天皇皇后両陛下の「サイパンご訪問」秘話 関係者に明かされた“鎮魂への思い”

天皇皇后両陛下の「サイパンご訪問」秘話 関係者に明かされた“鎮魂への思い”

天皇、皇后両陛下

 天皇陛下のご退位まで、残すところあとわずか。そのご足跡を振り返るとき、世界各地をご訪問される「慰霊の旅」でのお姿が、強く印象に残る方も多いのではないだろうか。慰霊目的としては初の海外ご訪問となったのは、2005年のサイパンの地だった。その滞在中、陛下が吐露されていたという、知られざる「鎮魂」への深い思いとは――ノンフィクション作家・山口由美氏の手になるレポートを、今回、あらためてご紹介したい(以下、肩書などは2009年掲載時のもの)。

 ***

 初めての慰霊目的の海外ご訪問として、天皇皇后両陛下を迎えたサイパンは、その時、上を下への大騒ぎだったという。訪問地の集中する島の北部は全面通行禁止。小さな南の島には、米本土からシークレットサービスが大挙して送り込まれ、防弾仕様の専用車まで配備された。
 
 いまから65年前の1944年6月15日、米軍がサイパンに上陸。民間人を巻き込んだ激戦の末、旧日本軍は玉砕。米軍による占領宣言が7月9日であった。
 
 天皇皇后両陛下のご訪問も6月。2005年6月27、28日のことである。戦後60年の節目に、ようやく実現した念願の慰霊は、今年4月のご成婚50周年をめぐる報道でも、沖縄訪問などと共にとりわけ意味深い旅と位置づけられていた。緊迫した空気に包まれる中、滞在2日目、天皇は予定外の行動をなさる。バンザイクリフ、スーサイドクリフなどを訪問された後、車が向かったのは、予定になかった朝鮮半島出身者の慰霊碑「太平洋韓国人追念平和塔」だった。
 
 当時、サイパンでは、両陛下ご訪問に際して、韓国人の反対活動が激しかった。抗議活動自体は、事前に封じ込められていたが、しかし、反発の感情は残っていた。それを一掃したのが、この韓国人慰霊碑訪問であったと言われている。
 
 緊張感漂う中での覚悟の慰霊。わずか2日間の滞在における一度限りの夜、宿泊先のホテル日航サイパン(現・パームスリゾートサイパン)で、非公式の夕食会が開かれた。外務省、宮内庁関係者のほか、招待されたのは4人の在留邦人だった。
 
 当日のテーブルは二つ。加藤良三駐米大使を中心としたテーブルには、パシフィック・イーグル・エンタープライズ社長として、取材コーディネイトの仕事をする松本宇位里氏と、現地JTBの営業部長だった吉井信行氏が座った。陛下と同じテーブルでない彼らにも、直接のお声がけがあり、話が弾んだという。
 
 北マリアナ日本人会副会長も務める松本氏には、現地日本人補習校についての質問があった。

「皇后陛下が、『子供たちのことをどうぞよろしくお願いします』と仰った言葉が印象的でしたね。翌日、お見送りの時にも、私の顔を見つけると、同じことを仰るんです」

 吉井氏は、慰霊碑の清掃と慰霊祭の話をした時のことが忘れられないという。

「その話題になった途端、両陛下が身を乗り出されるようにして、話の先を促されるのです。人数の規模や清掃の手順、高校生も参加して、現地政府のサポートもある大切な行事であることをお話ししました。すると『テニアンはどうしているの?』と質問がありました」

 サイパン島の南に隣接するテニアン島も、サイパン玉砕後に米軍の手に落ち、多数の犠牲者を出していた。

「実は、テニアンには、政治団体や宗教団体のものばかりで、政府の慰霊碑がないのです。でも、そう申し上げることも出来ず、現地の日本人がお守りしているとお答えし、ロタでも日本人会が慰霊祭を行っていることを話しました。すると、天皇陛下が『ロタでは戦闘はなかったでしょ?』と仰る。よく勉強なさっていると思いましたね」(吉井氏)

 ロタとは、サイパンとグアムの中間に位置する島である。

「陛下の仰るとおりなんですが、戦病死の方などをお祀りしていると説明しました。私が『日本人会としては年に1回だけなんです。すみません』と申し上げたら、皇后陛下が『いいのよ、ありがとう』と。まるで自分たちの家族の墓を私たちがお守りしていて、それに対してありがとう、と言っているような、そんな雰囲気がありました」(同)

 南洋での戦争について、両陛下は関係者も驚くほど詳しい知識をお持ちだったのだ。


■「上座」に招かれた女性


 そして、夕食会のもうひとつのテーブル、天皇陛下の隣席に着いたのが、西川君子さんだった。最も「上座」の席に招かれた彼女こそ、両陛下の慰霊にかけた思いの先にある、日本とサイパンとの関係の「象徴」ともいうべき女性だったのである。
 
 埼玉から入植したタピオカ農家の三女に生まれた君子さんは、サイパンの戦いで両親と2人の姉、次兄、弟の家族6人を亡くした。生き残ったのは長兄と2人だけ。しかも、彼女はサイパンに残り、兄と妹は、日本とサイパンで別々の戦後を生きた。
 
 それが、天皇皇后サイパンご訪問時、あるいは、ご成婚50周年のタイミングで、しばしばメディアによって語られた西川君子さんをめぐる物語であった。
 
 かわいそうな戦災孤児、彼女が修道女であることも、おそらく、そうした天涯孤独な運命と結びつけて理解されたのだろう。だから、彼女が夕食会に招かれたのだと。
 
 しかし、実際の彼女には、日本とサイパンの架け橋としての数奇な人生があった。それを象徴するのが、彼女のもうひとつの名前、アントニエッタ・アダである。サイパンでは、彼女を「アダさん」と呼ぶ人が多い。
 
 戦争が始まる前、農園が隣同士であった西川家とアダ家は親しい間柄だった。西川の父、アダの父、彼女は、それぞれの父親をそう呼ぶ。アダの父こと、ファン・マルテイネス・アダは、島きっての素封家であり、サイパンの先住民チャモロの政治的リーダーでもあった。その人物が、隣家の末娘を自分の娘同然に可愛がったのだ。

 やがて戦闘が始まる。彼女は、西川の家族と島の中央にそびえるタポチョ山の方角に逃げた。ジャングルの逃避行、洞窟での潜伏。その途中、相次いで家族を失ったのである。
 
 投降して山を降りたとき、日本人収容所で待っていてくれたのが、ファン・アダだった。彼は毎日、チャモロの収容所から彼女を探しに来ていたのだ。彼女はアダの娘として生きる決心をする。1944年12月、カトリックの洗礼を受けたのは決意の証だったのだろう。そして、アダさんはサイパンに留まった。
 
 戦後、サイパンに残留した日本人は、彼女だけではない。生まれがサイパンであれば、誰でも残ることが出来た。そのなかで、アダさんが特別であったのは、その一族がチャモロの名門であったことだろう。ファン・アダの甥にあたるフランシスコ・アダは、サイパンがアメリカの自治領になった時、初代副知事を務めた人物であり、現在の国際空港にも彼の名前が冠してある。
 
 63年、アダさんは、ベリス・メルセス宣教修道女会に入る。
 
 彼女の甥の息子、ドナルド・フロレス氏によれば、当時、アダさんに求婚する者もいたという。それでも修道女になった理由を、「最初から『決まっていたこと』のような気がしましたよ」と彼女は語った。戦争で生き残った自分には、なすべき使命があると考えたのだ。
 
 実は、77年から88年まで、11年におよぶ年月を、彼女は日本で暮らしている。兄と手紙のやり取りも出来ないほど忘れてしまった日本語を、メルセス会の修道院で学びなおし、英語を教えた。
 
 このとき、日本に残る選択肢もあった。なのに彼女は、終戦時にそうだったように、再びサイパンを選んだのだ。
 
 人生における2度の選択がなければ、2005年6月、夕食会のテーブルに彼女はいなかったことになる。


■幻の訪問地


 戦争を最も忌むべき記憶とするアダさんは、天皇陛下の「ご苦労されたのでしょう」との言葉にも、戦争というよりは、むしろ自分自身のサイパンと日本の架け橋として生きた人生を話していたという。
 
 残念ながら、記憶力の低下が見え始めているアダさんには、行きつ戻りつし、会話の詳細を思い出してもらうことは出来なかった。だが、「とても丁寧な方でしたよ」と、お2人の印象を語ってくれた。
 
 そして、何よりも夕食会に招かれたことを「誇りに思う」と繰り返した。フロレス氏の話によれば、戦後、サイパンに残留した多くの日本人のリストから彼女が選ばれたらしい。名門のアダ家に連なり、カトリックが大半のサイパンで尊敬される修道女であること、この二つが理由だったのではないだろうか。その二つはいずれも、日本人・西川君子であった彼女が、自分自身で選んだアントニエッタ・アダとしての、もうひとつの人生の結果だった。戦争に翻弄された運命を、日本とサイパンの絆に昇華した、その人生に敬意を表して陛下は「上座」に招いたのだろう。
 
 慰霊の旅にかける陛下の並々ならぬ思いは、次に紹介する夕食会の際の秘話にも象徴的に表れている。やはり両陛下と同じテーブルに座った当時の日本航空サイパン支店長、吉田伸一氏が証言する。

「最初は、場を和ませるためだったのでしょう、お二人のなれそめや、お若い頃のアメリカ訪問時のエピソードなどを話されました。そして、戦争の話になったのですが、天皇陛下自ら、話題にされたのが『月見島』のことでした」

 サイパン玉砕というと、島の北端にあるバンザイクリフ、その手前にあるスーサイドクリフが有名だが、追い詰められた人々は、すべてがバンザイクリフで亡くなったのではない。岬の反対側にまで逃げて、そして、飛び込んだ海の先に月見島はあった。東海岸沿いに浮かぶ、岩礁と言った方がふさわしいほどの小さな島である。

「海が穏やかなのは、開発の進んでいる島の西側。反対の東側は、マリアナ海溝側であるせいでしょうか、海も荒れやすいのです。その荒れた波にもまれて、多くの方の遺体が、月見島に流れ着いたと言われています。陛下は、その話をご存知だったのです。『月見島はどこにあるのですか?』と問われました。『明日、ご訪問される北部の戦跡の近くです』と申し上げると、『行ってみたいな』と仰いました」

 現在、月見島は、バードアイランドと呼ばれ、海鳥の生息地として風光明媚な観光スポットになっている。展望台まではアクセスもよい。しかし、アメリカ側がスケジュールを管理していたこともあり、天皇の月見島慰霊の希望は叶わなかった。
 
「幻の訪問地」となった月見島。だが、両陛下がこの小島にまで向けようとした深い鎮魂の思いは、夕食会の列席者にしっかりと伝わっていた。

山口由美(やまぐち・ゆみ)

「週刊新潮」2009年7月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)