66年前、19歳で米国を訪問された「天皇陛下」と映画「ローマの休日」

66年前、19歳で米国を訪問された「天皇陛下」と映画「ローマの休日」

天皇陛下

 その古ぼけた英文の手紙は、ニューヨーク郊外の邸宅の書庫にひっそりと眠っていた。収めたファイルには、「Crown Prince Akihito」(皇太子明仁)との手書きの文字が見え、日付は1953年10月16日、宛て先は東京の宮内庁の三谷隆信侍従長とある。

「皇太子が米国訪問を楽しまれたのは、とても喜ばしく、その日程にささやかな役割を果たせたのを光栄に思います。(中略)殿下がミュージック・ホールのショーの観劇だけでなく、映画『ローマの休日』を観るまで残られたと聞いて、とても喜んでおります。その後で、皆さんに、何も問題が起こらなかったことを願います!」

 ちょうど4日前、皇太子は半年余りに及ぶ欧米への外遊を終えて帰国したばかりで、ニューヨーク滞在中に鑑賞したのが、公開された直後の映画「ローマの休日」だった。

 オードリー・ヘップバーンが演じる欧州の某国の王位継承者、アン王女は、親善旅行でローマを訪れたが、分刻みのスケジュールと公式行事でのスピーチにうんざりし、夜、宿舎の大使館を抜け出してしまう。

 そこで偶然知り合ったのが、グレゴリー・ペック演じる米国人の新聞記者ジョー・ブラッドリーで、彼女を自分のアパートに連れ帰って一夜の宿を提供した。翌朝、目を覚ましたアン王女は驚きながらも、せっかく手に入れた自由を捨てるのを嫌い、ジョーと一緒に普通の女の子のようにローマ市内を散策する。そして、いつの間にか、2人の間には強い恋心が芽生えていく……といった物語だ。

 この映画を観た皇太子への影響を心配する手紙を送ったのは、ジョン・ロックフェラー3世、米国有数の財閥ロックフェラー家の一員であった。

 4月末の天皇退位に伴って、30年に亘って続いた「平成」の時代は終わりを告げる。この間、天皇は皇后と共に自然災害の被災地を訪れる一方、沖縄やフィリピン、サイパン島など戦火に見舞われ、多くの戦没者を生んだ土地へ慰霊の旅を続けてきた。

 被災地では当初、床に膝をついて労わりの声をかける姿が驚きを持って受けとられた。またサイパン島では日本人だけでなく、米軍兵士や韓国人の慰霊碑にも立ち寄り、その一方でA級戦犯が祀られた靖国神社は即位してから一度も参拝せず、それには国内の保守派から疑問や反発の声も出た。

 本来、日本国の象徴である天皇には受け身のイメージが強いのだが、こうした行動の裏には、天皇自身の強い意志と決断が滲み出ているように思える。その行動原理の源泉は一体、どこにあるのか、その答えを示唆してくれるのが、ロックフェラー財閥のアーカイブに眠る66年前の手紙だった。


■ダレスの大演説


 敗戦からわずか8年後の1953年3月、当時皇太子だった今上天皇は、父である昭和天皇の名代としてエリザベス英女王の戴冠式に出席するため、半年に及ぶ外遊に出発した。英国の他にフランスやスペイン、米国など延べ14カ国を回る長旅で、すでに講和条約で独立を回復したとは言え、わが国を見る目は厳しく、国際社会への復帰を印象づける狙いもあった。

 大型客船で横浜を発った皇太子一行は、各国で要人と会談を重ねたが、米国滞在中のハイライトが、9月17日のニューヨークでの晩餐会だった。名門ウォルドルフ・アストリア・ホテルで開かれたパーティは、両国の関係者1500名が出席したが、その立役者が、主催団体ジャパン・ソサエティの理事長、ジョン・ロックフェラー3世だった。

 ロックフェラー財閥は、19世紀に石油業界に乗り出したロックフェラー1世が創設したスタンダードオイル社が母体で、石油や金融業界に隠然たる力を誇ってきた。元大統領をメンバーに迎えた外交問題評議会を組織するなど、米国の外交にも影響を与え、そのせいか世界を動かす影の政府と陰謀論の標的にされ易い。

 そして3世は、晩餐会の2カ月前、映画監督でジャパン・ソサエティ会員でもあるジョシュア・ローガンから、1通の手紙を受け取った。マリリン・モンロー主演の映画「バス停留所」やミュージカル「南太平洋」の演出で知られるローガンは、3世と皇太子歓迎の晩餐会について話し合い、そのプログラムに「言うべき言葉もない」と幻滅していた。

「私がやりたいのは、皇太子が80歳、90歳になっても記憶に留めていて、常に米国を思い出させるものである。それが外交儀礼上できないというなら、世界のより大きな問題の解決など無理だ。自分が担当者なら、この機会に全力を尽くすだろうに」

 晩餐会のプログラムは国務省や日本大使館と連絡を取り合って決められたが、ローガンは、いかにも映画監督らしく、堅苦しいスピーチだけでなく、ダンスの余興も入れるべきだと訴えていた。だが、結局、当日は地元のコロンビア大学の学生の合唱とバイオリン演奏に落ち着いたのだった。

 また、この晩餐会には、日米両国に影響力を持つ人物が招かれ、スピーチを行っていた。当時のアイゼンハワー政権の国務長官で米政界の重鎮だったジョン・フォスター・ダレスである。日本が独立を取り戻した講和条約の締結を陰で支え、設立間もないCIA(米中央情報局)長官の弟アレン・ダレスと共に米外交を一手に担った人物だ。

 壇上に上がったダレスは、20分に亘るスピーチを行ったが、ロックフェラー財閥のアーカイブに残る記録を読むと、それが極めて生臭い政治性を含んでいたのが分かる。ダレスは皇太子の面前で、共産主義の脅威を訴え、日本に軍備増強を求める大演説をぶったのだ。

「歴史が示す通り、侵略者は常に獲物を見つけたような目つきで、軍事的に脆弱で、政治が安定せず孤立した国を見ている」として、日米安全保障条約に触れた上で、「殿下が日本国民に及ぼす道徳的リーダーシップ、見識を高く信頼申し上げる」と結んだ。

 東西冷戦下の共産主義との戦いで、日米は今や一心同体である、軍備増強は不可欠で、将来の天皇として、それを推進すべく影響力を行使せよとの趣旨だが、象徴天皇制など無視したような口ぶりだ。案の定、翌日の有力紙ニューヨーク・タイムズは「ダレス、皇太子との夕食会で軍備増強を要求」という長文の記事を掲載している。

 そして、じつはこの晩餐会には、もう一人、戦後の日本にとてつもない影響を与えた人物が招待されたが、本人が断ってきていた。占領期に絶対権力者として君臨した連合国軍最高司令官、ダグラス・マッカーサーである。2年前に解任され帰国した彼に、ジャパン・ソサエティは初夏から出席を打診したが、結局、辞退されたという。

 日本でマッカーサーは、戦争の放棄と戦力の不保持を盛り込んだ憲法を制定させたが、東西冷戦が激しくなる中、米国の対日政策は大きく“逆コース”を取り始める。あからさまに軍備増強を求めると同時に、戦前の政治家や軍人が公職追放を解かれ、続々と表に復帰しようとしていた。

 マッカーサーが欠席した中で、ダレス国務長官が軍備増強を求める大演説をぶつ、朝令暮改もいいところだが、ある意味で、この晩餐会は当時の日本を取り巻く国際情勢の縮図だったと言える。その真っ只中に、たった19歳の皇太子は放り込まれたのだった。


■まるで別人のようで


 さらに、ロックフェラーは、皇太子を個人的によく知る米国人女性にも支援を求めていた。彼女なら晩餐会をはじめ、米国滞在中のプランを考える上で有益な助言をしてくれるかもしれない。

 この女性こそ、敗戦直後に皇太子に英語を教えるため来日したエリザベス・バイニングで、彼女が英語教師の域を超えて皇室のアドバイザー的存在だったのは明らかだ。実際、後に回顧録(『皇太子の窓』)でこう述べている。

「私は天皇陛下御自身に任命された家庭教師なのである」

「そして、英語を教えるということは、日本に対して新しい動的な関係をもつようになったアメリカ的な民主主義の思想と実践とを、皇太子殿下その他の生徒たちに教えるという、さらに大きな仕事の方便にすぎないこともわかっていた」

「やがて私は、とかくあらゆる決定を他人に任せて何も自発的にはなさらない殿下の受身な御態度を改めたいと思って、『最初に何をしましょう、書取り? 会話? それとも読み方にしますか?』などと言い始めた。最初殿下は、『先生の方で決めて下さい』とおっしゃったりしたが、さあさあと促されると、たいてい、一番お嫌いな書取りを初めにするとおっしゃるのだった」

 バイニング夫人が出会った頃の皇太子は、礼儀正しく聡明なのだが、どうも自分の意志で行動する力に欠けるのが気にかかった。どこへ行って、何をして、何を話すべきか、全て周囲に任せっきりにしている印象すら受けたという。それを正すには、まず本人に自分で行動する自由を、選択する権利を与えるのが早道だ。

 このバイニング夫人の考えを、ロックフェラーは彼なりに生かしたらしい。ニューヨーク訪問を終えた皇太子一行は、9月25日から5日間、ワイオミング州ジャクソンホールにあるロックフェラー家の別荘に滞在した。

 ここは広大な国立公園の近くで、一行の世話をしたのはロックフェラーの側近のケネス・チョーリーと専用のコック、護衛のみでマスコミも入れない。そこで3世は事前にチョーリーに、ある指示を出していた。

「別荘では、事前に細かく予定を決めるのではなく、皇太子に選択を与えて自分で計画させよ」

 この指示を、チョーリーは忠実に実行したようだ。一行が別荘を発った後、彼は3世に6ページから成る報告書を送ったが、そこには滞在中の皇太子の振る舞いや反応が詳細に書かれていた。

「(初日の)夕食後、私は殿下に、明日は何の公式行事もないとお伝えして、『さぁ、一体、何をされたいですか』と言うと、大きな笑いが起きて一気に場が和んだ。ここにいる間はスピーチの予定もなく、ネクタイを締める必要もないと申し上げた」

 そして皇太子は別荘でダンスや釣りを楽しみ、ドライブに行った近くの町では、生まれて初めてカフェテリアで一般市民に混じって昼食をとったという。

「皇太子はまるで別人のようで、随員によると、米国に来てから最も楽しい時間を過ごしたという。殿下は欧米人がどういう人々で、どんな生活を送っているのか全く知らず、当地への訪問は極めて意義があったと確信する」

 それまで欧米各国を回る中、それこそ分刻みのスケジュールで、いつ誰と会って、どんな話をすべきか、あらゆる予定が決められた皇太子は、いわば籠の中の鳥だった。初めて自分の意思で行動する自由を得て、おずおずとカフェテリアの列に並び、市民に混じって昼食をとる姿が目に浮かぶ。

 それはあたかも、「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンが演じたアン王女のようであった。


■何と素晴らしい体験…


 この報告書はバイニング夫人にも回覧され、後日、彼女は3世に興奮した様子で感謝の手紙を送っている。

「殿下にとって、何と素晴らしい体験だったことでしょう! 自分で選択できる自由は生涯を通じて忘れられないと思います。(中略)これが世界の歴史にどういう影響を与えることか、誰が知るでしょう」

 その彼女は将来の天皇について、こう予言めいた言葉を残していた。

「私は、丸々とした小さな少年が沈着な青年に成長するのを見た。いつの日にか日本の天皇となるべきこの少年の前途はどうであろうか? この少年は将来に何を約束しているのであろう? 彼は政治的権力は持たないであろう。しかし解放された日本において、大きな道徳的な影響力をもつことになるであろう」

「最初殿下を知った当時、私の気にかかった、みずから進んで事に当られる意欲の欠如というものを、殿下はかなりのところまで克服なさった」

「(殿下は)御自分の使命を自覚し、真摯にそれを受け容れておられる。綿密で、思慮深くあられるが、事にあたっては、思いきって伝統を断ち切ることのできる、あの真の保守主義者の能力をもっておられる」(『皇太子の窓』)

 先に述べたように、天皇は即位以来、国内の保守派の反発を受けても沖縄や海外へ慰霊の旅を続け、戦争への「深い反省」の言葉を口にしてきた。それは決して周囲の言いなりでない、自らの意志で行動する姿で、これこそ、バイニング夫人が身につけさせようとしたものであった。その最後の集大成が、今回の譲位を決断した生前退位と言えまいか。

 夫人を側面支援したのがロックフェラー家なのだが、平成に入って外務省が公開した皇太子外遊の記録には、なぜか晩餐会でのダレスのスピーチや別荘での様子、「ローマの休日」の件は一切見当たらない。

 その日から半世紀以上の年月が流れた。若い皇太子は成人して、やがて平成の時代に移り、さらに時は流れて老境に入った天皇は、今、退位の日を迎えようとしている。

 あの映画のクライマックス、つかの間の自由を味わって、いつの間にかアン王女は、グレゴリー・ペック演じる記者と恋に落ちるが、互いに気持ちを言い出せぬまま、王女は祖国と王室への義務を果たすため、大使館へと戻っていく。その翌日に開かれた記者会見で、瞳に涙を浮かべながら彼女は「ローマの思い出は一生忘れないでしょう」と語るのだった。

 66年前、ニューヨークの映画館の暗がりで観た「ローマの休日」を、はたして陛下は覚えておられるだろうか。もし、そうなら、どんな気持ちでスクリーンを見上げていたのか、ぜひお聞きしたい。

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『角栄失脚 歪められた真実』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

「週刊新潮」2019年4月29日 掲載

関連記事(外部サイト)