上野千鶴子の東大「性差別」祝辞を元東大総長らはどう聞いたのか

上野千鶴子の東大「性差別」祝辞を元東大総長らはどう聞いたのか

東京大学安田講堂

 現在、東大入学式での祝辞が話題の的になっている。ジェンダーフリー論者の上野千鶴子・東大名誉教授(70)が新入生に向けて、大学での「性差別問題」を盛り込んだ祝辞を述べたのだ。その結果、メディアやネット上で、賛否両論が巻き起こる事態に発展した。

 新入生約3100人が出席した東大の入学式は、4月12日、日本武道館で行われた。その晴れの場で、「女性学」や「ジェンダー研究」の第一人者、上野名誉教授が述べた祝辞が反響を呼び、現在、侃々諤々と意見が交わされている。

 掻い摘んで、その祝辞の内容を紹介すると、冒頭、女性差別が明るみに出た東京医科大の不正入試問題や他の私大医学部でも男子学生の合格率が高いことに言及。そのうえで、東大においても女子入学者の比率が長期にわたって「2割の壁」を超えていないことなどを挙げ、大学入試には「性差別」が存在することを列挙した。

 それに続いて、上野名誉教授曰く、

〈そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コンで東大の男子学生はもてます。東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学…」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです〉

〈なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです〉

 つまり、東大ブランドは男子学生にとっては自慢になるものの、女子学生にとっては隠しておきたいものになってしまっているというのである。

 さらに、

〈これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです〉

 とりわけ女子学生に向けて、世間は性差別に満ちていることを示しているわけだ。

〈あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったことを忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからです〉

〈女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です〉

 などと持論を展開し、最後は、

〈ようこそ、東京大学へ〉

 と締め括っている。


■トレンド入り


 この上野名誉教授の祝辞がメディアで報じられると、ネット上では賛否両論が巻き起こった。その結果、ツイッターでは、「上野千鶴子」というキーワードがトレンド入りするほど。

 その書き込みを見てみると、例えば、

〈上野千鶴子さんの東大祝辞。思わず涙が溢れてきた。女性に求められる「かわいい」に苦しめられ、それに適応しようと頑張った結果自分を見失ってたなあと〉

〈私は単純にかっこいいと思ったよ。あえて、言葉にしたことに意味があると思う。日本にもこういう人が居たんだなって、嬉しくなった。まだまだ、捨てたもんじゃないじゃん日本!!って〉

 と、絶賛するものから、

〈大学の入学式すらイデオロギーの道具にするか〉

〈何が言いたいの? 男女平等、女性は不利とか、祝辞に言わなくちゃならないの? 上野千鶴子の持論を祝辞で言わないで欲しい。男女平等訴えるなら、国会議員にでもなって、世論に訴えればいい。場違いな祝辞〉

 などの批判的なものまで、議論は沸騰中である。

 少なくとも、東大入学式の祝辞がこれほど世間の関心を集めたのは前代未聞に違いない。

 では、上野名誉教授のかつての「上司」、東大の小宮山宏元総長(2005年〜09年)は、彼女の祝辞をどのように聞いたか。

「本当に素晴らしい祝辞でした。そもそも、世の中には、男と女が半分ずついるわけです。そして、昔のように男が外で働いて、女が家事をするという時代ではなくなりました。女性も社会のなかで働き、自身の役割を果たしたいと考える人が増えるのは当然のことです」

 だが、日本では女性の社会進出が世界に比べて、立ち遅れているという。

「3年前、ヒラリー・クリントンが女性初の米国大統領候補になったとき、女性が出世するには打ち破れない壁があるという意味で“ガラスの天井”という言葉を遣いました。結果的に、彼女は大統領にはなれませんでしたが、“ガラスの天井”に大きなヒビを入れたのは間違いない。また、ヨーロッパでは、閣僚の半数以上が女性という国が少なくありません。翻って、日本はどうですか。男女平等という分野において、本当に進歩していないのです」(同)

 2015年、国連でSDGsなる「持続可能な開発目標」が採択され、そのうち、日本が圧倒的に低い評価なのが「ジェンダー問題」なのだという。

「だからこそ、上野先生はあえて、そのジェンダー問題を入学式で取り上げたのではないでしょうか。やはり、これまで受験勉強にばかり没頭していた新入生がハッとするようなことを言わなければ意味がありません。そういう面からも、上野先生の祝辞は出色ではなかったかと思います」(同)

 実際、東大にはあからさまな性差別があるのか。

『ルポ東大女子』の著書もある教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏によれば、

「東大の女子学生は男子学生を立てるために、学内ではバカなふりをすることもあるそうです。何か議論になったときも、やはり東大にはプライドの高い男子が多いわけです。もし、論破したとしても、後々、面倒くさい。ですから、彼女たちは、議論をしていても途中で折れてバカなふりをすると言っていました」

 上野名誉教授の祝辞は、女子学生に「あなたたちだって“弱者”の側にまわることもあるのよ」と当事者意識を持たせるものだったという。

「世の中には女性差別に限らず、自分の力だけではどうしようもないことや不条理があることを気づかせようとしている。それは、現代社会で足りていない視点です。そこにスポットを当てた画期的な祝辞だと言えます」(同)


■偏り過ぎ


 一方、小宮山元総長と同じく東大総長経験者でも、まったく別の意見をお持ちの方もいる。

 小宮山元総長の3代前の吉川弘之元総長の話。

「大学受験というのは、本来、一人でがんばってきた人の方が多いはずです。でも、上野さんは、がんばったら報われると思えるのは環境に恵まれているおかげだと主張しています。この論理だと、東大に入れなかった人たちは、“周囲に恵まれていなかったからダメだったんだ”と考えるようになってしまいます。上野さんは、東大受験に努力する人たちに対して悪いメッセージを与えたことにならないでしょうか」

 また、評論家の呉智英氏は、

「上野さんが祝辞で述べたことは、エリートにおいての小さな格差でしかありません。Cランク以下の大多数の学生からしてみれば、男女格差の前に学歴格差が立ちはだかっているわけです。ですから、東大生以外の人間には、所詮、エリートの世界での話で、現実的ではない建前論にしか聞こえないのではないか」

 最後に、差別を受ける立場とされる女性の側から話を聞いてみよう。

「渡る世間は鬼ばかり」などの脚本家、橋田壽賀子さんは次のような意見である。

「私、その祝辞を聞いて、ちょっと偏り過ぎていると思うし、女性をバカにしているとも思いました。ちゃんと妻の務めも果たし、仕事をしている人もいる。そんな心配してもらわなくても大丈夫です。そもそも、私は女性が社会に出て働くことが必ずしも良いことだとは考えていないの。家庭で亭主や子供の面倒も見られない人が外に出て働いて、社会のためになりますか」

 男性と女性は根本的に違い、男性には男性の、女性には女性の生き方があるという。

「やはり、結婚をしたら家庭を優先するのが、女性の運命です。もちろん、平等であることは大事よ。でも、男と女は生き方が違うから、価値観も違うわけです。それを一括りにして、“男女差別に苦しみながら、これからやっていきなさい”と言う上野さんの気持ちが本当にわからないのよね」(同)

 かつて、かのマザー・テレサは、

〈なぜ、男性と女性がまったく同じであると考え、男女の素晴らしい違いを否定する人たちがいるのか理解できません〉

 との言葉を残した。

 男性と女性との間に違いがあるのは紛れもない事実。

 それを踏まえたうえで、この祝辞をどう受け止めるべきなのだろうか。

「週刊新潮」2019年4月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)