小室圭さん「奨学金1300万円」の不可解と「眞子さまと西海岸密会」の可能性

小室圭さん「奨学金1300万円」の不可解と「眞子さまと西海岸密会」の可能性

小室圭さん

 平成の終盤、皇室に激震をもたらした小室圭さんは、現在ニューヨークにあるフォーダム大のロースクールに学んでいる。昨年8月に渡米し、おもに法学既修者や出身国の弁護士資格を有する学生を対象とした「LLMコース」に在籍、5月には修了試験を控えているという。

「そもそも、この留学自体が異例ずくめでした」

 そう振り返るのは、宮内庁担当記者である。

「学生時代に法律を専攻していなかった小室さんが既修者コースに入ったこと自体がイレギュラーで、そのうえ大学側は、学年で1人しか選ばれない返済不要の『マーティン奨学金』を彼に給付するなど“最上級待遇”で迎えたのです」

 9カ月間のLLMコースを終えたのちは、

「引き続き法務博士号をとるための『JDコース』に編入し、2年間学ぶ予定となっている。つまり、宮内庁が発表した“2年延期”にあたる来年は未だ留学生である可能性が高いわけです」(同)

 もとより不可解だらけの留学に、謎がまたひとつ増えてしまうわけだが、気になるのは留学費用。現在、授業料以外の生活費については、在籍する法律事務所から“貸与”の形で支援されているといい、さらには来年度、JDコースの授業料についても新たに奨学金を獲得したとの報道が、先ごろ駆け巡った。

「JDコースにおいて数種類ある奨学金のうち、年間およそ6万ドル(約660万円)の授業料が全額免除されるという、最もランクの高いタイプが支給されることが決まったというのです。何でも“たぐいまれなる成績と強力なリーダーシップ”を有する学生が対象で、400人の学生のうち2人しかもらえないという触れ込みです」(皇室ジャーナリスト)

 これが2年続くとなれば、またぞろ特別扱いとの批判は免れまい。学生時代は母親の元婚約者の資金でICUに通い、UCLAへの留学も果たした小室さんは、他人のお金で凌いでいく術がすっかり板についたようである。

 小室さんの代理人の上芝直史弁護士は、

「確かに現在、複数の奨学金に申請はしていますが、結果はまだ出ていません。事実と異なることが報じられて、小室さんも困惑していました」

 と言うのだが、先のジャーナリストは、

「物価の高いニューヨークでは、生活費と学費、合わせて最低でも年間1千万円程度が必要ですから、こうした奨学金なしには生活が立ち行かないのは目に見えている。そうした“算段”がついていなければ、最初から3年間の留学などに身を投じるはずがありません」

 その先には、一体どんな生活が待ち受けているのだろうか。


■西海岸密会


 お相手の眞子さまは、問題の解決が令和へと先送りされたまま、ご公務を続けられることになった。お気持ちが晴れないままでは、さぞやお辛いだろうと拝察されるのだが、

「7月中旬には、ペルーとボリビアを訪問されることになっています」

 とは、宮内庁担当記者。

「今年は日本人移住120周年にあたり、両国政府からお招きがありました。眞子さまは両国の大統領を表敬訪問なさるほか、日系人とも交流される予定です」

 が、およそ10日間にわたるそのご訪問には、一抹の不安がつきまとうと漏らすのは、さる宮内庁関係者である。

「現在の予定では、トランジットで米国西海岸に滞在することになりそうです。その際、万が一とはいえ、小室さんと“再会”を果たされるようなことがなければいいのですが……」

 お二人が最後に会ったのは小室さんの渡米前の昨年8月4日。秋篠宮家で夕食をともにしており、それから早や9カ月である。

「以降も、毎日のように連絡を取り合ってはいますが、やはり直接お会いして言葉を交わすのとは違います。ご公務中は絶えず警護がついており、接触は不可能ですが、帰国途上、トランジットでのご宿泊の際には、比較的自由にお過ごしになることができます」(同)

 その頃、小室さんはちょうど大学の休暇中。ニューヨークは言うに及ばず、UCLAへの留学で勝手知るロサンゼルスでも、駆け付けることは可能だ。実際に昨年7月、眞子さまがブラジルを訪問された際、お帰りに滞在されたニューヨークで合流なさるのでは、との憶測も流れたのだが、

「それは実現しませんでしたが、その代わり眞子さまは自由時間に外出され、セントラルパークの西側にある『アメリカ自然史博物館』に足を運ばれていました。眞子さまは博物館学の修士号を持たれておられます。あるいは遠くない将来、小室さんとこの地に移り住むことなどを思い描かれていたのかもしれません」(同)

 眞子さまの思いはなお揺るぎない。7月には西海岸で「令和事変」が起きるかもしれないのだ。

「週刊新潮」2019年5月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)