“日本の政治家”がモデルの処女を3億円で落札!? その正体は…

"モデルの処女"を"東京の政治家"が落札か ドイツ売春斡旋サイト、過去にヤラセ暴露も

記事まとめ

  • ドイツの売春斡旋サイトで"モデルの処女"を"東京の政治家"が約3億円で落札したという
  • 独サイト"シンデレラ・エスコート"によると、モデルはアゼルバイジャン出身だそう
  • 同サイトで過去にルーマニア人モデルの処女が落札されたが、モデルがヤラセと暴露した

“日本の政治家”がモデルの処女を3億円で落札!? その正体は…

“日本の政治家”がモデルの処女を3億円で落札!? その正体は…

そもそも処女か!?(アゼルバイジャン出身のモデルのInstagramより)

 ドイツ発で、わが国の政治家が注目を集めている。といっても、政治力ではなく、へそ下三寸の精力の話である。「シンデレラ・エスコート」なる売春斡旋サイトで、「外人モデルの処女」を240万ユーロ(約3億円)という法外な値段で「東京の政治家」が競り落としたという。それは、一体、誰!? しかし、このサイト、なにやらいわくつきでもあるようで……。

 第一報は、英国のタブロイド紙「デイリー・ミラー」(2月21日付)の記事だった。その内容は、〈シンデレラ・エスコートが明かしたところでは、アゼルバイジャン出身のモデル、マブバ・ママドゥザダ(23)が自らの処女をオークションにかけた。家を購入し、母と世界一周旅行をする資金を得るのが彼女の目的〉〈そのオークションが締め切られ、「東京の政治家」が240万ユーロで落札した。2位は200万ユーロをつけたロンドンの弁護士、3位がドイツのサッカー選手で150万ユーロだった〉というもの。

 現地特派員によれば、

「シンデレラ・エスコートというのは、2016年にスタートした売春斡旋サイト。ドイツでは、売春が合法化されています。サイトは、“高級娼婦”“SM嬢”“有名人”などのカテゴリーに分かれていて、写真から女性を選ぶ仕組み。世界中のどこへでも女性を派遣するというのがウリで、最も安いクラスであれば1時間2万円ほどで呼ぶことができます」


■すべてヤラセ!?


 しかも、このサイト、「処女オークション」を名物にしているという。

「昨年は20歳のパリジェンヌの処女が競りに出され、ウォールストリートの銀行家が約1億6千万円で落札と発表されました。その前の年は、19歳のアメリカ人女性の処女にドバイのビジネスマンが約3億円という値をつけています」(同)

 そして、いよいよ「東京の政治家」が、「外人モデルの処女」を手にすることができたというわけだ。

 とはいえ、一体、誰なのか。

 ドイツ事情に詳しいジャーナリストが解説する。

「16年に、18歳のルーマニア人モデルの処女がオークションにかけられました。結果は香港の実業家が約2億7千万円で落札した。ところが、その翌年に、そのモデルが米国のポルノサイトのインタビューで、“すべてヤラセだった”と暴露。シンデレラ・エスコートから“モデルとしてキャリアアップしないか?”とオファーを貰い、プロモーションを引き受けたと明かしたのです」

 つまり、処女オークションは話題集めのための宣伝活動に過ぎなかったということか。結局、「東京の政治家」は存在しないようだが、日本の政治家が欧米では金満エロ親父の象徴と見られていることだけは明らかになった。

「週刊新潮」2019年3月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)