悠仁さま中学校侵入事件でも活躍「SSBC」ってどんな組織?

 近年、多くの刑事事件で犯人逮捕に威力を発揮しているのが防犯カメラだ。4月、悠仁さまの通う中学校に男が不法侵入した事件でも、防犯カメラ映像の分析により、犯人の所在が判明したと伝えられている。
 東京都内のこうした捜査で、中心的な役割を果たしているのが、SSBC(捜査支援分析センター)。昨年は、渋谷センター街でハロウィンの際に起きた事件の犯人を特定する際にも、SSBCの能力が発揮されたことが大々的に報じられ、知名度を上げている。
 このSSBCとはどのような組織なのか。警察関連の著作が多いジャーナリストの今井良氏の『警視庁科学捜査最前線』から抜粋、引用してその全貌を見てみよう(以下、すべて同書より。肩書などは刊行時〈2014年〉のまま)。

 ***


■SSBCの組織図


 SSBCは2009年4月に警視庁刑事部内に約100人体制で発足した。
 1980年に竣工した地上18階、地下4階からなる建物が職員およそ4万3千人を擁する警視庁本部。同じ敷地内にある警察総合庁舎の隣の5階建ての真新しいビルは警察総合庁舎別館と呼ばれる建物だ。SSBCは、この別館4階の皇居お堀側に拠点を構えている。200平方メートルのフロアの中心の大部屋は各班のスペースごとに区切られ、デスクが整然と並ぶ。その机上にはノートパソコンがほぼ完備されている。
 突き当たりのスペースの上部には「SSBC ANALYZE ZONE」と書かれた大きな看板がかかっている。SSBCの中核を占める「分析班のスペース」という意味だという。

 大部屋に入って向かって右側にあるお堀側の部屋には、SSBCを統括する所属長の捜査支援分析センター所長の部屋がある。所長には歴代、刑事警察の経験が豊富な警視が就任している。
 4代目となる所長は小山由夫警視。センター発足時から在籍するベテランだ。
 小山警視は民間技術者から1997年、中途採用で特別捜査官として警視庁科学捜査研究所に転職。その後、捜査1課の科学捜査2係(当時)、2003年秋に刑事総務課に誕生した犯罪捜査支援室(「センター」の前身)に在籍し画像分析などに従事した。

 デスクサイドには数々の事件の解決に貢献したとして警視総監賞の盾も飾られている。
 この所長を補佐するのが、副所長の管理官の警視(3人)である。また、捜査1課などから異動してきた警視庁のプロパー捜査員のほかに、民間から登用された特別捜査官も多数在籍する。
 組織は大きく三つのセクションに分かれていてそれぞれを管理官が統括している。(略)

■分析とプロファイリング


 SSBCの役割は大きく二つに分けられる。
 一つは防犯カメラの画像解析、電子機器の解析を主とする「分析捜査支援」。
 もう一つは犯罪の手口などから犯人像を分析するプロファイリングを主とする「情報捜査支援」だ。

 SSBCの大きな特徴は刑事部の事件のみならず、組織犯罪対策部、生活安全部、交通部など警視庁内の全ての事件捜査に横断的に関わることである。前述の通り、大きく三つのセクションにわかれている。「第1捜査支援」「第2捜査支援」「機動分析」である。それぞれの業務内容を見ていこう。

 第1捜査支援は「支援管理」「システム第1」「システム第2」「開発」の四つの係からなる。
「支援管理係」はSSBCの庶務的な役割を担う係である。担当しているのは、捜査支援要請の受付に関すること、捜査支援にかかる企画、調査、教養及び調整に関すること、捜査支援部門の職員の育成及び運営に関すること、捜査支援分析センター内の他の分掌に属さない捜査支援に関することとなっている。
「システム第1係」と「システム第2係」は、捜査支援にかかるシステムの運用および管理に関すること、捜査支援システムの指導教養に関することが担当である。
「開発」係は、捜査支援システムならびに捜査支援にかかるソフトウェアおよび資機材の調査および研究開発に関することを担当する。第1捜査支援のこれらの部署は、どちらかといえば現場の捜査そのものよりも、SSBCの庶務的な部分を担うほかシステム全体を底支えするセクションだといっていいだろう。

 第2捜査支援は「技術支援」「情報分析」「情報支援」の三つの係からなる。
「技術支援係」は、パソコンや携帯電話、カーナビゲーションなど情報機器の解析および鑑定に関することを行う。
 2010年の大相撲の八百長メール事件では、容疑者の力士たちが意図的に消した携帯電話のメール記録を捜査本部が復元したことが話題になった。その作業を手がけたのがこの係である。SSBCは、警視庁の「デジタルフォレンジック(犯罪を立証するための電磁的記録の解析技術及びその手続き)」部門でもあり、その分野で技術支援係は重要なセクションとなっている。

「情報分析係」は、犯罪情報分析に関すること、犯罪情報の分析手法の調査研究に関することを行う。近年、小説やドラマ、映画でもお馴染みの「プロファイリング」の実践、研究が日々続けられている。
 プロファイリングとは犯行現場の状況、手段、被害者等に関する情報や資料を統計データや心理学的手法を用いて分析・評価することによって、犯行の連続性の推定や次回の犯行の予測、犯人の年齢層、生活様式、職業、前歴、居住地等の推定を行う作業である。SSBCでは警察庁科学警察研究所の犯罪行動科学部・捜査支援研究室との連携を図っている。
 SSBCの前身にあたる刑事総務課犯罪捜査支援室が2003年に発足した際、室内にプロファイリングチームが設置された。SSBC捜査員らは犯罪捜査支援室の発足当時から「FBI・米連邦捜査局」でのプロファイリング捜査の見学を定期的に行っているという。

「情報支援係」の担当は、捜査情報の収集および管理に関すること、情報管理システムによる土地鑑資料の登録および照合に関すること、旅券・在留カード・特別永住者証明書等の簡易鑑定に関することである。
 事件発生時に参考になりそうなさまざまなデータ、「被疑者カード」を捜査本部などに提供することで、手口などの情報面で捜査をサポートする。
 また、SSBCの真骨頂でもある防犯カメラなどの画像処理及び顔画像照合に関することも行っている。防犯カメラ等で撮影された人物と被疑者が同一人物かどうかを判断する場合に、両者を照合するシステムを利用して、識別を行っているのもこの係だ。
 一般に、金融機関やコンビニエンスストア等の防犯カメラで撮影された被疑者の顔は下を向いていたり、サングラス・マスク・帽子等で顔が隠れていたりすることが少なくない。被疑者写真と単純に比較するだけでは個人識別が困難だ。情報支援係の用いるシステムでは、別に撮影した被疑者の「顔画像」を「防犯カメラ画像」と同じ角度及び大きさに調整して、両方の画像を重ね合わせることで個人識別を行うことができる。
 この他にも第2捜査支援では科学技術を活用した捜査支援に関することを担当している。多くの人がイメージする「科学捜査班」に近い仕事をしているセクションだと言えるだろう。


■モバイルチームが現場に直行


 三つ目のセクション、「機動分析」は、「機動分析第1」「機動分析第2」「分析捜査第1」「分析捜査第2」の四つの係から構成されている。
 その名称が示す通り、彼らの仕事の特徴は「機動性」にある。「機動分析第1・第2係」は現場における捜査支援に努め、時間が経つと消去される可能性のある防犯カメラの画像の収集にあたり、それを分析しつなぎ合わせて犯人の逃走経路をあぶりだす。機動分析係はSSBCの実行部隊の役割を担っている。(略)

 2012年4月からは機動分析の二つの係に加え「分析捜査第1係」「分析捜査第2係」が加わった。この二つの係は通称「分析捜査班・モバイルチーム」と呼ばれている。
「機動分析係」と「分析捜査班・モバイルチーム」の違いは何だろうか。
 SSBC幹部が説明する。

「機動分析係が防犯カメラ画像の収集・解析を現場で進めるのに対して、モバイルチームは現場に関する情報分析がメインとなります。同じく現場に赴いて警視庁がストックしている土地鑑や手口に関するデータベース情報をノートパソコンから取り出し、捜査に役立てます」(略)


■新しいタイプの刑事たち


 SSBCでは「捜査支援ニュース」として刑事部捜査1課など、庁内の捜査部門に対して新しい「資機材」の情報を定期的に伝えている。情報は「けいしWAN」と呼ばれる警視庁のイントラネットでメール形式で警視クラスに直接届けられているという。「新たなツールの売り込み」という形での捜査支援を積極的に行っているわけだ。
 SSBCの捜査員は捜査に関するセンスとエンジニア的な技術力を併せ持つ新しいタイプの刑事たちなのだ。警視庁刑事部長の吉田尚正警視監は、こう語る。

「警視庁のSSBC・捜査支援分析センターの存在感、すなわち防犯カメラの追跡捜査の力で、都内での犯罪抑止効果が高まっているのではないか。犯罪者たちが都内で犯行を企てようという気にならないのだろう」

 モバイルチームに象徴されるSSBCの存在そのものが警視庁の組織にあっても事件捜査の要として重要な役割を持つようになったということだろう。
 小山所長は主流となった画像解析について、自らの警視庁での歩みを重ね合わせて感慨深げにこう述べた。

「17年間手探りでやってきた画像解析の分野が、ようやく時代の波とマッチしてきたのだと思う」

 ***

 かつて防犯カメラを街中に設置することについては、「監視社会になる」といった批判が目立った時期もある。しかし、SSBCの実績などもあって、現在では、多くの一般市民は、カメラの存在にむしろ安心感を抱くようになっているのかもしれない。

デイリー新潮編集部

2019年5月10日 掲載

関連記事(外部サイト)