地上げの帝王「早坂太吉」に群がった著名人 砧の会長宅で小林旭がスポーツマッサージをしながら頼んだこと

地上げの帝王「早坂太吉」に群がった著名人 砧の会長宅で小林旭がスポーツマッサージをしながら頼んだこと

公判に臨む早坂太吉氏

 いまや国際社会のなかでも“ひとり負け”の感が否めない日本経済だが、わずか30年前には未曾有のバブル景気に列島が沸き立っていた。当時、日本の地価の総額はアメリカ全体の4倍ともいわれ、土地・株・カネが飛び交う狂乱のなか、得体の知れないバブル紳士が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)し、数多のスキャンダルが世の中を賑わせた。令和の世とは何もかもがケタ違いな、バブル期を象徴する人々が関わった“事件”を振り返ってみたい。

 ***

 最上恒産の会長として、「地上げの帝王」の名をほしいままにした早坂太吉氏。巨万の富を築いた“紳士”の自宅には、融資を求める人々が連日のように列をなした。そのなかには、あの大スターの姿も。(本記事は「週刊新潮 別冊〈昭和とバブルの影法師〉2017年8月30日号」に掲載された内容を転載したものです)

 狂乱の時代、人々はいま思えば異常な行動に駆り立てられた。西麻布に開店したホブソンズの前には、アイスクリームを買う長い行列ができた。クリスマスイヴの晩には、ラブホテルが建ち並ぶ渋谷の円山町はカップルがラッシュのようにひしめき、どのホテルにも行列ができていた。

 同じころ、東京は世田谷区砧にあった早坂太吉の私邸にも、頻繁に行列ができていたが、狂乱時代にしても、少々風変わりな行列だったようだ。

「“おいっ、今月、大丈夫なのか?”と、いろんな人にお金のことで声をかけるのが好きでね。そこで“大丈夫です”と答えると不機嫌になるんです」

 早坂のことを、当時の側近はこう述懐する。

「会長はお金のことで嫌とは言わない。“明日いくら必要です”という会話だけでいい。そんなだから、家には朝からお金を借りに客が来て、翌朝4時ごろまで途絶えなかった。“待たしとけ”って会長が言うから、みんな応接間に列を作って、10時間とか座りっ放しですよ。みなベンツだのセンチュリーだので来て、家の周りはその車列でいっぱいで、近所から苦情が来てました。会長は会社に行くヒマなんてないから、用件は電話で済ましていましたね」

 早坂太吉の名が、代表取締役会長を務める最上恒産という社名とともに世に轟き渡ったのは、1986年のこと。申告所得が前年度の380倍におよぶ186億3千万円に跳ね上がり、この年の5月決算の法人会社3466社のなかで、いきなり第3位に躍り出たときだった。2年がかりで地上げした東京の西新宿の土地を、取得した数倍もの金額で売り抜いたのがその理由であった。以後、早坂は「地上げの帝王」の名をほしいままにする。

 最上川に沿った山形県の片田舎の、大工を家業とする家に生まれた早坂。中学卒業後、しばらくの大工見習いののちに上京し、安価な建売住宅の販売を手はじめに土建業に勤しんできた男は、こうして「立志伝中の人物」と持てはやされるにいたったのである。

 以来、小林旭がギター片手に登場するテレビCMが深夜に頻繁に流され、最上恒産の名はお茶の間にも知れ渡った。一方、82年に妻を亡くしていた早坂は、銀座のクラブのママと赤坂のマンションで同棲をはじめ、続いて彼女を砧の自宅に住まわせるようになった。

 先の側近は、そのママが関係する銀座のクラブで早坂と知り合ったという。早坂が「地上げの帝王」の異名を得る直前のことだ。

「クラブからタクシーで会長をマンションまで送ると、会長は“名刺代わりだ”と、部屋から持ってきた1億円をくれたんです。思わず“えっ”と声が出ました」

 だが、この側近は次第に、早坂のこうした行為に驚かなくなったという。

「会長は気に入った人物に会うといつも“名刺代わりだ”と言って1億円をポンッとあげるんです。1億円は横が60~70センチ、高さ20センチ、奥行き30センチくらいで中が真空のビニールに入ってて、100万円単位で帯封がついていた。砧の家の寝室裏にある隠し金庫には、1億円パックがいくつも入っていて、常時20億~30億円はあったんじゃないかな。赤坂の家にも何億かあった。私もビルを買収したくて夜、明日何億か借りられないか会長に相談に行ったら、“めんどくせぇ。持ってけ”って、金庫から出してくれたことがあった」

 カネを借りるときは、ママに「会長に会わせて」と頼むところから始まったという。そのころは、

「会長とママはすごくいい雰囲気だったからね」

 と、元側近は振り返る。

「最初、ママはカネに困っていてね、会長が借金を清算したんだよ。カネはあってもあか抜けない会長に贅沢を教えたのもママ。砧の家も木造2階建ての質素な家だったけど、ある時期に建て替えて床面積を広げ、地下にカラオケができるバーを設けたりしたんだ」


■「おいっ、旭、いくらだ」


 これほど豪放にカネをばらまく人のところに、人が集まらないわけがない。地下のバーでは、毎週のように宴会が開かれ、集まる面々も豪華だった。

「会長の誕生日や、会長が手がけたホテルのオープン時とかは、有名人も大勢来てた。相撲だといまの八角親方、歌手だと小林旭、北島三郎、前川清、小柳ルミ子、淡谷のり子はいつもいました。私も会長に“おまえ、歌え”と言われて、仕方なく歌ったら北島と前川がバックコーラスやってくれてね。パーティーで誰がトリを歌うかで小林旭と北島三郎のマネージャーがもめたときは、会長が“歌の世界ではサブが先輩だろ”と仲裁しましたね」

 なかでも印象に残っているのは、小林旭だという。

「彼は毎週、金、土、日と地方公演があったのに、日曜の晩はどんなに疲れてても、砧の家に現れるんです。そして1階の仏間に入るなり、小林は“ちょっといいですか”と言って、会長にスポーツマッサージを始めるんだよ。肩に肘をグリグリ当てて“オヤジ、こんなに疲れてて”“オヤジ、無理しすぎですよ”なんて言ってね。当時の大スターがつきっきりで肩もんだりしているんだから、みな驚いていたよ。会長は用件がわかってるから、“おいっ、旭、いくらだ”と聞いて、小林はあっさり“20億です”と言う。会長と出会う前に作った千葉のゴルフ場の借金ですよ。会長は夜の11時ごろだというのに、部下の社長に“頼むな!”って電話して終わりです」

 小林の“ゴマすり”は徹底し、その結果か否か、早坂から計40億円は借り出したそうだ。史上最もたやすい錬金術だった、と言ったら言いすぎだろうか。

「小林旭が京都の劇場で1カ月公演のさなか、競馬好きの会長が京都競馬場を訪れたついでに見に行ったら、開演後、ピンスポットで会長にライトが当たって、小林が“今日は記念すべき日であります。人生の師、父である最上恒産の早坂会長が陣中見舞いに来てくださいました。いまヒットしている『熱き心に』を、今日はオヤジに捧げます”と言うんですよ。そりゃ、会長も痺れますよ」

 ほかのバブル紳士も、早坂邸に集った。

「会長は“元日は誰も受け付けない”って言ってるのに、ケン・インターナショナルの水野健社長は、ママが言うには国宝級とかいう大島紬を二人に土産に持ってあいさつに来てね。会長はパッと話をして、何十億も融資してた。相応の金利だったと思うけどね。アイチの森下安道さんも、紹介なしでオールダイヤの時計を“名刺代わりです”って持ってきて、会長はバーンと融資してたね」

 だが、そんな時期も長くは続かなかった。西新宿の土地取引について届け出を怠ったため、東京都から警視庁に国土利用計画法違反容疑で告発され、88年、早坂に懲役6月執行猶予3年の判決が下される。

「そんな話が流れると、小林はばったり姿を現さなくなった。北島は“そんなの関係ないよ”と言って、その後も来ていましたけどね。それで会長は怒って、小林に対してカネの回収に入るんだ。でも、40億円のうち20億円はCM出演料ということにして、残りは会長と関係を持ちたい会社が肩代わりしたんだけどね」

 結局、小林の借金はチャラになったのである。

 念のために、事務所を通じて小林旭に確認すると、

「CMに出させてもらっていたこともあって、“オヤジ”と呼んで慕っていたが、1円たりとも借りたことはなく、CMのギャラも2億円ぐらいだったと思う」

 との回答。たしかに、肩もんでカネを引き出したなんて、恥ずかしくて言えるわけもないだろう。


■ママの娘の同級生と


 早坂にくだんの判決が下された88年は、内縁の妻だったママが、娘と一緒に砧の家を飛び出した年でもあった。時はバブルの盛期を迎えていたが、“帝王”としての早坂は、すでに下降の一途をたどっていた。最上恒産の申告所得も、記録的に増益した翌年には前年度の100分の1にしぼみ、再びふくらむことはなかったのだ。

 それでも早坂は意気軒昂だった。ママに愛想をつかされた原因が、その後、林真理子が『アッコちゃんの時代』(新潮文庫)のモデルにした、当時19歳のアッコちゃんだったからだ。

「アッコちゃんはママの娘の同級生で、会長はママの娘とアッコ連れて食事行ったりしてたのよ。でも、あるとき新潟にみんなで競馬見に行ったら、会長はアッコを膝の上に置いて“かわいい、かわいい”といじくり回してるわけ。出張に行った会長を迎えに行っても、グリーン車の出口からアッコと一緒に出てきて、二人がデキてるとわかった。ママの娘は会長に“最近、アッコがおかしいのよ。ケリーバッグ持って、すごい時計や指輪して”なんて話してたんだけど、まさか義理の父が買い与えてるとは思わなかったでしょうね」

 ママの当時の証言によれば、早坂にはほかにも3人の愛人がいたそうだが、

「多少の浮気は仕方ないと考えてたママも、娘の同級生にまで手を出されて、娘の立場で考えたわけ。それで砧の家を出て行き、750億円の財産分与調停申し立てをしたんです」

 それは、早坂が日ごろから「俺の総資産は1500億円」と語っていたことを根拠にしていた。

 実際、全盛期の早坂は数百億から一説には2千億円を動かせたという。300頭の競走馬を抱え、毎週、韓国のカジノに通ったが、過剰融資によって形成された“資産”が、すでに泡と消えようとしていることに、ママは気付いていなかったのかもしれない。

 ママとは、数億円の慰謝料を支払うことで和解したが、最上恒産は93年、1千億円の負債を抱えて倒産。アッコちゃんも、音楽プロデューサーの川添象郎氏のもとへ逃げ去った。

 それでも、かつて「競馬と女だけはやめない」と語った“誓い”を守るかのように、暴力団関係者に追われながらも競馬場通いをやめず、結婚と離婚を繰り返したが、昔日の“帝王”の面影はすでになかった。

 2001年に脳梗塞で倒れ、意識が戻らないまま06年1月25日、帰らぬ人となった。享年70。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)