60年前、英国は天皇陛下の御成婚をどう見ていたか 機密文書に残る秘話

60年前、英国は天皇陛下の御成婚をどう見ていたか 機密文書に残る秘話

天皇、皇后両陛下

 今から60年前の“ミッチーブーム”に沸く日本、さらにその45年前の昭和天皇の婚礼。同じ立憲君主国の英国は、両陛下(ともに当時は皇太子)の御成婚の“意味”を強かに見つめていた――。ジャーナリストの徳本栄一郎氏が、機密ファイルに刻まれた秘話を繙く。(「週刊新潮」2009年4月16日号掲載の記事を加筆修正)

 ***

 国中が焦土と化した終戦から、今年で74年目を迎える。その間、日本は復興から高度成長、経済大国の道を走ってきた。
 
 この時代を生きた多くの日本人にとり、忘れられない出来事が、半世紀以上前の皇太子ご成婚だろう。それは、焼け跡から出発した戦後史のハイライトだった。
 
 1959年(昭和34年)4月10日、晴れ上がった青空の下、皇居から華麗な儀装馬車が現れた。車上には燕尾服の皇太子、横にはローブ・デ・コルテの礼装にティアラを冠した美智子妃の姿があった。
 
 皇室が史上初めて、「平民」出身の女性を妃に迎えたのだ。皇居から東宮仮御所までのパレードは53万人が集まり、歓呼と日の丸で祝福した。国内は高度経済成長を迎え、時代を象徴する若い二人の旅立ちだった。
 
 かつて私は『英国機密ファイルの昭和天皇』を上梓した時、英国公文書館の皇室ファイルを集めたことがある。
 
 ロンドン郊外の公文書館には、幕末から現代に至る膨大な日本関連ファイルが眠っている。明治、大正、昭和を通じ、駐日英国大使館などが本国に送った文書だ。
 
 明治維新以来、同じ立憲君主国として、英国は日本を綿密に観察してきた。そして、この皇太子ご成婚が将来の皇室、世論にどんな影響を与えるのか。60年前の皇室ファイルは、戦後の一大イベントを彼らがどう見ていたか、如実に物語ってくれる――。
 
 ご成婚から約2週間後、1959年4月23日、皇居沿いの英国大使館からロンドンに1通の報告書が送られた。
 
 題名は「皇太子明仁と正田美智子嬢の結婚」、冒頭に「CONFIDENTIAL」(機密)とある文書の作成者はオスカー・モーランド大使だ。ケンブリッジ大学を卒業して、外交官の道を歩んだモーランドは、戦前の駐日大使館に勤務し、真珠湾攻撃後、半年以上抑留されたこともある。
 
 吉田茂首相の娘麻生和子氏(麻生太郎副総理の母)をはじめ、多くの友人を持つ知日派で、戦後は駐インドネシア大使も務め、この直前、東京に着任したばかりだった。
 
 報告書の宛先はセルウィン・ロイド外務大臣、当時のハロルド・マクミラン内閣の一員だ。表に「For The Queen」とタイプされ、エリザベス女王にも回覧されたと分かる。
 
 文面はまず、4月10日の皇居内での婚礼を紹介している。挙式が行われた賢所近くには、美智子妃の両親正田英三郎夫妻や岸信介総理らが参列した。

「婚礼は伝統に則り皇居で行われたが、儀式形式が一部簡素化されたと思う。約千人のゲストが招かれ、全員が日本人であった。唯一の例外は、1946年から1950年まで皇太子の家庭教師を務めたエリザベス・バイニング夫人だった」

「前日の雨に拘らず、幸い天気は完璧で、タイミングも配慮されていた。車列を微かに妨害したのは、19歳の若者が皇太子夫妻に投石する出来事だった。石は命中せず、彼は馬車に飛び上がろうとしたが、即座に逮捕された」

 文面からは当日の祝賀ムードがはっきりと伝わる。だが、モーランドが最も注目したのは、ご成婚の国内への影響だった。


■「政治的成功」


「問題は、皇太子と裕福な実業家の娘の結婚が、皇室の長期的な地位向上に貢献するかという点である。2人への過度な賞賛は映画スターを連想させ、平民を(妃に)選んだことは、民主的とはいえ、神格性に打撃を与えるとする者もいる」

「だが、この結婚が国民に歓迎されているのは間違いない。魅力と知性を備えた健康な皇太子妃を、世論はシンデレラのように賞賛している。正式な妃選定は一皇室会議が行うが、皇太子が彼女とテニスコートで出会い、自ら電話でプロポーズしたと広く伝えられた。こうした中、世論調査で87パーセントが結婚に賛成し、反対はわずか4パーセントなのは驚くことではない」

「天皇を時代遅れとする傾向は、若い日本人で最も強いとされる。しかし、魅力的な平民と皇太子の結婚は、この世代に最もアピールし、事実上、天皇制に反対する左翼の鼻をあかす効果をもたらした。新憲法の精神に沿う、民主的かつ人気ある結婚に反対するのは困難である」

 当時は東西冷戦下、自由主義陣営と共産主義陣営が各地で対立していた。
 
 ご成婚3年前の1956年には、ハンガリーの民衆蜂起をソ連軍が制圧する「ハンガリー動乱」が起き、2年後には、軍事クーデターでイラクが王政廃止、新政権はソ連と国交を樹立していた。
 
 わが国も保守・革新両陣営に分かれて、天皇制打倒を叫ぶ一部勢力も存在した。
 
 ロシア革命のロマノフ王朝はじめ、20世紀に入って消滅した王室も数多く、そうした中、モーランドは美智子妃を、左翼陣営への強烈な打撃と見たようだ。
 
 この報告は、ご成婚を機に昭和天皇が退位する噂にも触れている。じつは終戦以後、天皇退位の情報はしばしば流れてきた。
 
 例えば東京裁判で判決が出た1948年、講和条約が調印された1951年、天皇退位の噂が流れ、在京外交団は確認に奔走した。
 
 前者の場合、当時のアルバリー・ガスコイン駐日英国代表が、ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官に直接問い質したくらいだ。
 
 そして、1959年のご成婚の際も同様の噂が流れたが、英国はその真偽を冷静に見極めていた。

「天皇が聞もなく退位し、皇太子が継承するとの噂を裏付ける証拠を、自分(注・モーランドのこと)は持っていない。岸総理も公然と否定した。(皇太子夫妻の)新宮殿が建設中であり、この噂は根拠がないと思われる。いずれにせよ皇太子の結婚の人気は、将来の皇位継承への左翼の反対を困難にしてしまった。その意味で、職務上、皇室会議議長として妃選定に相当の発言を持った岸総理は、政治的成功を収めたと言える」

 ご成婚から3日後、皇居内仮宮殿「北の間」で「宮中祝宴の儀」が開かれ、モーランド大使も参列した。
 
 この席で岸総理は、「国民と共に心からお喜び申し上げます」と挨拶し、講和条約調印から8年が経ち、日本政府も、象徴天皇制に自信を持ち始めていたようだ。このレポートで興味深いのは、ご成婚に反発する支配層にも言及していることだ。

「天皇制に反対する過激論者、右翼反動主義者、彼女がカトリック系の学校で教育されたことに反発する仏教徒も存在する。また(妃選定で)無視された旧皇族、準族も憤慨している。彼らにとって、天皇の末娘清宮貴子が最近、名門島津家と婚約したのがせめてもの慰めとなった」

 後半部分はご成婚の20日前、1959年3月19日に発表された、第五皇女清宮貴子内親王と島津久永氏の婚約を指す。
 
 元々、皇太子妃選びが始まった時、有力候補は旧皇族の伏見家、北白川家、元伯爵以上の島津家、徳川家、松平家などとされた。
 
 いずれも学習院女子高等科の卒業生から成る「常磐会」会員で、同会から妃が出るのは半ば当然視されていた。
 
 一方、美智子妃が、カトリック系の聖心女子大学を卒業したことは有名だ。将来の皇后の座を「平民」に奪われた彼らの怒りは容易に想像できる。
 
 その後の凄まじい“美智子妃いじめ”を考えると、モーランドの言葉は予言的とすら言えた。


■式典よりもご病状


 歴史的に各国王室の結婚は、その国の絶好の情報収集の機会でもある。配偶者選びなどで、支配層の対立や内部事情が表面化し易いのだ。
 
 英国政府も過去、外務省やMI6(英国情報局秘密情報部)、民間人などを通じ、情報を集めてきた。
 
 今から95年前、1924年(大正13年)1月26日の昭和天皇ご成婚も同様だった。
 
 当時皇太子の昭和天皇は、この日、久邇宮邦彦王の良子女王と婚礼を行った。

 父親の大正天皇は病弱で、公務に耐えられず、このため3年前から皇太子が摂政に就任していた。
 
 前年9月の関東大震災で、東京は大きな被害を受け、また12月には、若いアナーキストが皇太子の車を狙撃する「虎ノ門事件」が起きていた。
 
 当日、東京上空は軍用機が警戒し、大量の警官が導入されるなど物々しい空気の中の式典だった。
 
 この直後の1月30日、駐日英国大使館は本国にご成婚の模様を報告した。
 
「婚礼の儀式に外国人は招待されなかった。東京の人々は、9月の大災害(注・関東大震災のこと)の記憶が新しく、祝賀会も著しく縮小された」

「婚礼は、皇室が定める神道の儀式に則って行われた。皇太子らは午前9時、住居から東京中心部の宮城へ向かった。良子女王は十二単をまとい、皇太子は古来の装束で着飾っていた。(中略)最近の皇太子襲撃を考慮し、警察は特別警戒を行ったが、当日は不都合な出来事もなく終わった」
 
 大震災と襲撃事件の余波が伝わるレポートだが、この時、在京外交団の最大の関心は大正天皇の病状だったようだ。
 
 3月16日、宮内省は突如、天皇の健康状態を発表した。前回発表は1922年10月なので、1年5カ月ぶりである。
 
 この直後、チャールズ・エリオット英国大使は、ラムゼイ・マクドナルド首相兼外務大臣に機密メモを発信した。
 
 エリオットはオックスフォード大学卒業後、外務省に入省した。中国語、トルコ語など語学の才能に恵まれ、4年前から東京に勤務し、皇太子の弟秩父宮の英国留学実現に尽力したのも彼だ。
 
「天皇の病状は、前回の発表より悪化している。これは、より深刻な病状を明らかにする前段階で、退位準備の可能性もある。(中略)自分(注・エリオットのこと)は最近、上海と香港を訪問したが、現地の外国人コミュニティには、すでに大正天皇が死去していると信じる者もいる。この誤解を日本当局が知り、健康状態を発表した可能性もある」


■「シャイかつ内気」


 摂政の皇太子はまだ22歳で、国内を掌握する力は未確認だ。その上、妃を選ぶ際の混乱、いわゆる「宮中某重大事件」も英国の懸念を高めていた。
 
 これは1921年、元老の山県有朋が、妃に内定した良子女王の母方、島津家に色覚異常があるとして婚約破棄を迫った事件だ。
 
 他の元老の西園寺公望、原敬首相は山県を支持したが、大正天皇の皇后や島津家が反山県で結集した。この裏では長州出身の山県が、薩摩の島津家の血が皇室に入るのを嫌ったとの観測も流れ、政界を巻き込む騒ぎとなった。
 
 結局、皇太子本人が良子女王との結婚を強く望み、右翼の頭山満らも反山県に回り、ついに婚約破棄の企ては潰れたのだった。
 
 皇太子の婚約一つで混乱するほど、国内が不安定なのを英国は察知した。
 
 結婚4カ月後の5月31日、宮中の「豊明殿」で皇太子の結婚披露宴が開かれた。政府要人や皇族に加え、エリオットら在京外交団も招待されていた。
 
 披露宴でエリオットが、注意深く周りを観察すると、奥から皇太子夫妻が宮内大臣らと入ってきた。メンデルスゾーンの「結婚行進曲」が流れる中、一行は着席した。

 この時、「披露宴を威圧していたのは皇后だった。彼女の息子や義理の娘はシャイかつ内気で、まるで隠れようとしているかに見えた」(1924年6月6日、エリオット大使からマクドナルド首相への報告書)
 
 病弱な天皇と新婚の皇太子を抱え、宮中を仕切っていたのは貞明皇后だという。
 
 彼女の存在は13年後、ロバート・クレーギー大使のファイルにも登場する。盧溝橋事件直後に着任した彼は、直ちに昭和天皇や貞明皇太后に謁見したが、その時、驚いたのは皇太后の存在感だった。
 
 彼女は内外の情報にきわめて精通していたのだ。在京外交団をはじめ、英国の政治情勢にも強い関心を持ち、静かに余生を送る未亡人の印象ではなかった。
 
「貞明皇太后は卓越した知性と強烈な個性を備えた女性である。皇太子時代の(昭和)天皇が訪英できたのも、彼女の強い主張によるものだった」(1937年10月23日、クレーギーからアンソニー・イーデン外務大臣への報告書)
 
 翌年、英国外務省に出された報告書には、しばしば皇太后が宮中で政治的助言を行い、昭和天皇が嫌がっていると記述された。皇族の人間関係も重大な関心事だったようだ。
 
 ここまで見たように、ロンドン郊外に眠る機密ファイルは、日本人が生きた時代を鮮やかに照らし出してくれる。
 
“美智子妃ブーム”に沸いたご成婚から60年、その間わが国は、高度成長からバブル、その崩壊を経てきた。
 
 1993年6月9日には現皇太子の婚礼が行われ、相手は、エリート外交官から皇室入りした雅子妃である。二人は皇居から東宮仮御所までオープンカーでパレードし、沿道には19万人が詰めかけた。
 
 将来の天皇、皇后である二人を英国はどう見ていたのか。今後、日本の天皇制はどう変貌していくのか、今現在も、情報活動が深く静かに進んでいるはずだ。そのファイルが機密解除されるのは数十年後である。(文中一部敬称略)

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『角栄失脚 歪められた真実』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

「週刊新潮」2009年4月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)