ。

「なんでそんなことするの、あんた誰?」

「人違いとか許さないよ。何? 何?」

「何するんだよお前!」

 母親が大声で少女Aに問いかけている。組み伏せられている彼女の顔が一瞬だけ映る。黒いマスクに表情は隠れているものの、その目元の雰囲気は、サッカーの夏合宿に参加していた時と変わらない。


■異様な感じ


 動画を撮影した飲食店の女性従業員によると、

「完全に取り押さえられてから彼女はあまり暴れたりしなかった。やり遂げた、みたいな感じで私に“あの子死んだ?”と聞いた」

 先の捜査関係者が言う。

「娘さんの傷の深さは約10センチで、背中から腎臓に達していました。母親も肩や腹を切られ、犯人ともみ合った時に腰の骨を折っています」

 現場の近くに住む前出の男性は自宅からバスタオルを持ち出し、刺された娘に応急処置を施した。

「出血量はそれほど多くなかったのですが、顔面蒼白で今にも意識が飛びそうになっていたので、横になって下さいと言って寝かせて、ずっと話しかけていました。“大丈夫?”とか“もうすぐ救急車が来るから”と」

 少女Aについては、

「放心した感じで天を仰いでいました。目が死んでいましたね。“私のバッグどこ?”と言ったりして、異様な感じでした」(同)


■“お姉ちゃん役”


 逮捕当初、少女Aは「死刑になりたかった」「自分の母親と弟を殺すための予行演習だった」などと供述。

「その後の取調べでは“塾に行きたくなかった”と話すなど、供述は二転三転しています」

 と、社会部デスク。

「Aの母親も聴取に対して、今まで彼女に起こった出来事を列挙するように話しており、その中で中学のバレー部の人間関係に悩んでいたとか、中学1年の3学期頃から不登校ぎみになったことが出てきてはいます。ただ、親子関係で悩んでいたというのは母親としては思い当たる点がないようです」

 少女A、母親、1歳下の弟の3人家族で、

「母親は保険会社で働いていたはず。三人で出かけたりして、仲の良い家族でした」(近隣住人)

 彼女が中学に入るまで通っていた地元フットボールクラブの関係者は、

「30人いたチームの中で女の子は3、4人ですが、彼女は“お姉ちゃん役をやってくれる子”でした。練習中に転んで泣いている幼稚園生を抱っこして、大丈夫だよと言ってくれたりして、面倒見が良いのです。中学でバレー部に入ったのは知っていました。フットボールクラブが運営するトレーニングクラブに顔を出した時は、バレーボールを持ってきて、ポンポンと手でトスの練習をしていました」


■「最後に会った時…」


 傍目には、母親との関係も良好に映っていたという。

「年に1、2回、“親子サッカー”という保護者と子供がサッカーをするイベントがあるのですが、参加しない親御さんもいる中、彼女とママと弟は必ず来ていた。家族のために料理をすることもあったと言います。彼女と最後に会ったのは7月頃で、塾の帰りだと言っていました。いつも通りの彼女でしたね」(同)

 予兆なき凶行と変遷する供述。動画が物語る殺意の強烈さとは裏腹に、彼女の“本心”はまだ見えていない。

「週刊新潮」2022年9月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)