小室圭さん母は今どこに? 籠城半年、音信不通…美智子さまは“来年4月”をご懸念

【眞子さまと小室圭さんの婚約問題】小室さんの母・佳代さんはひたすら自宅に籠もる?

記事まとめ

  • 小室圭さんの母・佳代さんは圭さんが渡米して以降、“消息不明”と報じられている
  • 美智子さまは「(佳代さんの)情報は入ってこないのですか」と焦燥を募らせているとか
  • 地元の住民によると、佳代さんは80代の父に買い物を頼みひたすら自宅に籠っているそう

小室圭さん母は今どこに? 籠城半年、音信不通…美智子さまは“来年4月”をご懸念

小室圭さん母は今どこに? 籠城半年、音信不通…美智子さまは“来年4月”をご懸念

小室圭さんと母・佳代さん

■「美智子皇后」を苛立たせた「小室圭さん母」の沙汰無し(2/2)


 5月1日の御代替わりを前に、なおもくすぶる眞子さまと小室圭さんとの婚約問題――。トラブルの当事者である母・佳代さんは、勤務先の洋菓子店を長らく休んでおり、8月に圭さんが渡米して以降、メディアに“消息不明”と報じられている。

 こうした点に美智子さまも焦燥を募らせておられるといい、「警察出身の側近などに『(佳代さんの)情報は入ってこないのですか』『それを集めて報告するのも、お仕事でしょう』などと、時として苛立ちを露わになさる場面も見受けられるのです」と、御所の事情に通じる人物は明かす。

 ***

 というのも、そのお気持ちの根底には、次のような懸念があるというのだ。

「来年の4月19日には、皇嗣殿下となられた秋篠宮さまの『立皇嗣の礼』が催されます。それまでにこの問題がクリアされていなければ“皇太子待遇”として内外に存在をお示しになりながらも、皇嗣家にはいまだ深刻な問題が根を張っているという事態になる。皇后さまは、その点を最も懸念なさっています。将来のお世継ぎとなる悠仁さまを擁し、今後、皇統が続いていく起点となる皇嗣家の存在を、ことさら重んじておられるのです」(同)

 晴れの儀式の妨げになる状況など、断じてあってはならないわけで、宮内庁関係者によれば、

「この問題に限らず、皇后さまは日頃から『国民の目に皇室はどのように映っているか』という点を、極めて注視しておられます。一例を挙げれば、春季・秋季の恒例となっている皇居乾通りの一般公開。『初日の来場者はどれほどでしたか』などとお尋ねになられます。また最近も、陛下の御即位三十年を記念して2月22日に特殊切手が発行された際に『売り出しの反響はどうですか』と、気になさっていました」

 昨秋、秋篠宮さまがお誕生日会見で述べられた通り、国民とともに歩む皇室を旨とされている皇后さまにおかれても、

〈多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ納采の儀は行えない〉

 とのお考えで相違あるまい。が、そうした状況を迎える可能性は限りなくゼロに近いのだ。


■代わりに実父が


 では、皇后さまが気を揉まれる佳代さんの起居とは、いかなるものか。家族で住んでいた横浜市のマンションから姿を消したとの説がもっぱらだが、さる地元の住民は、こう明かすのだ。

「圭さんが渡米後も、引き続き自宅に住み続けています。職場を休んでいるのは、外に出て騒がれたくないからで、同居する80代のお父さんに食材などの買い物を頼み、本人はひたすら自宅に籠っているのです」

 実際に、自転車に乗って買い出しに向かう佳代さんの実父の姿が、最近でもしばしば目撃されている。

 一連の金銭トラブルについて、小室さんが代理人を通じて「声明文」を発表したのは1月22日。同日、トラブルの相手方である60代男性のもとに、その代理人から話し合いを呼び掛ける内容の書簡が届いていた。

 が、当の上芝直史弁護士に聞くと、

「私は小室圭さんの代理人ではありますが、佳代さんの代理人であるかどうかについてはお答えできません」

 そう木で鼻を括ったような前置きをしながら、

「佳代さんの居所を宮内庁が把握していないという話を、圭さんは耳にしていないと思います」

 などと言うばかり。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「皇族の婚約内定者の実母の居場所を宮内庁が把握していないなど、通常はあり得ません。本来ならば佳代さんの方から宮内庁に伝えればいい話で、つまりは身を隠すことが利益になると考えているのでしょう。居所を隠せばメディアには見つからず、宮内庁にも金銭トラブルの説明責任を果たさずに済むからです」

 とはいえ、

「納采の儀が宙に浮いた状況で、あまりに無責任かつ非常識ではないでしょうか。この状況は1月の小室さんの声明文と重なっていると思います。あの文書も結局、新しいことを何も明らかにせず、佳代さんと同じく問題に真正面から向き合っていませんでした。小室さん母子は足並みを揃え、現実から逃げようとしているのです」

 いたずらに時が過ぎれば、来春の「立皇嗣の礼」の足かせにもなりかねないのだ。

「週刊新潮」2019年3月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)