日本で流行の「国際ロマンス詐欺」 典型的な手口は“箱もの”、発祥の地はナイジェリア

日本で流行の「国際ロマンス詐欺」 典型的な手口は“箱もの”、発祥の地はナイジェリア

ここ数年、世界中で多発しておりついには日本人も被害を受ける事態になっている

 勤務先から現金およそ1千万円を横領したとして、66歳の女性が愛知県警に逮捕された。3月21日付で、朝日新聞などが報じている。

 米戦闘機パイロットの青春を描いた映画「トップガン」、その主演を務めたトム・クルーズも顔負けの迫真の演技を駆使した事件がただいま急増している。その名も“国際ロマンス詐欺”。SNSや出会い系サイトなどで海外の軍関係者を装って近づき、恋愛感情を抱かせて金銭を騙し取ろうとする手口だ。先の横領事件の“容疑者”も、この詐欺の“被害者”だと報じられている。ここ数年、米国をはじめ世界中で多発しており、ついには日本人も被害を受ける事態となっている。

 ***

 2019年1月、福岡、埼玉両県警は、関東在住のナイジェリア人男性3名、カメルーン人男性1名を逮捕した。逮捕容疑は、福岡県に住む50代の女性から現金数百万円を騙し取ったというもの。いわゆる、国際ロマンス詐欺である。

 捜査関係者によると、このメンバーは関東一帯で活動していたとみられ、バックには海外の犯罪組織がいる可能性も含めて、捜査中だという。

 この詐欺の特徴は、被害者の多くが中高年の女性であるという点。フェイスブック・インスタグラム・ツイッターなどのSNSや、ペアーズ・Tinderといった出会い系、婚活アプリが用いられる。海外の軍関係者を装い、恋愛・信頼関係を構築した上で、国際送金を通して金銭を騙し取るのが典型的なパターンだという。

“発祥”は、国際詐欺の舞台になることが多いナイジェリアで、5年ほど前から問題になり始めた。被害は米国に始まり、今ではタイやマレーシアなど東南アジア、そして日本にも広がっているのだ。


■被害額1千万円はザラ、言語学習アプリで狙われる


 国際ロマンス詐欺の被害相談に応じているNPO法人「M-STEP」理事長・新川てるえ氏は、その被害件数について次のように語る。

「2018年5月から同年12月にかけて、私たちが行なったアンケート調査によれば、SNSで外国人と何らかのやり取りをしたと回答した510人のうち、142人が金銭被害を受けていました。そのなかで『箱もの』と呼ばれる詐欺行為に約半数の人が騙されていたことが判明したのです」(新川氏、以下同)

 国際ロマンス詐欺とはこの一連の外国人犯罪の総称であり、箱ものとは具体的に用いられる手口のひとつである。続けて、新川氏は解説する。

「まず、SNSなどを通じて知り合いになった詐欺師が、海外から大金の入ったアタッシュケースや、被害者への高価なプレゼント、金塊などを送ると言ってきます。つづいて、税関職員や配送業者役の人間から連絡があり、『手数料や罰金、書類作成料、保険料を支払わなければ届けられない』と、さまざまな理由をつけて金銭を請求されます。当然、素直に支払っても、その荷物(箱)が届くことはありません」

 新川氏によれば、被害額が1千万円にのぼるケースはざら。なかには5400万円もの大金をだまし取られたという女性も……。

「半年ほど前のケースですが、被害者は50代前半の女性でした。この女性もやはり『数億円の価値があるダイヤモンドを手に入れたが、今は戦地にいる。退役して日本に行くまで預かって欲しい』と言われたそうです。言われるがまま指示に従うと、税関の手数料に加えて、日本大使館に荷物が届いた際の手続き費用、ダイヤモンドの発掘証明手数料などが必要になると言われ、求められるたびに数百万円を振り込んでしまったそうです」

 この女性は、当初こそ犯人に抱いていた恋愛感情から指示に従った。だがやがて、詐欺にあったと認めたくない、元を取り戻したいと必死になってしまい、何度も払うハメに陥ってしまったという。

 とはいえ、なぜこんな簡単に騙されてしまうのか、と多くの人は疑問を持つに違いない。しかし、そこには詐欺師の巧妙なテクニックがあるのだ。

「たとえば、本物そっくりに作った偽パスポートを見せたり、自らの資産を明かして安心させるため偽の銀行口座にアクセスするよう指示したりなど、とにかく芸が細かい。さらに、SNSや出会い系アプリだけではなく、言語学習アプリでも詐欺狙いのアカウントが使われています。利用者の多くは英語を学ぼうと思って登録しているので、不信感を抱かずに接触し、コロッと詐欺師の手口に引っかかってしまうのです」

 初対面の外国人と会話ができる言語学習アプリのなかには、SNSに近いようなサービスを提供するものも。チャット機能などを使って、初対面の外国人と簡単にやりとりができてしまうのだ。


■“商社マン”や“経営者”にも要注意


 日本でも逮捕者が出たことで、国際ロマンス詐欺はテレビや新聞、ネットメディアで大きく報じられ、一挙に世間に認知された。だが、これで一件落着とはいかない。手口が知られるようになると、今後はいろいろな職業を装った詐欺が増えてくるだろうと、新川氏は推測する。

「今回の事件が大きく報じられたことで、軍関係者のアカウントは怪しいということが世間に知れ渡ったはずです。しかし、今回捕まった犯行グループは、日本の情報を海外にいる仲間たちと共有している可能性もあり、次なる一手を考えてくるかもしれません。そうなると、別の国際的業種を装うのでは。たとえば商社マンや外資系企業の経営者、外国人医師など……」

 また、ここまでは主に女性が被害者の例で話を進めてきたが、男性の被害も増えつつあるという。

「被害者のなかには、米軍関係者の白人女性を装った犯人に、600万円も支払ってしまった男性もいます。アンケート結果では、被害に遭っているのは女性が圧倒的でしたが、男性だと恥ずかしくて言えなかったり、もしくは騙されていることに気づいていなかったりすることも考えられます。データ上の被害件数は実は氷山の一角に過ぎず、まだまだ顕在化していないだけかもしれません」

 一度金銭を支払ってしまうと、ほぼ取り返すことが不可能な国際ロマンス詐欺。見知らぬ外国人とSNS上でやり取りする場合、ロマンス気分は禁物なのかもしれない。

取材・文/福田晃広(清談社)

週刊新潮WEB取材班

2019年3月27日 掲載

関連記事(外部サイト)