「橋本環奈」「葵わかな」CM出演の上場企業でセクハラ スカートの中に“匂い探知機”

橋本環奈をCMに起用した「地盤ネット」のナンバー2が“匂い探知機”でセクハラか

記事まとめ

  • スマホより一回り小さい機械を口や脇、足などに押し当てると数値が出る“匂い探知機”
  • 夏帆や橋本環奈などをCMに起用した「地盤ネット」のナンバー2がこれを悪用したそう
  • 女性社員に“匂い探知機”を強要、腕に唇をつけ、手首から肘あたりまでを舐めたとも

「橋本環奈」「葵わかな」CM出演の上場企業でセクハラ スカートの中に“匂い探知機”

「橋本環奈」「葵わかな」CM出演の上場企業でセクハラ スカートの中に“匂い探知機”

地盤ネットHPより

 昨今、セクハラが取り沙汰されるのは珍しくない。が、今回は新たなやり口である。酒席で女性社員のスカートのなかに「匂い探知機」を入れて……。

「クンクンボディ」なる匂い探知機がある。スマホより一回り小さい機械を口やワキ、足などに押し当てると、スマホのアプリに数値が出る。

 これを、地質調査会社「地盤ネット」のナンバー2である取締役は悪用した。

「地盤ネット」は2008年設立で、12年、東証マザーズに上場。震災などの影響で、家屋の液状化対策として地質調査を複数の会社に依頼する“セカンドオピニオン制”で急成長した。13年からは俳優の神保悟志、夏帆橋本環奈葵わかなといった女優を起用してテレビCMを流している。のちにブレイクする橋本環奈にとって、これが初の全国CMであった。

 そんな会社のナンバー2が女性社員のスカートのなかを調査するとは。事情通は次のように明かす。

「昨年9月、取締役が女性社員2名を誘い、飲みにいったんです。東京駅近くの居酒屋の半個室で、下請け会社の男性3名も参加して都合6名。そこで下請け会社の1人が匂い探知機を出すと、取締役は女性社員に、スカートのなかに入れろと言いはじめたのです」

 夏で汗もかいていることから、女性社員は“嫌です!”と抵抗したものの、

「もう1人の女性がやったので彼女も仕方なくやりましたが、数値は上がらなかった。すると、“服のなかに入れて胸に当てろ”となり、しまいには男性陣の股間に当てさせられました」


■社長も…


 ナンバー2はそれだけでは満足しなかったのか、

「半袖の女性社員の腕に唇をつけはじめました。彼女が混乱して固まっていると、突然、手首から肘あたりまでを舐めたのです。彼女はトイレに逃げ、腕を洗いながら泣いていたそうです」

 この一件からほどなく、女性社員は辞めた。事情通が続ける。

「出社して取締役を見ると気分が悪くなり、吐き気をもよおすようになったのです。彼女は退職後、迷った末に弁護士に相談し、今年1月末、謝罪と慰謝料500万円を求める内容証明を取締役宛てに送りました。しかし、“取引先が匂い探知機を持っていたのは憶えているが、使うよう強要した事実はない”と回答があったきり。あまりに不誠実なので、彼女は警察に被害届を出す意向のようです」

 実は、この会社のセクハラ体質はこれだけではない。トップの社長も然り。女性社員へのレイプ未遂だという。会社幹部に、社長は〈セクハラ問題を起こしてしまいました〉とメールしている。17年7月の飲み会で起きた問題として、

〈会場に行く途中で皆んなとはぐれ山口さん(仮名)と2人で行動してた事から手を握ったりハグしたりと次第にエスカレートしてきました。服の上からでありますが、胸やお尻を触ったりして、最終的にはホテルに行こうと誘いました〉

 山口さんも、すぐに退社した。自らの罪を告白した社長は自宅謹慎となったが、いまでは復帰している。

 上場企業としての“地盤”が沈下してやいまいか。

「週刊新潮」2019年3月28日号 掲載

関連記事(外部サイト)