関西で盗まれた日本人のパスポートが偽造されてアフリカで発見されたてん末 中国人のトンデモない利用法とは

中国人のトンデモない利用法とは?(※写真はイメージ)

 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、アフリカで日本人の偽造パスポートを所持していた中国人について聞いた。

 ***

 勝丸氏は、かつて外務省に出向し、アフリカ大陸にある国の日本大使館に外交官として赴任した。

「平成の時代の話ですが、12月23日の天皇の誕生日には、日本大使館でレセプションを行いました」

 と語るのは、勝丸氏。

「地元の警察署長や入管の局長、アメリカ大使館に勤務しているCIAやFBIの職員などを招きました。職務上、日本人が関わる事件があった時に情報を提供してもらうためです。日頃から彼らとよく食事をしたりしていました」


■兵庫に集中した偽造パスポート


 勝丸氏はある日、入管の局長とレストランで食事をしていると、こんな話を持ちかけられたという。

「『日本人の偽造パスポートを使ってトランジットで入国する中国人がいるが、興味あるか?』と聞かれました。もちろん『大いに関心があります』と答えました。すると、日本人の偽造パスポートで中国人が入国するたびに、連絡してくれるようになったのです」

 2008年から2009年にかけて、20回以上連絡が来たという。

「なぜか、このうちの半分が兵庫や大阪、奈良など関西地方に在住する人のパスポートが偽造されていました」

 偽造パスポートを持った中国人の最終目的地はいずれもアメリカだった。

「中国は貧富の格差が酷く、金持ちはごく一部です。貧しくてアメリカへ渡って一旗揚げようという人々です。アメリカで子どもが生まれたら、その子はアメリカの国籍を取得できます。アメリカで結婚できれば安泰と考えているのでしょう」

 なぜ、日本人のパスポートが偽造されたのか。

「日本のパスポートは世界一、信頼度が高いからです。日本人は犯罪に関代することが少ないので、銀行口座の開設や携帯電話の契約などが簡単にできます。中国人としてアメリカに入国するより、日本人として入国した方が暮らしやすいのです」

 パスポートはどのように偽造されていたのか。

「当時のパスポートはICチップを使っていなかったので、容易に偽造ができました。パスポートの顔写真の部分だけ使用する中国人の顔と入れ替えるのです。パスポートに記載されている生年月日から年齢は30代のはずなのに、本人はどう見ても50代というケースもありました。これでは偽造パスポートだと簡単にバレますね」

『警視庁公安部外事課』(光文社)

■日本にパスポートの偽造グループ


 勝丸氏は入管から連絡を受けて、実際に偽造パスポートを持った中国人の数人と面談したという。

「日本語で話しかけても何の反応もありません。英語も通じませんでした。入管には中国人の通訳がいるので、このパスポートはどうやって手に入れたか聞いてもらったところ、親戚からもらったというだけで、詳しいことは答えませんでした」

 偽造パスポートを持った中国人はバンコクなど東南アジアから来た者が多かったという。その場合、入管で逮捕されることはなく出発地に帰された。

「なぜアフリカを経由したのかわかりません。日本人が使わないルートなのでバレるリスクが少ないと思ったのでしょうか」

 勝丸氏は、入管から偽造パスポートの現物をいくつか譲り受けた。

「そのコピーを警察庁に送り、事件を報告しました。兵庫県警や大阪府警が合同で捜査したところ、パスポートは空き巣で盗まれたり、ひったくりで盗まれたりしたものだと判明しました。どれも被害届が出ていました。捜査を進めて行くと、中国人をリーダーとする、パスポートの偽造グループの存在を突き止めました。大阪に彼らの拠点があり、2009年に摘発しました」

 偽造グループは、盗まれたパスポートを1冊10万円で買っていたという。

「中国人は親戚などからお金を集め、偽造グループから50万円で日本のパスポートを購入していました。アメリカで成功したら、お金を親戚に返済するつもりだったのでしょう」

勝丸円覚
1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されてから公安・外事畑を歩む。数年間外国の日本大使館にも勤務した経験を持ち数年前に退職。現在はセキュリティコンサルタントとして国内外で活躍中。「元公安警察 勝丸事務所のHP」https://katsumaru-office.tokyo/

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)