竜王戦第5局で負けても笑顔の藤井聡太五冠 ご当地“ジンジャーエール”にも苦戦?

竜王戦第5局で負けても笑顔の藤井聡太五冠 ご当地“ジンジャーエール”にも苦戦?

藤井2日目の勝負飯「旬のお寿司おまかせ握り」「お茶」(日本将棋連盟提供)

 第35期竜王戦(読売新聞社主催)七番勝負の第5局が、11月25日、26日の両日、福岡県福津市の宮地嶽神社で行われた。3勝1敗でタイトル防衛に王手をかけていた竜王の藤井聡太五冠(20)は、挑戦者の広瀬章人八段(35)に133手で敗れ、対戦成績は藤井の3勝2敗となった。藤井はこれまで七番勝負のタイトル戦をすべて5局目までに片づけており、2敗を喫したのは初めて。初戦を奪われた後は必ず4連勝してきたという記録も潰えた。【粟野仁雄/ジャーナリスト】


■「明日は子どもの誕生日」


 藤井は対局後、「途中からカウンターを狙っていたのですが、そこでうまく受け止められて苦しくしてしまった」と話したが、広瀬とともに大盤解説場に現れてファンにお礼の挨拶した時は、意外にも明るかった。失着で負けたのではないので、改めて広瀬の凄みを感じられた充実の対局という満足感があったのだろう。

 さらに藤井は、「第6局はすぐにあるので、気を取りなおしてコンディションを整えて臨めれば」と語った。

 4期ぶりの竜王復帰を目指す広瀬は、「最後の最後まできわどいと思っていた。一局、凌いだ形」などと対局を振り返った。さらにABEMAの単独インタビューに答えて、「明日は子どもの誕生日なんです。それまでに負けて終わってしまわなくてよかった」と子煩悩な一面を見せた。

 初戦を奪ったものの、絶対優勢の第2局をミスで落とし、「立ち直れていない」と語っていた広瀬は、ここまで3連敗。しかし、見事に立ち直った。第6局は1週間も空けずに、12月2日、3日の両日、鹿児島県指宿市の指宿白水館で行われる。ますます目が離せない。


■一時は勝率70%


 双方が居飛車で飛車先の歩を進めてゆく「相掛かり」となった1日目は、ほぼ互角で戦いを終えた。事前の研究通りだったのか、広瀬は非常に早い指し回しだったのに対し、藤井は長考する場面が多く、8時間の各持ち時間は一時、3時間も差がついていた。

 2日目に開封された広瀬の「封じ手」は、藤井が自陣の香車の前に置いた銀に歩をぶつける「1三歩」だった。そのまま手が進むと少しずつ藤井が優勢となり、対局を中継するABEMAのAI(人工知能)形成判断の数値は、藤井勝利の確率が最大で70%となった。

 しかし、藤井が角成りで攻め込める場面でありながら引いたあたりから、次第に形勢は広瀬優位になってゆく。広瀬にとっては、囲う間もなく「5八」に居るままの自玉を、遠くから狙いすましている藤井の「1四角」が大きな脅威だったが、「早逃げ」を優先せず、ぎりぎりの攻防で果敢に攻めた。逆に藤井は少し手が緩んで、広瀬に付け込まれたようだ。加藤一二三九段(82)は、11月27日付の日刊スポーツ「ひふみんEYE」で、「らしからぬ」と評している。

 だが、いずれにせよ、互いに大きな失着などはなく、がっぷり四つに組んだ手に汗握る素晴らしい将棋だった。


■藤井が見せた笑顔


 広瀬は最後には龍と馬の2枚だけで藤井の玉を仕留め、藤井の駒台には広瀬から奪った金や銀が空しく並んでいた。終局までABEMAで解説していた佐々木慎七段(42)は、「名局だったと思います」と感嘆していた。

 大盤解説場から対局場に戻った両雄は、時には笑いながら感想戦をしていた。子どもの頃は負けると将棋盤に噛り付いて泣いたという藤井。内心は悔しいに違いないが、今回は朗らかな笑みも見せながら駒を並べ直していた。充実の一局にやりがいのある感想戦だったのだろう。逆に、激戦を制して「カド番」を凌いだ広瀬のほっとした表情からは、少し疲れた様子も見てとれた。

 藤井はいつも、それが勝った時でも、「苦しい将棋でした。反省点が多いので課題にしたい」と語ってきたが、謙虚さから言っているだけではないだろう。「たまたま勝っただけで、まったく内容が悪い将棋だった」と本当に思っているのだ。だから、勝利にも全く笑みを見せないことが多い。逆に、今回のように敗れても充実感があると、笑みを見せるのかもしれない。あくまでも想像だが。


■開けられなかった瓶の栓


 さて、今回の大熱戦では、ちょっとしたユニークな出来事があった。

 勝負がヤマ場に差し掛かっていた2日目午後3時の「おやつタイム」で藤井は、菓子類やフルーツなどは注文せず、飲み物だけを2品注文した。このうちのひとつは、飲み口を栓抜きで開ける昔ながらのガラス瓶だった。一見、日本酒の二合瓶のようにも見える。

 瓶とコップと栓抜きが盆に乗せられて出されたところ、藤井はえらく、栓を開けるのに苦労している。ABEMAの動画からは必死に力を入れているようには見えないから、栓の締めが異常に硬かったというわけでもなさそうだ。また、栓を持ち上げる栓抜きの「刃」の部分がすり減っていて滑る、というのとも違うようだ。

 栓抜きを持つ藤井の手つきを動画で見ていると、その使い方がわかっていないように見えた。しばらく格闘していたが最後は諦めて、若い記録係に瓶と栓抜きを渡して開けてもらっていた。

 ひょっとすると20歳になったばかりの藤井は、生まれてこのかた、瓶ビールなどの栓を栓抜きで抜いた経験がなかったのかもしれない。昔はジュースなども瓶だったので栓抜きで開けたものだが、今はほとんどがペットボトルか缶なので栓抜きは不要だ。どんなにたやすい日常生活の行為も、全く経験がなければ苦労するということを目の当たりにした。

 ちなみにこの時、藤井が開けられなかった飲み物は、ご当地の「宮地嶽神社エール」というジンジャーエールだった。まさか、この日、大盤解説をしていた「ダジャレ棋士」で知られる豊川孝弘七段(55)が命名したのではないのだろうが。

「おやつタイム」は、それまで優勢だった藤井に対して広瀬が持ち直し、形勢が五分(ABEMAのAI評価値によればだが)になっていた頃のことだ。その後、広瀬が次第に優勢になり、藤井はとうとう逆転負けを喫してしまったのである。

 年明けから藤井がタイトル防衛に臨む第72期ALSOK杯王将戦(毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社主催)七番勝負では、「永世七冠」のレジェンド・羽生善治九段(52)の挑戦を受けることが先ごろ決まった。羽生はAIを駆使した若手たちの戦法にも遅れずに追随している上、昔の棋士たちのアナログ戦法については「年の功」で藤井より知り尽くしていることだろう。

 両者が初めてタイトル戦で雌雄を決する「夢の対決」で、藤井が羽生のまさかの「アナログ戦法」にやられないか――。「栓抜き事件」は、そんな要らぬ想像までしてしまうほほえましい光景だった。
(一部、敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)