里見香奈五冠は初の女性棋士に黄色信号 先輩棋士は「1つ勝てば3勝することもある」

里見香奈五冠は初の女性棋士に黄色信号 先輩棋士は「1つ勝てば3勝することもある」

編入試験第2局の里見香奈五冠(提供:日本将棋連盟)

 将棋の里見香奈・女流五冠(30)=清麗・女流王座・女流王位・女流王将・倉敷藤花=が女性初の棋士を目指す「棋士編入試験五番勝負」の第2局が9月22日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われ、132手で試験官の岡部怜央四段(23)に敗れた。8月に徳田拳士四段(24)に敗れた第1局から2連敗となり、編入試験に合格するためには、残る3局を全勝するしかなくなった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■AIの評価値は拮抗


 終局後、里見は「大事なところで間違えてしまい、仕方ない。次は自分の力を出し切れるように頑張りたい」と話した。岡部は「自分から局面を動かした。少し無理気味で難しさを感じた。最後、詰めろ(何もしなければ詰まされる局面。詰めろをかけられると、受けるか王手を続けるしかない。「必死」とか「必至」ともいう)が続きそうで勝ちがあると思った」と振り返った。

 対局は将棋会館で一番格の高い「特別対局室」で行われた。午前10時の開始で先手の里見は得意の中飛車を採用し、自玉を右側へ美濃囲いで囲った。居飛車の岡部は玉を盤の隅に囲う穴熊で応じた。

 持ち時間は各3時間。なかなか戦端が開かれず、中継するABEMAのAIの評価値は午後4時になっても50%ずつと拮抗する。岡部がおもむろに中央から重厚に攻めてきた。里見は見事な受けで冷静にしのいでゆく。攻め切らせてあとは穴熊の敵玉へ襲い掛かるだけに見えた。評価値もほぼ80%で里見優勢と出ていた。里見は敵陣の1段目に飛車を走らせて、ようやく攻めに転じる。

 だが一手で逆転するのが将棋の怖さだ。

 岡部が「6九」に打ち込んだ角への対応を誤ってしまった。「5八歩」で角筋を止めるべきところを、「2七」に金を打ち自玉の上部の銀を守ってしまった。AIの評価値は突然逆転し、岡部優勢を示した。岡部は猛攻を続ける。里見も粘ったが岡部の132手目「7七馬」を見て、将棋盤に手をかざして投了を告げた。もったいなかった。


■無念さを隠しきれない


 今回、ABEMAでは、奨励会で四段に昇段できず、現行制度の編入試験で棋士になった2人目の折田翔吾四段(32)と、8月の名人戦のA級順位戦で藤井聡太五冠(20)を破った菅井竜也八段(30)が交代で解説した。

 菅井は「よく準備していた里見さんが辛抱して、中盤からちょっとずつ優勢になっていた。自陣を強くする2七金は振り飛車党には打ちたくなってしまう手なんです。打たれた角で金が狙われてしまった」と残念がった。里見と同じく少数派の振り飛車党である菅井は「里見さんは人生を賭けて臨んでいる」と話していた。

 終局直後のインタビューでも、里見はすぐに「2七金が……」と口にしていた。敗着だと認識したのだろう。岡部との感想戦もそのあたりを中心にしていた里見は「うーん、うーん」と言葉は少なく、無念さを隠しきれない様子だった。折田は「痛い一敗ですが感想戦でしっかりと検討している里見さんの姿が印象的だった」とポツリ。さらに、「対局しましたがイナズマにやられていました」などと話していたが、菅井も折田も解説しながら内心、彼女を応援している様子が伝わった。


■女性初の編入試験合格なるか


 将棋のプロには棋士と女流棋士がある。

 奨励会で四段に昇段して卒業するか、編入試験で合格することが条件である棋士には、これまで男性しかいない。現行制度の編入試験の受験者は、今泉健司五段(49)、折田に続いて里見が3人目の挑戦者だ。過去2人の受験者はいずれも合格している。今年になって横浜市のアマチュア強豪・小山怜央さん(29)=将棋講師=が、元奨励会員以外で初めて受験資格を得ている。

 島根県出雲市出身の里見は、日本将棋連盟の関西本部(大阪市)を拠点としている。女流タイトル通算49期(歴代トップ)と破格の活躍する一方で、女性として初めて奨励会三段まで昇段した。四段を目指して三段リーグに臨んだが、年齢制限の26歳までに昇段できなかった。しかし、女流棋士も参加できる公式戦で男性棋士たちを軒並み倒し、編入試験の受験資格を突破していた。

 終盤の鋭い攻めから「出雲のイナズマ」と呼ばれるが、本人は「自分はどちらかというと序中盤型かなと思っている」と話している(雑誌『将棋世界』2022年9月号のインタビュー)。男性棋士との公式戦成績は今年度、8勝7敗となっている。ちなみに、いつも眼鏡姿だったが、昨年、ICL(眼内コンタクトレンズ)の手術を受けたそうだ。


■「純粋に将棋が好き」


 女性初の棋士誕生には、残り3戦を全勝するしかない。

 追い込まれた里見と同じく振り飛車党の名棋士・福崎文吾九段(62)=元十段と王座=は、「試験官になった四段の男性棋士は若くて勢いがいい。負けても失うものはないとはいえ、負ければずっと言われるので全力で向かってくる。里見さんはプレッシャーもあってか、6九角を打たれた時、時間にも追われて金を打ってしまい、今度はその金を狙われた。普通に対応しておけば、岡部四段の穴熊は崩れかけて金2枚だけだったので、反撃すれば十分、詰ましに行けたはず。よく守っていたのに残念。自分の将棋をよくわかっている里見さんは敗着もすぐに察したでしょう。野球で投手が失投した瞬間に『しまった』と思うのと同じですよ」と振り返る。

 そして福崎は、「でも彼女は女流タイトル戦も何度も戦った歴戦の人。カド番も経験してきたでしょう。五番勝負は2敗しても1つ勝てば勢いで3勝することもよくあるんです。苦しくはなったけど自分を信じて次からぜひ頑張ってほしい」と応援する。

 感想戦の後、岡部が去った対局場で主催者の単独インタビューに答えた里見は、「中盤は難しい将棋でしたが(中略)一番大事なところで間違えてしまった。玉頭が弱い所だったのでそこの戦いにしてしまったけど、戦場を縦ではなく横から受ける感じで対応していかなければならなかった。大事な受けをまちがえたのがすごく残念」とやはり悔しそうだった。

 それでも意気込みを聞かれると、「たくさんの方に注目されて光栄です。暖かい声援が励みになるので、しっかりと修正して挑めるようにしたい」と前向きだった。対局日は未定だが、次は狩山幹生四段(20)との対戦となる。里見は今年3月に竜王戦の予選トーナメントで狩山と一度対局して敗れたが、200手近い大熱戦だった。

「奨励会に編入した時(2011年)は、棋士になることだけを考えてやってきたわけなんですけども、今はどちらかというとそういうわけではなく、もう純粋に将棋が好きなので、少しでも自分の棋力向上を目指して、強い方々と対局したいという思い、ただそれだけです」(前掲誌のインタビュー)と語る里見。敗戦を糧にして戦ってほしい。
(一部、敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)