国交正常化50周年でも中国大使は田中角栄の墓参りができず…日中関係がこじれた“2つの行き違い”とは

国交正常化50周年でも中国大使は田中角栄の墓参りができず…日中関係がこじれた“2つの行き違い”とは

1972年、中国で周恩来首相と面会した田中角栄

 お盆前の7月下旬。中国の孔鉉佑(コウ・ゲンユウ)駐日大使は、ある総理経験者の墓参りを計画していた。50年前に毛沢東、周恩来と握手し、日中共同声明を発出した総理・田中角栄の墓だ。日中関係を劇的に改善した角栄の功績を讃え、国交正常化50年に少しでも花を添えようとした。しかし、墓参りは叶わなかった。

 ほとんど知られていないが、中国側は同時期に、角栄とともに外務大臣として北京を訪問した大平正芳や、78年に日中平和友好条約を締結した福田赳夫・元総理の墓参りも計画していたが、こちらも実現したという話を聞かない。なぜ3人の墓参りはどれも実現しなかったのか。自民党関係者は、日本側の遺族が望まなかったからではないかと話す。墓参を歓迎するムードが日本国内にないということだろう。

 今月29日には都内で国交正常化50年を祝うイベントもあるが、中国から訪日するゲストもパッとしない。唯一、名前が挙がっている大物は唐家●セン(王へんに旋)・元中国外相だ。作家・司馬遼太郎や有吉佐和子とも交流があった知日家で、流暢な日本語を話す。日中関係の大立者だが、84歳という高齢に加えて最近は病気がちで、訪日は難しい。北京で行われた50周年関連のイベントさえ欠席している。

 オンラインで中国の大物がスピーチするという話もあるが、習近平国家主席の出演はないだろう。


■こじれた日中関係、ターニングポイントは


 50年前、田中角栄は娘の真紀子に「毒を盛られるかもしれないからオマエは連れて行けない」と言い残して、北京へと旅立った。文字通り死を覚悟して切り開いた日中関係は、その甲斐あって、双方の国に熱狂をもたらした。友好の証として上野動物園に送られたパンダには長蛇の列ができ、異国情緒をかき立てるシルクロード文化については、あらゆるメディアが取り上げて大ブームとなった。

 一方の中国では少し間を空けて、文化大革命終了後、日本の高度経済成長に学び、少しでも追いつこうとする機運が盛り上がった。

 当時の日本人から見ると、中国はさながら「貧乏人の子だくさん」的な隣人だった。経済的には豊かではないが、莫大な人口と広大な土地がある。なんと言っても悠久の歴史と世界史に冠たる文明と文化を持っている。高度経済成長を経て裕福になったものの狭い国土と少ない人口、すなわち「金持ち核家族」の日本にとっては、興味津々の対象であった。

 それが今となっては、中国は「金持ちの大家族」となり、翻って日本は、経済は衰退の一途で、少子化は止まらないというないない尽くし。そんな日本に、中国はもはや媚びる必要はない。安倍晋三元総理の国葬にも国交正常化イベントにも現職の共産党幹部が出てこないことは、中国の日本軽視を物語っている。

 この50年でこじれた日中関係は、どこがターニングポイントだったのか。近くは小泉政権での靖国参拝、野田政権での尖閣国有化など数多のできごとがあるが、元を正せば戦争謝罪をめぐる2つの行き違いが、中国側に日本へのネガティブな思想を植え付けた気がしてならない。

 一つ目の行き違いは、50年前の9月25日、角栄が北京に着いた日のことだ。周恩来主催の晩餐会で角栄は、日中戦争をめぐり日本語で謝罪した。

「わが国が中国国民に多大のご迷惑をおかけしたことについて、私は改めて深い反省の念を表明する」

 ところが、この「迷惑」という言葉について、外務省は「添麻煩」という表現で中国語訳をした。これが周恩来の逆鱗に触れた。なぜなら、この中国語は非常に軽い表現で、周が翌日「女性のスカートに水を引っ掛けたときに使う言葉だ」と批判したまさにその程度の迷惑度なのだ。では、誤訳なのだろうか? 角栄の挨拶にはそもそも事前に原稿があった。技術の拙い通訳がその場でミスをしたとは考え難い。ここに外務省としての巧妙な思惑があったと考えられる。というのも、角栄のそれまでの国会答弁などを聞けば、中国に対して強い謝罪の気持ちを持っていることは誰もが知るところだった。しかし、国内の政治事情……日中戦争や太平洋戦争を美化しようとする右派の勢力はまだまだ強く、配慮せざるを得ない。そこで、それらを汲んだ外務省が「添麻煩」という言葉を捻り出したと考えられる。なお、角栄や大平は中国語を解さないので、外務省内の担当者に中国への悪意があったことも否定はできない。いずれにしても、国交正常化の最初の段階で既に綻びが生じていたのだ。


■一体何度謝れば…


 謝罪の行き違いの二つ目は、「遺憾」の表現をめぐるものだ。

 角栄は侵略戦争への反省から周恩来に対して、日中戦争について「はなはだ遺憾だ」と伝えた。6年後、来日した鄧小平に対して昭和天皇も「数々の不都合なことをして迷惑をおかけし、心から遺憾に思います」と述べたとされる。いわゆる戦争謝罪問題で、日本政府もその後、遺憾という言葉を使ってきた。しかし、中国では1989年に江沢民政権が発足して反日運動を強め、遺憾を謝罪の言葉と受け取らなくなってきた。自民社会さきがけ連立政権の村山富市総理はいわゆる村山談話で、「遺憾」から一歩踏み込んで、アジア近隣諸国へのお詫びを明言したが、今度は中国の朱鎔基首相が2000年10月に来日した際、「日本は文書で謝罪したことがない」……つまり口頭だけのお詫びで文書のお詫びがないと畳み掛けてきた。江沢民国家主席よりよほど開明的と見られていた朱鎔基にしてこのような状況なので、日本国内からは「一体何度謝れば気が済むのだ」という反発が広がり始めた。本来は、「どうやって謝罪すれば気が済むのだ」というのが正しい態度だろうが、回数に拘ったことから、謝罪問題でも日中間のすれ違いは大きくなっていく。

 50年という節目に冷め切った日中関係。熟年離婚間際の夫婦を見るようだ。50年前にボタンの掛け違いがあったことはやむを得ない。しかし、その後の友好ムードにかまけて掛け違いを放置した結果、21世紀に入ってから日中双方の政治指導者は、掛け違いをナショナリズム発揚につなげるようになった。靖国参拝、尖閣などなど。永田町では、日中関係を改善しようとする政治家は白眼視され誰も手をつけたがらないと聞く。隣の大国と軍事的に争えば双方が傷つくことは明らかで、火中の栗を拾う勇気ある政治家……正にかつての角栄や大平が永田町に現れることを祈るばかりだ。

武田一顕(たけだ・かずあき)
元TBS北京特派員。元TBSラジオ政治記者。国内政治の分析に定評があるほか、フェニックステレビでは中国人識者と中国語で論戦。中国の動向にも詳しい。初監督作品にドキュメンタリー映画「完黙 中村喜四郎~逮捕と選挙」。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)