迷宮入りの「悪魔の詩」訳者殺人、問題にされた2つのポイント【平成の怪事件簿】

 ひとけのない夏休みのキャンパスで発見されたのは、喉を切られた死体だった。それはイスラム式の「処刑」だった。「悪魔の詩訳者殺人事件」は、平成を代表する迷宮入り事件のひとつである。(駒村吉重 ノンフィクション・ライター)

 ***

 イランの最高指導者ホメイニ師が、イスラムを冒涜したとして英国人著者に死刑を宣告した話題の小説『悪魔の詩』の日本語版出版は、その滑り出しから波乱含みとなった。

 翻訳者である五十嵐一筑波大学助教授、イタリア人の出版者パルマ・ジャンニ氏らが、東京都内の日本外国特派員協会で開かれた出版記念記者会見に臨んだのは、平成2年2月だった。会場には、在日パキスタン協会のライース・スィビキ会長はじめ、出版に抗議するイスラム教徒の姿もあった。そんななか突如、1人のパキスタン人男性が、マイクを振りかざして会見席に飛び込んでいったのである。
 
 男が取り押さえられるとパルマ氏はすかさず、言論と表現活動の自由を対決的な口調で主張した。すると今度は、ライース会長が、パルマ氏に堂々と「死刑宣告」を突きつけ「会場の空気は緊迫の度を深めたのだった。この異様な展開に「違和感を覚え」た五十嵐助教授は、同年4月号の「中央公論」に「私はなぜ『悪魔の詩』を訳したか」を寄稿し、その真意をあらためて語っている。

「一読者として興味を覚え、かつ一イスラーム研究者としても、同宗教に対する冒涜の書ではないと判断したからこそ、翻訳を引きうけたのであって、何も言論出版の自由、表現の自由のためにひと肌脱いだわけではないのである」

 混乱の渦中にありながら、冷静さを見失わなかった44歳の五十嵐助教授が、刺殺体で発見されたのは、会見から1年半ほどが過ぎた平成3年7月12日朝のことだ。五十嵐助教授が倒れていたのは、筑波大学人文社会学系A棟7階のエレベーター前の踊り場だった。左に2カ所、右に1カ所あった首の傷は、ともに頸動脈を切断するほどの深さで、右側の胸や腹など3カ所に及んだ刺し傷は、一部肝臓にまで達していた。当時、中東問題に詳しい評論家の平島祥男氏は、犯人像についてこんな推察をしていた。

「“処刑”であることは殺され方を見れば歴然ですよ。日本人なら短刀でひと突きという方法をとるのに、この場合はノド首を切られてるでしょ。イスラム式の殺し方ですね」(同年7月28日号の「週刊読売」)

 ほかに怨恨、右翼犯行説などの可能性も考えられたが、しかしエレベーターの使用を避け、階段で3階まで降り、非常階段から逃走した犯人の消息は、そこできれいにかき消えてしまっていた。
 
 劇団の代表、バンドのボーカルも務めた五十嵐助教授は、執筆や演劇活動を通じて持論を積極的に発信していく行動派として知られ、その講義は、常時300人近い学生が詰めかけるほどの人気を集めていた。「死刑宣告されて危ないんだ」などと冗談を交えつつ、『悪魔の詩』を講義テキストに使うこともあったようだ。
 
 つくば中央署が身辺警護を打診した際には、「本を読んでもらえば、誤解されるようなことはないから心配ない」(「週刊文春」平成3年7月25日号)と、申し出を断っていた。同じ時期、出版者のパルマ氏が、中東風の男に尾行されるなどして、危機感を募らせていたのとは対照的な態度を通したのは、イステム世界に傾けた真摯な研究姿勢への自信があってこそだったと思われる。

■死刑宣告を招いた記述


 イギリスの大手出版社ペンギンブックス社から『悪魔の詩』が出版されたのは、1988年9月だった。著者のサルマン・ラシュディ氏は、インドの大都市ボンベイのイスラム家庭に生まれ、ケンブリッジ大学に学んだインド系英国人だ。
 
 間もなく、『悪魔の詩』の出版禁止を求めた欧米のイスラム教徒によって、大規模なデモ行動が引き起こされた。殺気だった抗議活動をさらに燃え広がらせたのは、出版の翌89年2月、イランの最高指導者ホメイニ師が、著者に下した「死刑判決」だった。全世界のムスリムに向けて昂然と判決の履行を呼びかけたに等しい宗教判断に対し、ラシュディ氏を完全保護下に置いた英国政府は、イランとの国交断絶に踏み切るのである。
 
 そんな騒動の最中に、パルマ氏は、五十嵐助教授に『悪魔の詩』日本語版の翻訳依頼を持ち込んでいた。すでに、何人かの候補者に依頼を断わられた後であった。東京大学理学部数学科を卒業した五十嵐助教授は、同大学院では人文科学研究科の美学芸術学博士課程を専攻、修了後にはイラン王立哲学アカデミーに研究員として招かれていた。理数畑から研究領域を大胆に広げた特異な経歴は、助教授の旺盛な探究心を窺わせる。
 
 この問題の書『悪魔の詩』とはいかなる小説であったのだろうか。主人公は、ボンベイの貧困家庭と裕福な家に生まれた2人のインド人青年だ。英国に出てつかず離れずの日々を送る2人が、ひとりの女性をめぐって争い、やがてそれぞれの明暗を胸に、インドへ戻ってゆくというのが、かなり大ざっぱな粗筋である。

「要約してしまえば、一種のメロドラマにすぎない。そんな小説がなぜイスラム教徒を刺激する作品になったかといえば、偶数章のすべてを占める、夢もしくは幻想場面の内容にある」と、五十嵐助教授は「月刊Asahi」平成元年6月号で語っている。「一部のイスラーム教徒が『悪魔の詩』を糾弾するポイントは、二つに絞られよう。教義上の問題と品性上の問題である」(前出「中央公論」)と考察する教授は、小説中の2場面を論点に取り上げている。ひとつは、イスラムの預言者ムハンマドを彷彿させる人物が、大神アッラーに帰依する3女神の存在を認めた場面だ。これを、純正なる一神教を冒涜した比喩と、一部イスラム教徒は解釈したらしかった。もうひとつは、預言者の2番目の妻が、娼婦としてハーレムにいたという設定である。

 五十嵐助教授は、前出2題の寄稿で、問題部分をイスラムの規範に照らしつつ詳細に検証した上で、ホメイニ判決に便乗する一部イスラム教徒に向けて、こんなメッセージを送った。

「ホメイニー師の死刑宣告は勇み足であった。(中略)イスラームこそ元来は、もっともっと大きくて健康的な宗教ではなかったか」(同「中央公論」)


■容疑者


 事件から7年後、惨劇が風化しはじめた平成10年4月30日号の「週刊文春」に、突如次のような見出しが掲載された。

「『悪魔の詩』五十嵐助教授殺人に『容疑者』浮上」

 同誌が入手した「治安当局が『容疑者』を特定していた極秘報告書」とは、事件当時、外国人の出入国記録を徹底的に洗っていた東京入国管理局が作成した文書だった。記事によれば、その人物は筑波大学に短期留学していたバングラディシュ人学生。五十嵐助教授が遺体で発見された7月12日の昼過ぎに、彼は成田を発って母国に戻っていた。報告書には推定殺害時刻「7月11日深夜から翌12日未明にかけて」という解剖結果も記されていた。だとすれば、彼の行動は、極めて意味深いものになる。
 
 一方、元CIA(米中央情報局)のケネス・ポラック氏の著書『ザ・パージァン・パズル』には、別の見解が登場する。五十嵐助教授を手にかけたのは、イラン軍部のひとつ「イラン革命防衛隊」との記述があるのだ。しかし真相は、依然霧に包まれたままである。ひとけのない夏休み中のキャンパスに有力な目撃情報はなく、当初から苦戦を強いられた捜査は、次第に歳月のなかに埋没していった。そして事件発生からまる15年を経た平成18年7月11日、ついに公訴時効の日を迎えることとなったのである。
 
 その3日後、五十嵐助教授の研究者仲間や教え子ら150人ほどが集い、恒例の「しのぶ会」が東京都内で開かれた。時効の1カ月前、雅子夫人は、年1度の会を続けるひとつの意義をこう語っている。「仮に時効が成立しても、(事件を風化させなければ)その後からだって、犯人特定につながるような話が出てくるかもしれませんし」(同年6月11日付「読売新聞」、括弧内筆者)
 
 さて、英国人著者ラシュディ氏である。死刑宣告から9年後の98年、ホメイニ師亡きあとのイラン政府は事実上、ラシュディ氏に対する死刑宣告を破棄して、イギリスとの関係改善に乗り出した。これに反発した革命防衛隊などが「宣告は撤回せず」との声明を発しているが、ラシュディ氏はいまも健在で、文筆、言論活動を続けている。

駒村吉重

週刊新潮WEB取材班

2019年4月29日 掲載

関連記事(外部サイト)