メタノール中毒殺人事件 否認を続ける「北大卒エリート夫」を検察は有罪にできるのか

メタノール中毒殺人事件 否認を続ける「北大卒エリート夫」を検察は有罪にできるのか

警視庁に逮捕された吉田佳右容疑者

 密室で起きた事件。薬物の入手時期や混入方法もはっきりと分からない。夫妻ともに高学歴だったことで注目を集めている東京・大田区で起きたメタノール中毒殺人事件で、逮捕された夫は今も否認を続けている。検察は“消去法による立証”で夫を有罪にできるのか。

 ***


■混入できたのは“夫だけ”


 事件が起きたのは、今年1月16日早朝のことだった。東京都大田区のマンションから「妻が息をしていない」と119番通報が入り、意識不明の状態で倒れている吉田容子(40)さんが見つかった。容子さんはすぐに病院に運ばれたがまもなく死亡した。

 検視の結果、容子さんの体内から致死量のメタノールが見つかった。警視庁捜査一課は8カ月間にも及ぶ捜査のうえ、9月18日、第一発見者の夫で、「第一三共」社員の吉田佳右(40)容疑者を殺人容疑で逮捕した。

「警察は亡くなる二日前に容子さんがメタノールを摂取して中毒症状を起こしたとみていますが、その二日間、容子さんはほとんど自宅を出ていないことがわかっています。容子さんのスマホなどを解析しましたが、メタノールの購入履歴は残っておらず、自殺を考えていた様子もない。京都大学大学院を出て結婚するまでは薬の研究者であった彼女が、メタノールを誤飲したとは考えにくく、当時ほかに在宅していたのは小学生の子供だけ。故意に混入したのは夫しか考えられないという消去法による逮捕でした。佳右容疑者は職場で薬品の研究開発をしており、メタノールを持ち出せる立場にあった」(警視庁担当記者)


■スマホに残されていたDVの証拠


 だが、佳右容疑者は逮捕前の任意の取り調べの段階から一貫して、「メタノールを自宅に持ち込んだことも、妻に盛ったこともない」と否認を続けているのだ。

「当初の取り調べでは、妻と数年間不仲で家庭内別居状態にあったことは認めていた。佳右容疑者の不倫が疑われたことがきっかけのようです。容子さんの携帯電話には、佳右容疑者が激しい口調でまくし立てる動画や佳右容疑者の暴力が原因とみられるあざが映った写真も保存されていた。当初は否認していた佳右容疑者でしたが、いまは黙秘を貫いています」

 この展開に捜査員たちは頭を抱えているという。動機はあれど、肝心のメタノールをどのように持ち出して、混入させたのかがはっきりしていないからだ。

「どうやら職場の薬物管理記録には、佳右容疑者がメタノール持ち出したという記録は残っていないようです。容子さんは自宅に常備してあった紙パックの焼酎を夕食時によく飲んでいたことがわかっており、警視庁は佳右容疑者がその焼酎の中にメタノールを混入させたと見ていますが、メタノールが付着した容器なども見つかっていません」(同)

 捜査員たちの脳裏に浮かぶのは、2016年8月に文京区で発生した講談社元次長による妻殺害事件だという。


■同じ密室内の「妻殺し」は「逆転無罪」の可能性も


 事件が起きたのは、夫妻のほかに幼な子が4人しかいない自宅という密室だった。警視庁は事件から5カ月後の17年1月に、深夜1時過ぎに帰宅した講談社元次長の朴鐘顕被告が口論の末、妻の佳菜子さんの首を絞めて殺害したとして逮捕に踏み切った。

 だが、朴被告は「妻は階段の手すりを使って自殺した」として容疑を否認。裁判でも一貫して争ってきた。一審、二審は有罪判決が出たが、今年6月30日に最高裁は、上告審弁論を10月27日に開催すると決定したばかりだ。

「弁論は二審判決を見直す場合などに開かれる手続きで、審理が差し戻しになり逆転無罪が出る公算が大きい。この事件でも、検察は状況証拠の積み重ねで有罪を立証したものの決定的な証拠がなかった。今回も起訴できたとしても、公判で同じような展開になるのではないかと恐れる声が出ています」

 朴被告は京大卒であったが、佳右容疑者も北大と千葉大の大学院を卒業後、アメリカに留学経験もある秀才である。警察は状況証拠を積み重ねたうえで夫しか犯行を起こし得ないとして逮捕したと思われるが、否認を続けるエリート研究者を有罪に持ち込めるのか。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)