悠仁さま「お茶の水中」ご進学 高校は「筑波大付属」、大学は紀子さま悲願の「東大」へ?

秋篠宮悠仁さまがお茶の水附属中へ 高校は筑波大付属、大学は紀子さま悲願の東大へ?

記事まとめ

  • 秋篠宮悠仁さまがお茶の水附属小を卒業され、4月からお茶の水附属中へ進学される
  • これは、紀子さまの悲願である東大への計画が動き出したことを意味するという
  • 小室圭氏を宣伝に利用する米大学と同様に東大も悠仁さまを受け入れたいはずと東大教授

悠仁さま「お茶の水中」ご進学 高校は「筑波大付属」、大学は紀子さま悲願の「東大」へ?

悠仁さま「お茶の水中」ご進学 高校は「筑波大付属」、大学は紀子さま悲願の「東大」へ?

悠仁さまお茶の水女子大附属小学校卒業

■紀子さまの悲願! 悠仁さま東大計画で支度が始まった「高下駄」(1/2)


 秋篠宮悠仁さまがお茶の水附属小を卒業され、4月から附属中へ進学される。これは東大への計画が動き出したことを意味する。成績は中ぐらいとされるが、何よりも紀子さまの悲願で、東大も断る理由がないから相思相愛。「高下駄」まで用意されるという予想図を紹介しよう。

 ***

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(12)は去る3月15日、お茶の水女子大附属小学校の卒業式に出席された。

 平成もそろそろ終わろうとする時代にあって、ホネヌキにされつつある「仰げば尊し」に「蛍の光」で送り出すド定番な1時間強の式だった。

 卒業式の席上、「秋篠宮悠仁」と呼ばれると、マッシュルームカットの悠仁さまは「はい!」と返事して壇上に上がり、校長から卒業証書を受け取られた。アイウエオ順に呼ばれるため、113人いる卒業生の中でトップバッター。その光景を保護者席から見守られる秋篠宮ご夫妻の胸に去来したのは、悠仁さまの6年間のご成長か。

 4月から悠仁さまは、既に報じられたように、同じお茶の水の附属中学校に進学される。若い身空のご本人は、「大学進学などまだまだ先」という心持ちでおられるかもしれないが、この5月に皇位継承順位2位となられるお立場ならなおのこと、今後の進路は国家の針路と重なっている。

「私たちとしては、(東大に)いらっしゃるのかなぁ〜って思っておりますけどね。学習院や慶応に行くなら最初から行っているでしょう。外部受験が必要なお茶大附属という時点で東大なんだと見ていましたし、その認識は今も変わっていないどころか強まっています」

 と、「東大進学」がさも既定路線のように話すのは人文科学系のある東大教授だ。

「さすがに次の次の天皇になる方だったら(東大も)喜んで受け入れると思います。生き残りをかけて必死なんですよ。だからと言って世界ランキングが現状の42位から20位とかに跳ね上がるわけじゃないですが、それこそ小室圭さんを見てください。アメリカのロースクールに行くとなったら、“ウチはケイ・コムロを受け入れた”と宣伝に利用して、奨学金を与える代わりに箔を付けるということが現にあるわけです。同様に東大も悠仁さまを受け入れたいという思惑は絶対にあるはず。それに、ハーバードとかケンブリッジに行かれるよりも良いと、お母上も思っていらっしゃるのではないかと……」

 実際、紀子さまの父である川嶋辰彦さんは東大出身で、弟の川嶋舟氏も麻布大学から東大の大学院に進んでいる。当の秋篠宮さまも、東京大学総合研究博物館で特招研究員をされていて、ご一家には東大と浅からぬとは言えないまでも縁がおありなのだ。

 以下では、これまでの経緯を振り返りつつ、6年後に控えた東大までの道のりを照らし出すことにしよう。


■お忍びで“渋渋”へ


 紀子さまがお茶の水大で研究員をなさっていて、子弟に適用される「特別入学制度」の活用第1号として、悠仁さまは附属幼稚園に入園された。お茶の水が共学なのは中学までだから、この時から「悠仁さまがお茶の水を去る時」へのカウントダウンが始まったのである。

 そんななか、転機が訪れたのは、2016年9月。筑波大とお茶の水大が全学的な連携を図るための協定を締結、附属学校も対象としたのだ。これにより、筑波大附中高とお茶の水附中高との間にも提携校進学制度が設けられ、学力試験なしに双方への転入・転出が可能となった。

 お茶の水の附属小に子供を通わせる父兄によると、

「悠仁さまのご成績は“中ぐらい”とか“割とできる”という風に捉えています。で、紀子さまは、去年の春ごろから“勉強はどうされていますか。塾はどこに通わせていらっしゃいますか”などと、男子生徒の保護者と熱心に情報交換されていました。保護者の間では外部の学校に行かれるのではないかとの噂が流れていたのです。実際、悠仁さまは一昨年の9月9日、東京・渋谷にある通称・渋渋、渋谷教育学園渋谷中学高等学校の文化祭にお忍びでいらっしゃったのは間違いないようです」


■“筑波シフト”


 他方、こう打ち明けるのは、秋篠宮家の事情を知る関係者だ。

「去年の8月中は、国語・算数・理科・社会に加えて他の分野についての『試験勉強』をなさっていました。筑波大附属は音楽、図画工作、家庭の筆記試験、そして体育の実技試験まである。あぁこれは外部進学、少なくとも、例の『提携制度』を使って筑波を狙っている“筑波シフト”なのだなと思っていたのです」

 つまり、お茶の水への内部進学に否定的な動きばかりが窺えたのだ。しかし、その空気が変わり始めたのは昨年11月ごろのこと。

「“どうやら内部進学のようだ”という話が出回るようになりましたね」

 と話を継ぐのは、別の関係者。

「小室さんの母の借金問題が持ち上がった当初は、秋篠宮家として、その問題だけに集中していれば良かった。しかし今後もその問題は長引きそうだということが見えて来て、更にご一家はより重要な皇嗣家という立場に変わり、それに伴ってご公務の負担もより大きなものとなります。悠仁さまも皇位継承順位2位となり、周りの見る目が変わってくる。加えて、学校まで変われば友達・父兄ともども、新たな関係を作って行かなくてはならない。そういった状況にあっては、とりあえず内部進学させ、高校については少し落ち着いた頃に考えようということだと見ています」

 結果、「悠仁さまがお茶の水を去る時」までもう3年の設定がなされたわけだ。

 むろん、晴れて筑波大附属高に進学された後に学習院大へ進まれるコースもないわけではない。この点、学習院のある関係者はこう断じる。

「ウチの人間が嘆いていたことがあります、“(秋篠宮殿下には)一度も同窓会にいらしてもらえない”と。殿下ご自身も、学習院にはあまり良い印象を持たれていないのです。そもそも大学については、学習院ではなく他の大学を希望されていました。しかし、父上である天皇陛下の反対で諦められたのです」

 ならばということで、ここからは「東大への道」に踏み込んで行こう。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年3月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)