「令和」の発音は4種類! 菅官房長官と安倍首相で違う発音、一般的なのはどっち?

「令和」の発音は4種類と言語学者 菅義偉官房長官と安倍晋三首相の発音にも違い

記事まとめ

  • 4月1日、菅義偉官房長官が平成に代わる新元号を「令和」と発表した
  • 「れいわ」の発音は4種類考えられると言語学者の山下好孝教授は言う
  • 山下教授は、菅官房長官と安倍晋三首相の2人は、令和の発音がそれぞれ違ったと指摘

「令和」の発音は4種類! 菅官房長官と安倍首相で違う発音、一般的なのはどっち?

「令和」の発音は4種類! 菅官房長官と安倍首相で違う発音、一般的なのはどっち?

談話を発表する安倍総理

■明治は「めいじ」か「めーじ」か?


 政府は4月1日、平成に代わる新元号を「令和」と決定し、菅義偉官房長官が発表した。その後、安倍晋三首相も記者会見を開いた。そして、この令和を、あなたは何と発音されるだろうか?

***

 振り仮名は当然ながら「れいわ」の1種類しかない。ところが発音となると違ってくる。言語学者の山下好孝・北海道大学高等教育推進機構留学生センター教授は「4種類の発音が考えられます」と言う。

 第1点は「れいわ」と「れーわ」だ。これは令和に限ったことではなく、「明治」でも2種類の発音が併存する傾向がある。「明治安田生命」は「めいじやすだせーめー」、「明治時代」は「めーじじだい」と口にする人が多い。

 第2点は令和の「れい」を、「lei」とLの音で発音する人と、「rei」とRの音で発音する人の違いだ。

「日本人が英語を喋る際、LとRの発音が区別できず、誤解を招いてしまうという話を聞いた方は少なくないでしょう。例えば、レストランで『米(rice)』を注文すると、『シラミ (lice) 』と聞こえてしまって怪訝な顔をされたとか、『大統領選挙(presidential election)』と喋ったつもりが、『大統領の勃起(presidential erection)』と口走ってしまったりという具合です。ところが私たちも、日本語のラ行を発音している時、LとRを使い分けているんです」(同・山下教授)

「ラ行音」は単語の先頭に出るとL、単語の中に入っているとRになるという大まかな法則性がある。「ラジオ」のラがL、「テレビ」のレがR。「ラーメン」のラがL、「札幌ラーメン」のラはRというわけだ。

「とはいえ、法則に例外は付きものです。LとRの使い分けは、日本人の場合、結局は人それぞれというのが実情です。いずれにしても、これで令和の発音は4種類になることがお分かりいただけたと思います。ローマ字で書いてみれば、『leiwa』(Lの「れいわ」)、『leewa』(Lの「れーわ」)、『reiwa』(Rの「れいわ」)、『reewa』(Rの「れーわ」)、となるわけです」(同・山下教授)

 更に「れいわ」と「れーわ」の違いだが、日本語における一般的な発音となると、「れーわ」のほうだという。

「『れいわ』を丁寧に発音しようとすると、『れぇいわ』と英語の二重母音に近い発音になります。そして学術的には乱暴な表現かもしれませんが、一般的な日本語は二重母音を避けます。高知弁などは『先生』を『せんせぇい』と二重発音のように発音しますが、これは極めて珍しく、非常に保守的だと思います。だからこそ日本語の研究家の間では広く知られた話なのです。普通は『せんせー』と伸ばしますし、関西弁に至っては『センセ』と最後の母音を省略してしまいます」(同・山下教授)


■安倍首相は「れいわ」か「れーわ」か?


 ところが、この「日本語は二重母音を避ける」という伝統が、最近は崩れつつあるという。

「その理由は2つあります。1点目は英語が義務教育で普及し、英語教育の低年齢化も進んでいるためです。『取る』という意味の“take”は、『てぇいく』と発音する。これを中学生の時から、何度も反復して覚えます。2点目は、近年のヒット曲に二重母音が目立つことです。2002年に平井堅さんが『大きな古時計』をカバーして大ヒットしましたが、『とけー』ではなく『とけぇい』など、ほとんどが二重母音でした」(同・山下教授)

 こうして元号なら「平成」を「へーせー」ではなく、「へぇいせい」と発音する若い人が増えているという。

「3つ目の理由に『Hey! Say! JUMP』の発音があるというのは、半分冗談ですが、半分は本気です。いずれにしても、二重母音が日本でもポピュラーになって来ており、そのために次世代の人々が『れぇいわ』と発音すると考えられます」(同)

 いずれにしても、令和における4つの発音パターンのうち、最も一般的なものは「leewa」(Lのれーわ)だ。そして山下教授は、菅官房長官と安倍首相の2人は、令和の発音がそれぞれ違ったと指摘する。

「何度も会見を伝える動画でチェックしましたが、菅官房長官は最も一般的な『leewa』を発音していました。一方、安倍首相はアクセントを最初の音節に置いた『r?ewa』でしたね」(同)

 菅官房長官は、新元号が令和であるという発表を担った。まずは令和を全国民に紹介しなければならない。新元号は一拍の間、つまり“ポーズ”を置いて発音された。

「ポーズを空けたことで、令和の『れ』がフレーズの先頭に置かれました。こうして菅官房長官は一般法則通りのL音で『れーわ』と発音したわけです。菅さんと言えば、冷静沈着な女房役というイメージがあります。会見での発音は、そのイメージとぴったり合うものだったと思います」(同)

 続く安倍首相は会見で、令和の意味や歴史的経緯を説明した。太宰府があり、梅花の宴があり、大伴旅人が登場する。格調は極めて高い。そして言い間違いが許されない場所であることは言うまでもない。

「安倍首相は『テ“レ”ビ』のように、弾き音のRの音で『れーわ』と発音しました。これは舌が口腔の上に付く発音法です。極端にするとスペイン語になります。『オーレ!』と声に出してもらうと舌の動きが実感できるはずです。首相は英語が得意だと伝えられています。ひょっとするとローマ字表記の『reiwa』に引っ張られて発音されたのかもしれません。ただ基本的には『丁寧に発音しよう』という緊張感、そして国民に呼びかける高揚感などといった心理を読み解ける『r?ewa』だったと思います。会見の終盤では落ち着かれたのか、菅官房長官のようにL音で『れーわ』と一般的に発音する時もありました」(同)

 安倍首相の「r?ewa」は、日本語は二重母音を避けるという現在のルールには従っている。保守をもって任じる政治家に似合っていたわけだ。

 一方で、その発音は英語に引っ張られた可能性も浮上したことになる。この指摘、首相の外交姿勢を「従米ポチ」と批判する人々には、特に興味深く響くのかもしれない。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月3日 掲載

関連記事(外部サイト)