“破産宣言”から3カ月で巨額の借金を馬券で完済! インスタントジョンソン・じゃいさんが「東京都議会議員」に訴える「馬券を無税に!」

“破産宣言”から3カ月で巨額の借金を馬券で完済! インスタントジョンソン・じゃいさんが「東京都議会議員」に訴える「馬券を無税に!」

尾島都議とじゃいさん

 今年6月、自身のYouTubeチャンネルで、“破産した”と、衝撃的な告白をして物議を醸したお笑いトリオ・インスタントジョンソン・じゃいさん。高額馬券を的中させ、それを自らのYouTubeなどで公表したところ、税務署から払戻金に対する巨額の追徴課税を請求され、それを支払ったためということだったが――。あれから3カ月。現在じゃいさんは、自らの苦い経験を元に、馬券への課税を撤廃すべく、専門家や支援者を訪ね歩き、訴えを広めている。そんな中で知り合った一人が、東京都議会議員の尾島紘平氏。都議会で財政委員会副委員長を務めたこともある尾島氏も、じゃいさんの訴えに共感する一人だ。お二人に改めて、なぜ馬券を無税にすべきなのかを伺った。


■申告はしていたのに


――お二人は、どういうきっかけで知り合ったんですか。

じゃい もともと共通の知り合いがおりまして、その方に紹介されて。この問題をなるべく多くの人に知ってもらうために、都庁にまで伺わせていただき、お話を聞いてもらいました。

尾島 実は私、競馬はまったくやらないのですが、じゃいさんの考えには深く共感するところがありました。東京都にも大井競馬場がありますし、無関係ではありません。じゃいさんから勉強させていただきながら、今後もこの問題に取り組んでいきたいと思っています。

――そもそもじゃいさんは、ご自身の動画でも、しっかり申告はしていると発言していました。にもかかわらず、なぜ追徴課税の対象となってしまったのでしょうか。

じゃい 馬券の払戻金は、税法上「一時所得」となり、利益が年間で50万円を超えると、所得税の対象となります。その場合、経費として計上できるのは、当たった馬券の代金のみ。ハズレ馬券は経費として認められません。たとえば1億円馬券を購入し、1億5 000万円当たったら、プラス分の5000万円ではなく、1億5000万円に課税されるということです。ただし、営利を目的とする継続的行為から生じたものであれば、「雑所得」という枠での申告もできるのです。そして雑所得の場合ですと、ハズレ馬券も経費として計上できます。


■明らかな二重課税


――つまり、競馬関係のお仕事をされているじゃいさんの場合は、「営利を目的としている」わけですから、雑所得になるのではないか、ということですね。

じゃい そういうことです。「一時所得」で申告していた時期もあったのですが、「じゃいさんなら雑所得でも大丈夫では」、という話を伺い、以来、雑所得として申告していたというわけです。

――それが、「一時所得」という扱いになってしまった。

じゃい 去年の秋ですよ。昼下がりに、二人の税務署署員がやってきて。「調べさせてください」と。それで今年の3月に、両親と妻から借金をして“マンションが買えるくらいの額”を支払い、事実上の破産状態になってしまった。そしてあのような報告をさせいただいた、というわけです。

尾島 じゃいさんのニュースを私も見て、驚きました。一体なんでんなことになったのか、不思議に思いましたね。だって馬券を購入する時点で、すでに税金は取られているのに、さらに課税しているわけですよね?

じゃい そうなんです。払戻金が雑所得なのか、一時所得なのかという議論もさることながら、そもそも論として、馬券を買った時点で、25%抜かれているんですよ。たとえば、尾島さんが100円の馬券を買ったとします。そのうちの25円は、JRAが取るのです。そのうちの10円、つまり馬券代の10%は、税金として国に納められている。現在のJRAの馬券の売り上げは年間3兆円と言われていますから、ざっと年間3000億円が、税金として納められているということなんです。私が訴えたいのは、まさにこの点です。馬券を購入した時点で納税しているのに、なぜさらに納税しなければならないのか。

尾島 誰が見ても、明らかな二重課税ですよね。


■JRAからの仕事が


じゃい 私はすでに税金を払っていますし、そのお金を返してほしいとは考えていません。ただ、この法律は明らかにおかしいと思いましたし、(破産を告白した)動画をあげた直後から、同じように考えていらっしゃるたくさんの方から声をかけていただいて。じゃあ、ということで、不服申し立てをしたのです。実際、私の周りでも、競馬は楽しいけど、馬券への課税が怖いからやらない、という人は多い。また、私の件が大きく報じられたことで、「馬券が当たってももっていかれるだけ」という風潮が広がれば、今また増えつつある競馬ファンも離れていってしまう。大好きな競馬が衰退していくのは自分としても本位ではないので、このように、声をあげていくことにしました。

――じゃいさんの近況についても伺いたいのですが、破産の告白以降、何が一番変わりましたか。

じゃい 一番大きく変わったのは、JRAからの仕事がぱたりとなくなったということ(笑)。札幌競馬場でのイベントの仕事もキャンセルになりました。僕のせいで、JRAに苦情がきてしまったみたいで。まあ、波風立てたくないということなんでしょうね。それもよくわかりますので、仕方ないと思っています。また、民放の競馬関係のテレビの出演もなくなり、一方で、この(馬券の税制)問題を取り上げて下さるニュース番組に、ゲストに呼ばれることが多くなりましたね。


■問題になりそうなくらい


――プライベートでの馬券購入は、続けていらっしゃいますか。

じゃい 基本的には、変わらないくらいで続けています。

――じゃいさんが競馬を嫌いになっていなくてホッとしています。ところで、馬券の調子はいかがですか。

じゃい それが……もうちょっと……また問題になりそうなくらい、調子が良くて……。

尾島 えーーー!

――本当ですか!? 「問題になりそうなくらい」ということは、また、マンションが買えるような額の高額馬券を、ということですか。

じゃい そうなんですよ。

――追徴課税分を支払われた際は、ご両親と奥様から借金をしたとおっしゃっていましたよね。その返済を頑張るというお話でしたが。もしや?

じゃい 実はですね、ついこの間なのですが、その借金も返し終わったんです。

――なんと、すでに完済されたと言うことなんですね。

じゃい はい、おかげさまで…。また詳しい内容については、YouTubeチャンネル「じゃいちゅ~ぶ」でお話しいたします。

尾島 すごいですね。さすがじゃいさんです。

じゃい ありがとうございます。


■ロビー活動


――じゃいさんは、馬券を無税にする活動を始めるにあたり、活動資金の寄付を募っていらっしゃいましたが。

じゃい そうなんですよ。お陰様で、皆様からご支援いただき、550万円ほど集まりました。皆様、ありがとうございました。このお金は、ですので、一旦皆様の元に、お返ししようと思っております。返金の方法なども、また私のチャンネル等でお伝えできればと思っております。

――借金の返済も終わったところで、残すは税制改革ということになりますが。

尾島 税制を変えるのは、とても大変なことですね。しかも、増税ならまだしも、今回は無税に、ということですから、財務省がなかなか首を縦に振るとは思えない。なかなか道は険しいですよ。ただし、やり方はあると思っています。


■一人の声ではない


――どういう道筋が考えられるのでしょうか。

尾島 最終的には、政府の税制調査会にかけて、そこでの了承を得て、国会で議論し、法改正という流れになります。ただ、ここに持っていくためには、とにかく、ロビー活動しかないですね。同調してくれる人を多く集めて、大きな動きにしていくことです。

――そのために必要なことはなんでしょうか。

尾島 まず、じゃいさん一人の声じゃないということをアピールするため、賛同してくださる方々を集めて、団体を設立した方がいいですね。そうすれば、相手方も応じやすくなります。この主張は個人的なものではなく、多くの納税者の意見なんだ、とアピールすることが大切です。

じゃい 実は今すでに、団体を設立するために動いているところなんです。馬券を無税にした方が、必ず、馬券購入者数も増えますし、高額払戻金から課税するよりももっと多くの税収が見込めると思っています。競馬界、そしてこの国の先の先まで考えた上で、絶対に無税の方がメリットがある。このことをもっと広く強く、皆さんに訴えていこうと思っております。

――ありがとうございました。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)