“令和は国書から初選出”に「昭和天皇」歌の指南役が異議 安倍首相の拘りが…

“令和は国書から初選出”に「昭和天皇」歌の指南役が異議 安倍首相の拘りが…

安倍首相の拘りが…

〈初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ〉

 日本最古の歌集『万葉集』巻五の序文を典拠とする「令和」。日本の古典から初選出と政府は喧伝するが、

「歌の大和ことばでなく、漢詩的な表現から取られているので、その点では今までと変わらない気もします」

 と、昭和天皇の作歌指南役も務めた国学院大学名誉教授の岡野弘彦氏(94)は総理の本懐に異を唱える。

「あの頃は中国の漢詩、漢文に憧れがある時代。西洋にかぶれるのと一緒です。大宰府(序文に続く歌が詠まれた場所)は当時、大陸から漢学が入ってくる場所でした。あの序自体には、そんなに深く読み解くべきものはない。書いた人間が外来文化が好きで、自己満足みたいな表現ですから。(新元号を選ぶにあたって日本の古典に)拠り所が欲しかったんでしょうけど、うーん」

 新元号の考案者は国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏でほぼ確定だ。なぜ首相は日本の古典、特に万葉集に拘ったのか。政治部デスクは、首相と公私に亘って関係の深い笹川陽平日本財団会長の存在を挙げる。

「笹川さんはかねて、新元号は日本の古典に典拠を持つべきと訴えていた。愛読書の一つが万葉集なんです」

 実際、笹川会長は、

「私が発言していたように中国の古典からではなく、日本の古典から選ばれたことは初めてのことであり、喜んでいます。新元号が国民に広く愛されることを願っております」

 だが先の岡野氏によると、

「『令』という字からは、どうしても冷たい印象を受けます」

 無理が通れば、道理が引っ込む?


■「令和さん」の脳裏によぎった胸騒ぎ


 では、日本中の「令和」さんは、新元号が発表され、どんなお気持ちなのだろう。

「テレビで見て“なんでワシの名前が出てくるんや?”って思いました。兄弟や知人からじゃんじゃん電話がかかって来て“おめでとう!”って言われましたが、応対が大変なだけですわ」

 そう言うのは、兵庫県在住の仲西令和(よしかず)さん(81)である。

 もう一人、皇太子さまと誕生日まで同じというのは、東京・杉並区の山岸令和さん(72)である。こちらは「のりかず」と読む。もっとも、名前の由来は万葉集ではなくて、

「私の名前には“命令に従って和をもたらす”という意味がこめられています。軍人だった父親が、易者からつけてもらった名前でした」

 神奈川県藤沢市の大塚令和君(12)の読み方は、今風に「れお」だ。

「今年から中学生になるのですが、自己紹介で“次の元号と同じ字を書きます”と言えるので、ひとつネタが出来て良かった」

 と、嬉しそう。

 むろん、時代と名前が一致するという大きな重圧も感じているに違いないが、もっと複雑なのは、早稲田大学政経学部長の川岸令和(のりかず)教授。川岸氏は、マスコミからの問い合わせに、大学の広報課を通じて「お話しできません」とそっけない。

「心中複雑なものがあるのでしょうね」

 とは、早稲田の関係者である。

「川岸先生は、護憲派として知られ、憲法改正反対の共同声明に名前を連ねてもいます。改憲派の安倍政権が名づけた元号と同じ名前と知って、大喜びとはいかないでしょう」

 新元号、嬉しくもあり、嬉しくもなし。

「週刊新潮」2019年4月11日号 掲載

関連記事(外部サイト)