新しい警察庁長官に受難の予兆 早くも「20年前の悪夢再来」と噂される不祥事地獄の始まり

新しい警察庁長官に受難の予兆 早くも「20年前の悪夢再来」と噂される不祥事地獄の始まり

新しい警察庁長官の露木氏

■同期の前長官から引き継ぎ


 8月30日付で就任した露木康浩警察庁長官に、早くも受難の相が出ているという。いきなり現場での不祥事が発生し、約20年前の思い出したくない不祥事地獄、悪夢の再来と恐れられているというのだ。

 安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、事実上の引責辞任となった中村格氏の後を受け、新たに警察庁長官に就任した露木康浩氏。

「中村氏と同期の露木氏は1986年入庁組です。多士済々の同年入庁組の中でも早くから長官候補と言われてきました。中村氏よりも先に長官になると言われていた時代もありましたが、中村氏が菅義偉官房長官(当時)の秘書官を務めた後から、“先に中村がやって後で露木に”という順番が暗黙の了解のように庁内外で語られてきました」

 と、社会部デスク。

「中村氏が2020年9月に長官に就任し、1年半ほど務めた後、露木氏が同様に同じくらいの期間、長官の職を担うというふうに言われてきました。しかし、安倍氏の銃撃死でその人事が前倒しされることになったのです」(同)


■大阪での大失態


「就任早々、安倍氏のための警備が不徹底だったことに鑑み、全国の警察に警備実施の徹底を説くことが喫緊の課題となりました。露木氏はこれまで道府県警のトップを経験したことがなく、その意味でも慣れない役回りを担っていると言えるでしょう」(同)

 そんな折、露木長官を襲ったのが、大阪での不祥事だった。資産家の女性と養子縁組した後、保険金目的で殺害した容疑で大阪・福島署に勾留中だった元保険外交員の容疑者が縊死(いし)した件だ。

「逮捕後の被疑者の身柄の安全に警戒するのは“基本のき”です。被疑者は自殺をほのめかす言葉をノートに記しており、留置していた福島署はそれを把握していたにもかかわらず、府警本部にはそのようなメモの存在を報告していませんでした。24時間付きっきりでマンマークしていれば防げた案件だったと思われます」

 と、担当記者。

 一方、福島署から報告を受ける立場の府警本部の留置管理課の対応もずさんで、

「管理官の説明が“自殺の予兆は把握していない→メモは少し前に把握した→やっぱりもっと前から把握していた”と二転三転しました。ウソにウソを塗り重ねた結果でした」(同)


■大阪では過去に署から脱走も


 同じ大阪では、2018年に富田林署に勾留中、面会室で弁護士と接見後、室内の仕切り板を壊して外へと逃走した容疑者がいた。留置場での不祥事でいえば、2012年には尼崎市で起きた連続変死事件で主犯と見られる女性が兵庫県警本部の留置場で自殺したことも。この時も多くの批判にさらされたのだった。

「安倍氏の悲劇は、警備する側に“どうせ起こらないだろう”という気持ちがあったからと指摘されています。実際、話を聞いた当局の人たちも、そのように認めていました。安倍氏の事件と警察署や留置場での問題を同列に論じるのは乱暴かもしれませんが、過去の反省が生かされず、今もなお過信や隠蔽の体質がはびこっていることをうかがわせます」(同)

 さらに、警察当局の間では「約20年前の悪夢の再来」ではないか、と今回の件が語られはじめているという。

「2000年1月に長官に就いた田中節夫氏は2002年8月に退任するまで、不祥事対応に追われました。それ以来、就任当初から不祥事に見舞われた長官はそれに苦しみ続けるというジンクスが一部にあるのです」(先のデスク)


■桶川ストーカー事件も


 当時の「悪夢」のほんの一部を列挙してみると、以下の通りだ。

・新潟県で女性監禁事件が発覚した際、県警本部長らが本部に戻らず温泉旅館で酒席やマージャンに興じていた(2000年2月)

・千葉の警察署で拘置中の女性に巡査長がわいせつ行為を働く。同じ署の巡査部長は、この女性の覚醒剤使用を知りながら通報していなかった(2000年3月)

・沖縄県警で飲酒運転の検知管のデータが変造された(2000年4月)

・埼玉の警察署の署員が、拘置中の男女を面会させるなど便宜供与を図った(2000年12月)

・神奈川県警で、銃器対策課の巡査部長が捜査情報を漏洩する見返りに暴力団員から金銭を受け取っていた(2001年8月)

「この他に下着ドロボーとか細かなものを挙げればキリがなく、神奈川と富山の両県警トップが“覚醒剤もみ消し事件”で有罪判決を受けたのも田中長官時代。また後に“桶川ストーカー事件”と広く知られるようになる事件で、殺害された女子大生への警察のずさんな対応も大きな批判を浴びました」(同)

 不祥事のたびに田中長官は国会に呼ばれて釈明し、定例会見ではある県警を名指しして「問題が多すぎる」と訴えたこともあった。


■長官として初めて懲戒処分


「不祥事の中でも際立っていたのは、長官就任早々に起こった新潟の案件ですね。県警本部長とそこにたまたま特別監察で訪れていた関東管区警察局長が、長年監禁されていた女性が保護された夜に本部に戻らず、虚偽の発表を了承したうえで、温泉旅館において酒を飲んで食事をした後にマージャンをして一泊したというものです」(同)

 電話で温泉旅館から事件処理を指揮したというから、なかなか大胆である。

「この宴席には、県警の監察を取り仕切る刑務部長やその他の部課長も出席していました。責任を取って本部長や局長は辞職し、田中氏は、長官として初めて懲戒処分を受けることになりました」(同)

 田中氏はそもそも、前任の関口祐弘氏の時代に起こった神奈川県警などの不祥事で失われた警察への信頼回復を期待されての登板だった。

「それを回復するどころか傷口が広がってしまった格好でした。長官在任が2年7ヶ月と長めだったことも不祥事の多さにつながっているとは思いますが」(同)

 20万人を超える組織に巣食う膿を取り除くのは並大抵のことではない。長官一人の力でどうこうできる問題でもないのだが、悪夢の再来となってしまうのだろうか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)