角川歴彦容疑者逮捕 対照的で「ド派手」な兄・春樹氏のコカイン逮捕劇との“ある共通点”

角川歴彦容疑者逮捕 対照的で「ド派手」な兄・春樹氏のコカイン逮捕劇との“ある共通点”

角川兄弟の逮捕劇に共通点も

角川歴彦容疑者逮捕 対照的で「ド派手」な兄・春樹氏のコカイン逮捕劇との“ある共通点”

逮捕された角川歴彦会長

 9月14日、出版大手「KADOKAWA」の角川歴彦(つぐひこ)会長(79)が、東京五輪・パラリンピックに絡む贈賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。スポンサー企業に指定してもらう目的で、大会組織委員会の高橋治之元理事(78)にコンサルタント会社を介して7600万円を渡した容疑である。同社はオリンピックで「公式ガイドブック」の作成などを受注。逮捕前、テレビ局の取材に歴彦は、「(賄賂の認識は)全くありません」などと悪びれずに話していた。贈賄の事実はあったのか。それとも金銭の授受はあったが犯罪とは思っていなかったのか。【粟野仁雄/ジャーナリスト】(一部、敬称略)


■華麗な経歴


 歴彦は有名一族「角川ファミリー」の一員である。

 一族で圧倒的な存在感があったのは、歴彦の兄・春樹(80)である。春樹・歴彦兄弟の父親は、著名な国文学者・俳人で角川書店を創業した角川源義(げんよし=1917~1975)。角川書店の分厚い「漢和辞典」を使ったことのある人は多いはずだ。

 兄弟は不仲と言われたせいか「異母兄弟」の説もあるが、長女・真弓(筆名・辺見じゅん=後述)、長男・春樹、次男・歴彦の3人は、源義の最初の妻の子である。

 兄弟の経歴を振り返ろう。

 春樹は国学院大学を卒業後、1965年に角川書店に入社し、外国映画の原作本の翻訳出版に力を入れた。父・源義の死去により1975年に社長に就任すると、1976年に横溝正史が原作の映画『犬神家の一族』をヒットさせる。続く松田優作・主演『人間の証明』(1977)、薬師丸ひろ子・主演『野性の証明』(1978)も大ヒットした(どちらも原作は森村誠一)。映画と原作小説を結びつける商法は大成功し、俳人としても鬼才ぶりを発揮した。

 一方、弟の歴彦は早稲田大学政治経済学部を卒業した1966年に角川書店に入社。1970年代にNHKで放送された人気番組『日本史探訪』の書籍化などで評価された。1973年に取締役、その後の専務職が長かったが、1992年に副社長となった。サブカルチャーや若者文化、新メディアにも着目して子会社の「角川メディアオフィス」の社長も務め、情報誌『ザテレビジョン』『東京ウォーカー』でも成功を収めた。


■コカインで逮捕


 しかし、運営方針の違いから、次第に兄弟は対立する。

 1992年、社長の春樹は「弟はもう角川書店の人間ではない」と歴彦を事実上、追放した。歴彦は「主婦の友社」の協力を得て、賛同者を引き連れて別会社「メディアワークス」を興し、雌伏していた。強引な独裁タイプの兄と違い、何事にも丁寧な歴彦は人望もあり、メディアワークスの大半のスタッフは角川書店から彼についていったといわれる。

 ところが春樹は、思わぬことで弟に社長の椅子を明け渡すことになる。1993年8月29日、麻薬及び向精神薬取締法違反や関税法違反など の容疑で千葉県警察本部(千葉南警察署)に逮捕されたのだ。出頭に応じず、県警は逮捕状を手に杉並区の自宅に踏み込み、連行する異例さだった。

 同年7月、角川書店の係長の男がコカインを密輸入しようとして成田空港で逮捕され、「社長が使うコカインの入手のために頻繁にロサンゼルスに買い付けに行っていた」と供述していた。春樹は容疑を否認していたが、薬物鑑定で髪の毛からコカイン成分が検出され、9月19日に前述の容疑で起訴された。

 飛ぶ鳥を落とす勢いだった「時代の寵児」の逮捕で出版界と映画界に激震が走る。

 この年、可愛らしい恐竜と女の子が主人公の映画『REX 恐竜物語』が全国公開され、興行成績は順調だった。しかし、監督・脚本を務めた春樹の逮捕で異例の上映中止となってしまう。主演は本作で10歳にして銀幕デビューを果たした安達祐実である。


■派手な映画を続々製作


 当時、筆者は通信社で千葉県警を担当しており、起訴後は千葉地裁で裁判も取材した。初公判で、あたりを睥睨(へいげい)するように入廷した春樹の唇は、明らかにただれていた。コカイン吸引の影響とみられた。

 春樹が社長を辞任したことで、弟の歴彦が角川書店の社長に就任するが、役員会では逮捕前の家宅捜索段階にもかかわらず全員一致で辞任要求することを決議していた。人望には疑問符が付く。

 春樹は、1994年に1億円の保釈金を積んで保釈されると、翌1995年に出版社の「角川春樹事務所」を興す。2000年に最高裁で懲役4年の実刑が確定、八王子医療刑務所に収監された後、静岡刑務所に移監、2004年に仮出所した。

 へこたれる男ではない。出所後、2005年には戦艦大和の悲劇を描いた映画『男たちの大和/YAMATO』のメガフォンを取り大ヒットさせる。同作には反町隆史、中村獅童などが出演。広島県尾道市に実物大に近い大和の巨大な「張りぼて模型」まで作って撮影した。原作は実姉で作家・歌人の辺見じゅん(1939~2011)である。

 俳優の演技指導は、沈没時、大和の乗組員だった八杉康夫が担当した。八杉は「訪ねてきた辺見さんには『そんな嘘ばかり書くなら小説としなさい』とたしなめたんですよ」と筆者に明かしていた。映画では米軍機の大群に襲われた大和が主砲をぶっ放すが、実際は自慢の主砲は一発も撃てずに鹿児島県沖で沈められている。

 春樹は休む間もなくジンギス・ハーンをテーマにした映画『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』(2006)の製作に取り掛かる(監督は澤井信一郎)。逮捕当時、角川書店と絶縁宣言する作家が出る中、春樹を擁護したと言われる森村誠一が原作だった。モンゴルで撮影を行い、ウランバートルまでジェット機をチャーターして報道関係者や映画評論家に取材させるという破格のPR活動も行った。筆者は当時執筆していた雑誌の編集部からの依頼でこれに乗り、ロケ現場を見学した。炎天下の砂漠で出演者が青空会見した際、製作総指揮の春樹は戦闘服のようないでたちで現れて俳優やスタッフをねぎらっていた。しかし、『男たちの大和』で稼いだ金をすべて投入したと言われる『蒼き狼』はヒットしなかった。


■兄弟の逮捕劇の共通点は……


 一方、歴彦は2005年に持ち株会社とした「角川ホールディングス」の代表取締役会長となり、「KADOKAWA」と商号変更した。経営の一線を退いた後も2014年には米国系のIT企業「ドワンゴ」と経営統合した持株会社「KADOKAWA・DWANGO(現・KADOKAWA)」の相談役(2017年6月より会長)に就任していた。

 兄と同様、映画に力を入れ、『失楽園』(1997)、『始皇帝暗殺』(1998)、『沈まぬ太陽』(2009)、『零 ゼロ』(2014)等の製作総指揮を執り、アニメでは『新世紀エヴァンゲリオン』(1997~98)、『時をかける少女』(2006)などを手掛けた。

 角川文化振興財団理事長、角川ドワンゴ学園理事、日本雑誌協会理事長、日本映像ソフト協会会長などを歴任した。功績も多かったが、「ド派手な」兄にくらべれば実務派で目立たなかった。逮捕劇を報じたテレビで歴彦の姿を見て、「兄との社長交代で昔見た顔だ。懐かしいなあ」という感慨だった。

 兄である春樹の逮捕劇と共通するのは、先に部下が逮捕されていることだ。

 9月6日、KADOKAWAの芳原世幸元専務(64 )と馬庭教二元五輪担当室長(63)が贈賄容疑で逮捕された。特捜部は、彼らが完全黙秘でなければ、その供述を精査した上で歴彦の逮捕に踏み切ったのだろう。容疑を裏付ける捜査が待たれる。

 ちなみに歴彦は、将棋でアマチュア五段の腕前を持つ。特捜部の王手から逃れられるか。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)