五輪汚職「高橋治之容疑者」の実弟は資産1兆円のバブル紳士 棺の中に“あんぱん4つ”の哀しさ

五輪汚職「高橋治之容疑者」の実弟は資産1兆円のバブル紳士 棺の中に“あんぱん4つ”の哀しさ

元理事に弟の転落劇を彷彿も

五輪汚職「高橋治之容疑者」の実弟は資産1兆円のバブル紳士 棺の中に“あんぱん4つ”の哀しさ

弟と同じ転落を味わった高橋治之氏

 東京五輪を巡る汚職事件で一躍、渦中の人となった大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)。スポーツビジネス界に隠然たる影響力を誇った“フィクサー”に対し、東京地検特捜部は追及の手を緩めず、紳士服のAOKIホールディングスに加え、出版大手のKADOKAWAや広告代理店・大広が絡んだ贈収賄疑惑まで浮上している。世田谷に豪邸を構え、外出にはマイバッハを使う金満ぶりは知られたところだが、そんな高橋容疑者を凌駕する大富豪として、バブル期に名を馳せたのが彼の弟・高橋治則氏だった。リゾート開発で財を成し、一時は“1兆円の資産を持つ男”と称されながら、バブル崩壊後に背任容疑で逮捕された治則氏。輝かしい栄光からの転落劇は、まさに兄の置かれた現状を彷彿とさせる。
(本記事は「週刊新潮 別冊〈昭和とバブルの影法師〉2017年8月30日号」に掲載された内容を転載したものです)

 ひょうひょうとした表情のその男は、自家用ジェットで世界の一等地を巡り、ホテルやリゾート施設を次々と手中に収めた。

 映画「プリティ・ウーマン」の舞台になったリージェント・ビバリー・ウィルシャーホテルをはじめ、ニューヨーク5番街至近のリージェント・ニューヨーク、リージェント・ミラノ、リゾート地では、オーストラリア、ゴールドコーストのサンクチュアリーコーブ、サイパン、フィジー、タヒチなどのリゾートホテル、賃貸ビルでは、香港のボンドセンター(現リッポーセンター)やロンドン、シドニーにも投資。教育にも力を入れ、オーストラリアにボンド大学を設立したりした。

 どれも投資額が数十億円から数百億円の物件。

 ついた称号が、“1兆円の資産を持つ男”“環太平洋のリゾート王”。イ・アイ・イ・インターナショナル(以下、イ社)社長、高橋治則である。同社で海外事業部長を務めたA氏が回想する。

「社長は月の3分の1は海外でした。ピークの1987年から90年までは、毎月100億円を動かしていました。世界に最大24のホテルも持ち、土地を取得し建設予定のパリなどを含めると7割近くは五つ星でした」

 イ社のメインバンクは日本長期信用銀行(長銀)。結果的に同社の運命を翻弄するのだが、これは高橋の出自と無関係ではない。

 高橋は45年、長崎県平戸で2人兄弟の次男として生まれた。イ社の元役員B氏はこう明かす。

「高橋の母親の叔父が、元長銀頭取の浜口巌根氏の妹と結婚していたのです。しかも巌根氏はライオン宰相の異名をとった浜口雄幸元首相の子息でした」

 高橋の父親は、電子部品輸入商社イ・アイ・イの社長であった。何不自由なく育った治則は慶應幼稚舎から慶應義塾大学を経て、日本航空に入社。8年後に退社し、雑貨輸入会社を経て、イ・アイ・イに入社。83年、38歳のとき、社長になる。

 旧知のB氏は当時、高橋から一緒に仕事しようと便箋20枚の手紙で口説かれた。

“僕は5千億円を動かす事業家になりたい”と。


■シャワールーム付きの自家用ジェット


 手始めにロイヤルメドウゴルフクラブ(栃木県)を開発。ゴルフ会員権ブームの追い風も手伝って、約120億円が転がり込む。それを種銭にして、海外への進出を試みた。

 まず飛んだのはサイパン。日航時代の上司からの情報で視察したのだが、宿泊したハイアット・リージェンシー・サイパンに魅せられた。B氏が言う。

「ロビーから海と椰子の木が見えて、スイートルームにはキングサイズのベッドにフリルの天蓋、プール。のちに約40億円で売りに出たという情報が入ると、即購入でした。これで高橋はホテルの魅力に取りつかれた。買うなら超一流のホテルだと確信したのです」

 高級ホテルを手にした者には、ニューヨークでもトップクラスの資産家しか知り得ないような超一流ホテルなどの物件情報が入り始める。A氏によれば、

「持ち込むのは、個人で営業する外国人投資家です。高橋さんにはそういう人が数人いた。その情報を頼りに、自家用ジェットで現地を見に行っていました」

 銀行関係者は彼の動向を血眼で追った。行先がわかると「社長、私も連れて行ってください」と懇願したという。かくして、自家用ジェットには長銀や大手信託銀行の取締役、有力支店長クラスのご一行様が乗り込むことに。A氏ら若手社員3人はホストよろしく、銀行員のホテルの手配など接待に走り回ることになる。

 実はこのジェット、政官界の人脈醸成にも一役買っている。自民党の小沢一郎、中西啓介はオーストラリアに飛んだし、田谷廣明東京税関長も香港へ。じっこんの山口敏夫の三男がアメリカで事故死した際は、亡きがらを日本に移送したりもした。

 所有していたのは3機で、ボーイング727と737、BAC1-11。実働していたのは前記2機で、共にパンナムなどで使われていた約20年ものだった。

 機内のしつらえは、約12席のシート、会議室、リビング、寝室にシャワールーム。驚いたのは、現地の空港に着くと、入国審査が不要だったことだ。

「それは相手国の担当者が手続きしてくれるから。一流のホテルを複数持ち、自家用機を所有しているというのは、その人の信用を担保するものなのです」(A氏)


■カツ丼食べたい


 ただ、リゾート地での遊びとなると、高橋はからっきし興味を示さず、ハワイのホテルにA氏と泊まった際も、着替えを持っておらず、黒いスーツでビーチをうろついていたという。

「一旦部屋に戻ったんですが、『疲れるよね』と。社長の口癖でした。やがて『腹減った。カツ丼食べたい』と言い始めて、料理法をシェフに英語で説明して作ってもらいました」

 オシャレにも興味がなく、海外出張でも小さなボストンバッグ一つ。下着やシャツはホテルで手洗いし干していた。スーツは銀座であつらえたが、腕時計は国産の1万数千円のもの、車もクラウンと地味だった。

「ホテルに関していえば、宝石を持つような感覚だったと思います。いいものは値上がりの仕方もすさまじい。大金を動かす快感が好きだったのでしょう」(A氏)

 しかしバブルが崩壊し、資金の流れが滞ると、たちまちイ社は行き詰まってしまう。90年暮れ、長銀の管理下に入り、超一流ホテルなどがバナナのたたき売りのように、安値で売り飛ばされた。B氏の回想。

「高橋は少し待てば必ず上がるからと抵抗はしましたが、勝ち目はありません。取締役会は銀行関係者で牛耳られていましたからね。売られたホテルやリゾート施設は、いまでもかなりの高値がついている。もったいないことをしました」

 93年7月、長銀は支援打ち切りを宣告。ならばと安全信用組合や自ら理事長を務める東京協和信用組合からさらに巨額融資を引き出したが、焦げ付かせ、95年6月に2信組への背任容疑で逮捕される。

 B氏が、再起を期す高橋から連絡を受けたのは2004年3月。港区の草月会館に事務所を構えていた。

「フォーシーズンズに移ったリージェントの株を譲ってもらう」と意気軒昂で、香港に飛んで小規模なホテルを足がかりに復活を目指していた。B氏は言う。

「良質なホテルを作ろうとして資金が続かず他人の手に渡る。ホテルとは人の栄枯盛衰を映すように、オーナーが代わるのが宿命です。ただ、高橋は悔しかったんだと思う。でもね、あの頃、彼には手持ちの資金はなかった。あるとき、クレジットカードありますかと私に聞いてきたのです。仕方なく、キャッシングで10万円引き出して渡しました」

 翌05年7月、くも膜下出血で急逝。棺桶の中には、4つのあんぱんが入れられていた。イ社時代から、美食家でもなかった高橋が、社員によく買って来させたのが木村屋のあんぱんだったという。1兆円の資産を持った男があんぱん4つを携えてあの世へ行く。これもバブルの皮肉だろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)