「人工透析」患者は病院の定期的な収入源 「福生病院」事件に見る“闇”

「人工透析」患者は病院の定期的な収入源 「福生病院」事件に見る“闇”

「福生病院」事件に見る“闇”とは(※写真はイメージ)

■治療再開の意思に病院は応じず…「人工透析」と「尊厳死」(2/3)


 東京都の福生(ふっさ)病院で行われた人工透析“中止”について、院長は「患者ご本人が決めないとしょうがないこと」「フランスやスペインでは、透析患者の死亡原因の20〜25%は透析中止なんです。日本は1%か0・5%と言われている」と語る。その言葉の裏には海外とは異なる「闇」が日本にあることを示唆させる――それは我々が、重い腎臓病を抱えた患者は人工透析を受けざるを得ないという「常識」に囚(とら)われていることに起因し、そこには「カネ」の問題が潜んでいる。

 ***

 まず、福生事件の大前提となっているのは、事実上、苦しい人工透析を受けるか、さもなくば死かという腎臓病患者に突き付けられた二者択一の厳しい選択である。少なくとも、そうした「常識」が流布されている。しかし、それは必ずしも「事実」とは言えない。

 一般に人工透析とひと括(くく)りにされることが多いが、厳密には2種類の透析が存在する。血液透析と腹膜透析だ。世間で人工透析と言う場合は大抵、血液透析を意味し、福生事件でも同様である。この2種類の透析について、日本赤十字社医療センター腎臓内科部長の石橋由孝(よしたか)氏が解説する。

「血液透析は、医療機関で血液を体外に取り出して、透析器を循環させ血中の老廃物や水分を除去し、きれいにして体内に戻します。一方、腹膜透析は、腹部の水が溜まる箇所である腹腔にチューブを刺して透析液を入れ、それを体内に一定時間滞留させることで血液内の老廃物や水分を透析液に浸み出させる。最後に透析液を排出することで老廃物、水分を除去します」

 血液透析は週に3回程度、医療機関に足を運び、透析器につながれたまま、4〜5時間ひたすらじっとしていなければならない。こうした時間的な拘束だけではなく、一旦血液を体外に取り出して体内に戻すという作業を行うため、激しい倦怠感や、血管に針を刺す痛みなど、大きな「副作用」が指摘されている。

 腎臓病予防などの啓発活動を行っている「公益財団法人 石橋由紀子記念基金」の発起人であり、自身も長らく腎臓病を患っている石橋由紀子氏が証言する。

「血液透析は、何といっても血液を体外に取り出すので体への負担が尋常ではなく、透析を終えた後は、毎回マラソンを走り終えたような疲労感が残ります」

 しかも、一度透析を受け始めると、病が完治することはないため、一生、血液透析を受け続けなくてはならない。

「食事制限も課されるので、うつ病になる患者さんが少なくない。絶望感のあまり、1年でも血液透析を止められるのであれば、その先の人生は望まないから死んでもいい、と言う患者さんもいます」(ある腎臓内科医)


■わずか3%の“腹膜透析”


 だが現実には、血液透析を止めることは、1年どころかほとんど間を置かずに死に至ることを意味する。実際、福生事件の女性が血液透析中止後、1週間で亡くなった。

 他方、腹膜透析は自分で透析液を入れ替えることができ、自宅での治療が可能。通院も、腎機能などをチェックするための月1、2回程度で事足りる。

「腹膜透析の場合、透析液と専用の機械さえ持って行けば海外旅行もできます。また、血液を体外に出さないので、透析後の疲労感もありません」(石橋由紀子氏)

 さらに、血液透析では患者ひとりにかかる医療費が年間約500万円であるのに対し、

「腹膜透析は100万円安く済むケースもある」(同)

 腹膜透析にも、腹膜が癒着したりするため永続的な治療ができず、治療期間は10年程度が限界という「難点」はある。しかし、まずは腹膜透析から始めて、苦しい血液透析を「先送り」することができるだけでも、患者のQOL(生活の質)の観点から考えればそれを行わない手はないように思える。血液透析と腹膜透析の併用療法で、血液透析の回数およびそれに伴う苦痛を減らすことも可能だ。

 しかし、日本の透析療法は血液が97%を占め、腹膜はわずか3%に過ぎない。なぜ、「手軽」な腹膜透析が腎臓病治療の片隅に追いやられているのか。その謎を解く鍵のひとつが「カネ」なのである。

 2017年末時点での透析患者数は約33万4千人で、その医療費は1年で1兆6千億円を超える巨額に上っている。その上、

「透析患者は年間5千人のペースで増えているので、毎年250億円ずつ透析医療費は増えていく計算になる」(厚労省関係者)


■血液透析は病院のキャッシュディスペンサー


 超高齢化に伴い、ただでさえ医療費の増大は国家的問題になっているのに、毎年増えていく透析費。だが、医療界からこれを問題視する声はあまり聞こえてこない。一体なぜか。そのカラクリを、石橋由紀子氏が説明する。

「血液透析患者は病院にとっての定期的な収入源であり、経営の安定につながる存在だからです」

 病院サイドにしてみれば、患者をひとり「獲得」すると1年で500万円の「安定財源」を確保できる。しかも、永続的ではない腹膜透析に比べて、血液透析は患者が亡くなるまで永遠に行われるので「長期安定財源」になる。患者を生涯、血液透析に「塩漬け」にすることで、病院側が楽に儲けられるシステムが確立されているのである。

「血液透析は病院にとってのキャッシュディスペンサー(CD)と言う人もいます」(前出の厚労省関係者)

 なぜなら、特定疾病の認定を受けた透析患者の透析医療費の自己負担は月1万円程度で済むからである。つまり、患者が金銭的負担を感じることがないので血液透析に「誘導」することが容易であり、その分を国庫というCDから引き出せるのだ。病院にとってこれほど「おいしい話」はなかろう。その結果、患者は死ぬまで週3回長時間、ベッドに縛られていると考えると……。

(3)へつづく

「週刊新潮」2019年3月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)