「ウミガメの甲羅探し」に一苦労!? 元宮内庁職員が語る皇室儀式の世界

「ウミガメの甲羅探し」に一苦労!? 元宮内庁職員が語る皇室儀式の世界

上皇さまと上皇后さま

 平成に終わりを告げた公式行事は、4月30日午後5時からの「退位礼正殿の儀」。そして、翌5月1日午前、「剣璽(けんじ)等承継の儀」によって令和が始まった。この時に引き継がれたのが「三種の神器」だ。

 宮内庁の関係者が言う。

「ご承知のように、三種の神器といえば、伊勢神宮にある『八咫(やた)の鏡』、熱田神宮の『草薙(くさなぎ)の剣』、そして皇居にある『八尺瓊曲玉(やさかにのまがたま)』を指します。鏡と剣については“形代(かたしろ)”といって分身が皇居にある。5月1日の儀式では、新天皇が本物の神器と形代の五つを引き継ぐことで即位となったわけです」

 いわく、三種の神器は天皇の所有物というより、それを持っている者が天皇といわれるぐらい重要なもので、その価値は計り知れない。新天皇は他にも多くの宝物を引き継ぐことになるが、税金はどうなっているのだろうか。

「もともと相続税法12条では、皇嗣が天皇から相続するものについては税金がかからないことになっています。ところが、今回は生前退位なので規定がなかった。このままでは生前贈与になってしまうので、2年前に作られた『退位特例法』で非課税となるように規定されました」(同)

 というわけで、新天皇は無事に神器を引き継ぐことになるが、神道学者の高森明勅氏が言うのだ。

「そもそも三種の神器は、天皇が勝手に処分できるものではありません。税金が議論になったのは、財産価値のあるものには課税するというGHQの戦後政策から来ています。しかしながら、課税の対象にならないことは、池田内閣の時代に国会答弁で確認されているのです」

 万が一、課税なんてことになれば国税庁だって困るだろう。


■宮中祭祀の秘儀とは?


 令和の時代は5月1日に幕を開けたが、「即位の礼」はまだ終わりではない。10月22日の「即位礼正殿の儀」、11月に予定される「大嘗祭」を経て、新天皇は名実ともに真の天皇となるのだ。

 なかでも関心を集めるのは「メディアはもちろん、宮内庁職員も立ち会えない」(皇室担当記者)大嘗祭の「秘儀」である。天皇陛下は毎秋の新嘗祭で天照大御神をはじめとする神々に新穀をお供えし、感謝を捧げる。そして、即位後初の新嘗祭を「大嘗祭」と呼ぶ。

「数ある宮中祭祀のなかでも大嘗祭は最大のお祭りです。この祭祀のために大嘗宮が特別に造営されます」

 とは、元宮内庁掌典職掌典補の三木(そうぎ)善明氏。上皇陛下の即位の大礼を支えた三木氏は、とりわけ「斎田点定の儀」に苦労したと明かす。これは大嘗祭でお供えするお米をどの田で作るかを決める「亀卜(きぼく)」という儀式で、用いられるのはアオウミガメ。つまり、加工した亀の甲羅を火にかざし、その割れ方で占うのだ。

「この占いには130センチという大きなアオウミガメの甲羅が必要なのですが、海外からの輸入はワシントン条約で禁じられていた。伝手を頼って探し回り、小笠原で自然死したアオウミガメが見つかったのです」

 大嘗祭には午後6時30分から始まる祭典と、翌日午前0時30分から始まる祭典がある。祭祀が執り行われる御殿の中で、儀式に携わるのは新天皇と2人の采女(うねめ)のみ。

 灯明が微かに照らす暗がりのなかで、厳かに進められる儀式の中身は、

「すべてが明らかにされているわけではありませんが、陛下自らが御告文を読み上げられた後、神々にお供えした神饌と同じものを召し上がります。これは“御直会(おなおらい)の儀”と呼ばれ、食事を共にすることで神々から精神的な力を授かるのです。また、合計4時間近くに及ぶ儀式のほとんどを陛下は正座で過ごされますが、これは神職でも過酷なこと。上皇陛下は新嘗祭が近づくと、普段テレビをご覧になる時も正座されておられたと、聞き及んでいます」

 古(いにしえ)から続く「秘儀」が天皇を天皇たらしめるのだ。

「週刊新潮」2019年5月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)