「しつけを法規制」の是非――“愛の鞭”か“暴力”か、綺麗ごとで済まない子育て

「しつけを法規制」の是非――“愛の鞭”か“暴力”か、綺麗ごとで済まない子育て

“愛の鞭”か“暴力”か?(※写真はイメージ)

■家庭のしつけを法規制という暗愚(2/2)


 3月19日に衆院に提出された児童虐待防止法と児童福祉法の改正案は、「親による体罰の禁止」と「児童相談所の機能強化」がその要点である。東京都目黒区の船戸結愛ちゃん、千葉県野田市の栗原心愛さんが犠牲となった二つの虐待死事件を振り返れば、生き地獄と化した「家庭」から救い出してあげたいと思うのは当然かもしれない。

 一方、識者からは家庭でのしつけを法で縛ることに是非の声も(前回参照)。元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男・東洋学園大学客員教授は、これらの事件について“父親の行為はしつけではなく暴力”としたうえで、

「ただ、法律によって家庭内での体罰を一律に禁じることには首を傾げざるを得ない。このご時世、体罰を禁止すれば世論の支持も集めやすいとは思います。しかし、重要なのは、法改正が本当に子どものためになるのかということです」

 と、今回の法改正には異論を唱える。

 ***

 知識や経験に乏しい子どもたちが、善悪の分別がつかないまま道を踏み外してしまうことは珍しくない。

「そんな時に、“子どもを信じて丁寧に説明すれば分かってくれる”などというのは偽善にしか思えません。教育は“強制”から始まるのです。時にはゲンコツを振りかざすことも大切でしょう。私が通った防衛大学校では敬礼の仕方から礼儀作法まで徹底して“型”を教え込まれました。規則に違反した時には、先輩から腕立て伏せを命じられたこともあります。ただ、その先輩は私と一緒に腕立て伏せをしてくれました。いまの基準に照らせば一種の体罰なのでしょうが、愛情を持って接してくれていることは十分に理解できた」

 織田氏はこうした「愛の鞭」と「暴力」を混同すべきではないという。

「イギリスでは長らく、上流階級の子弟が通うパブリックスクールで鞭の使用が認められてきました。子どもを傷つけない程度の鞭打ちを容認してきたのは、マレーシアやインドネシアも同様です。これらを“暴力”と呼ぶのなら、寺社で座禅を組んだ時に僧侶から警策で叩かれることも“暴力”に当たるのではないか」

 一方、人権に敏感なアメリカでは70年代に学校内での暴力や薬物の蔓延、学級崩壊が社会問題化した。

 そこで登場したのが、割れ窓理論を踏まえた「ゼロ・トレランス方式」だ。端的に言えば、学校が詳細な罰則規定を定め、違反者には容赦なく処分を下す教育改革である。この施策がアメリカの教育現場を立て直したと評価する声は少なくない。

「ただ、そこまで冷徹な方式は日本には馴染まないと思います。そうではなく、ひとりひとりの親が愛の鞭とは何かを考え直す必要がある。国家が法律で画一的に体罰を禁止すれば親は思考停止に陥るだけです。そうなると親は子どもの教育を投げ出してしまい、ネグレクト、いわゆる育児放棄が増加しかねません」(同)


■戸塚校長は…


 続けて、よりストレートに体罰の必要性を説くのは、言わずと知れた戸塚ヨットスクール校長の戸塚宏氏。

 戸塚氏は「体罰を禁止するような法律そのものが暴力的」と断じる。

「体罰を絶対悪として排除するのはあまりにも浅はかでバカな考え方ですよ。子どもには体罰を受けて進歩する権利がある。子どもが悪さをするのは大人をテストしているからです。どこまでやれば叱られるのか、とね。これを放置しては話にならない。怒鳴りつけて引っ叩くことで子どもは善悪の境界線に気づき、倫理観が芽生えるわけです」

 時に独自の教育法が物議を醸してきた戸塚氏だが、確かなのは、いまも彼のスクールに駆け込んでくる親が絶えないことだ。

「多くの親は自分が未熟であることを自覚して、せめて子どもだけでもしっかり育てたいと願ってやってきます。うちを訪れると、どんないじめっ子でも、スパルタ教育を受けたことでいじめに不快感を覚えるようになって、最後はきちんと挨拶のできる子に育つ。とりわけ、うちで教えているヨットやウィンドサーフィンは常に自然の恐怖や危険と隣り合わせ。命を守るためにも、間違った態度や行動には体罰をもって当たります。このようなしつけは本来、家庭でしっかりと行うべきだと思います。それなのに、体罰禁止などという綺麗ごとが家庭に押しつけられたら、意志の弱い子どもはいよいよダメになりますよ」

 戸塚氏ほどではないにしろ、しつけから体罰をシャットアウトすることに疑問を感じる向きも少なくあるまい。子を持つ親にしてみれば、子育てが「綺麗ごと」で済まないのは自明の理である。


■子どもと一緒に成長する


 家庭内の体罰と聞いて、評論家の徳岡孝夫氏はある記憶を思い起こしたという。

「幼い孫娘を伴って公園を訪れた時のことです。私が目を離したすきに、孫娘が滑り台の手すりの部分に跨って、いまにも落っこちそうになっていた。すぐに駆けつけた私は孫娘を叱りつけ、咄嗟にお尻を2回ほど叩きました。彼女は驚いてワンワン泣いていました。私が孫娘に手をあげたのは後にも先にもその一度きりです。この行為が体罰と言われても、私は後悔していません。幼い子どもが命にかかわるような危険な行為を仕出かした時に、毅然とした態度でお尻を叩くのは、むしろ家族の務めではないか。幼い頃に示しをつけておかないと大人になって困るだろう、そうした親心に裏づけられたゲンコツだってあるのです」

 これに首肯するのは脚本家の橋田壽賀子氏である。

「女学校時代に、制服のプリーツを増やすことが流行ったんですね。ただ、朝鮮で仕事をしていた父親が久々に帰国した際、何も言わずに制服の上着をビリッと破いた。父が本気で怒っていると感じて、すぐにプリーツを元に戻しました。また、授業中に娯楽雑誌の『キング』を読んでいたのを先生に見つかり、母が呼び出されて注意されたことも。母は私を家の柱に括りつけてね。もう謝るしかなかった。父母の行いはしつけのための体罰だったと思います。子どものうちは言って聞かせるだけではなかなか響かない。親に行動で示されて初めてハッとする場合もあると思います」

 政府は今後、法改正で禁じる体罰の範囲を検討する予定だ。そこで参考とされるのが、文部科学省が定めた通知である。そこには体罰に該当する参考事例として〈立ち歩きの多い生徒を叱ったが聞かず、席につかないため、頬をつねって席につかせる〉などが挙げられる。仮に、家庭でも〈頬をつねっ〉たくらいのことで体罰の誹りを受けるのであれば、孫娘のお尻を叩くことや、子どもを柱に括りつけることが法律違反に該当する可能性は高い。

 だが、冷静に考えれば、これらはいい大人が目くじらを立てるような話とは思えない。

 加えて、子どもが非行に走ったり、犯罪に加担しようとした時、体を張って戒めるのも親の役割であろう。

「親は子どもと一緒に成長するものです。それなのに、法律が親の役割を抑え込むのはいかがなものか。法律が遵守されても、人間らしい人間が育たなくなるのでは本末転倒です」(徳岡氏)

 ため息しか出ない今般の法改正。秩序を保つための法が家庭を壊しては話になるまい。

「週刊新潮」2019年4月4日号 掲載

関連記事(外部サイト)