「就活マナー本」のウソ ES送付の封筒は白、面接後には御礼メールは送るべき…

「就活マナー本」のウソ ES送付の封筒は白、面接後には御礼メールは送るべき…

就活マナーは数多くあるが、それらが本当に礼儀にかなっているのだろうか?(※画像はイメージ)

「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざがあるが、マナーでも同様のことがいえる。やりすぎなマナーはむしろ礼儀にかなっておらず、失礼にあたる場合もあるのだ。特に就職活動時に良しとされているマナーではその傾向が強い。そうした、実は礼儀にかなっていない就活マナーについて、『本当に必要とされる最強マナー』などの著書があるコラムニストの石原壮一郎氏に聞いた。

 ***

 就活マナーは数多くあるが、さっそく巷で噂されている事例を挙げて、それらが本当に礼儀にかなっているのか見ていこう。

 まずは身だしなみ。就活ではしばしば“髪色は黒で、男性は短髪、女性はポニーテールなどが望ましい”といわれる。暑くてもジャケットを脱ぐことは失礼にあたる、というのも定説。真夏にリクルートスーツのジャケットを着ている就活生を見ることも多いが、これはどうなのだろう。

「『なぜこの髪型なのか』という納得させられる説明ができれば、茶髪だろうが落とされる理由にはならないと思います。ただし、人と一緒が嫌という理由では、あまり賢く見られない可能性が高いです。上着に関しては、着用したまま汗だくで面接を受けていたらそれこそ清潔感に欠け、『この人と一緒に仕事がしたい』とは思われないでしょうね。相手に不快感を与えないようにするのが、マナーの基本です」

 さすがに、ノージャケットで面接に臨むことはおススメしないが、たとえば会場に着くまでは脱いでおくなど、臨機応変な対応が求められるというところだろうか(シワには注意)。

 また、“エントリーシートの送付時の封筒は白がいい”“添え状はつける”などのマナーも就活の現場ではよく聞く話だ。

「人事担当者も、いちいち封筒の色を記録するような面倒なことはしませんから、『これをやらなかったから落とす』なんてことはないはずです。添え状もつけたほうが丁寧ですが、シンプルに。あまりにもくどかったり、余計なことばかり書き込んであると迷惑に思われることもあります。修正液は絶対にNGという意見もありますけど、それも程度の問題。まあ、修正だらけのエントリーシートや履歴書では、入社への気持ちの強さや仕事の能力を疑われても仕方ありませんけど」

 さらにマナー本の面接指南のページでは、お辞儀は何度もするべきと書かれており、その角度も45°などと事細かに指定されている。これらは実際に礼儀といえるのだろうか。

「過剰なお辞儀は、『あ、この子は緊張しているな……』と面接官は思うでしょうが、特に礼儀正しいとは思わないでしょうね。お辞儀の角度も、その就活本を監修(または執筆)したマナー講師が何かしらの指南を書かなきゃいけないから書いているだけであって、あくまで目安に過ぎません。それより、ちゃんと気持ちを込めて、頭を下げた状態でしばらく動きを止めるほうが大切です。角度ばっかり気にしていたら、落ち着きのないお辞儀になってしまうでしょう」

 石原氏によれば、マナー本の通りにやりすぎると、逆に「マニュアル人間」だと思われる可能性もあるという。

「マナーにがんじがらめになっている様子は、『この子は仕事でもテンパりやすいのかな……』『自分で考えて行動できないのかな……』という印象も与えかねませんし、何度も中途半端なお辞儀や挨拶をして無駄な時間を取らせるほうが失礼にあたります」


■過剰なやる気は損気、面接官もうんざりなNG例


 社会人の転職では、成果や人脈などをアピールするものだが、社会人経験のない新卒就活生の場合、最大の武器は“熱意”に他ならない。斜に構えた姿勢ではなく、その会社でどうしても働きたいという思いを見せることが、いわば就活戦略のキモとされている。

 しかし、その熱意が空回りしてしまうケースもある。たとえば、就活本で推奨されている、面接後のお礼メール。そこであざとく自己アピールなどをしてしまえば、採用担当者からの評価を下げてしまう可能性もあるという。

「言いたいことは面接のときに言いましょう。面接の後に自己アピールや言い忘れたことをメールで送ると『抜け駆け』だと思われることもありますし、正直、企業側も面接後にそのようなメールを送られても迷惑だと感じるかもしれません。ちなみに、お礼のメールは必須ではありませんし、メールの有無で合格が左右されることはまずないでしょう」

 また、就活生によくあるのは企業を褒めすぎること。「面接会場まではどのように来ましたか?」という質問に対し、道順を説明したうえで、「小さい頃から憧れていた御社のビルの看板が見えたときは感動しました」などと答えてアピールすべし、なんてことがマニュアルに載っていることもある。

「『“看板が〜”とか、バカにしているのか?』と普通の感覚を持った面接官なら感じても不思議じゃありません。企業の将来性なども突飛なほど褒めちぎるのはあまりよくないでしょう。当たり前ですが、多くの場合の面接で学生に求められる資質は、よく調べ現実的かつ論理的に物事を考えて話せる力ですからね」

 このように、やる気を過剰にアピールする就活生は、他の学生に対して“就活マナーマウンティング”もしがちだという。就活マナーマウンティングとは、マナー本に書かれてあるようなことを鵜呑みにし、他の就活生に対して「そんな常識的なマナーすら知らないのかよ」とマウンティングする行為である。

「合同面接やグループディスカッションの際に、正しいのかどうか分からないマナーや空回りした熱意でマウンティングする人は大体落ちます。面接官も大人ですから、そのような『幼稚さ』がある人は分かります。また、学生の中には、『会社内の自動販売機は就活生のためではないので利用してはいけない』などのトンデモなマナーを信じている人もいます。ですが、むしろそこで飲み物を買って売り上げに貢献してあげたほうが、よほど企業にとってありがたいのではないでしょうか(企業の敷地内に自販機が設置されている場合、飲料メーカーだけでなく、その企業にも売り上げの一部が入る場合が多い)」


■面接官は恐れるに足らず


 ここまではさまざまな就活マナーの無意味さについて言及してきた。とはいえ、それを良しとする面接官がいることも事実である。

「まずは、就活マナーを気にしすぎる大人を撲滅するべきですね。そういう人がいるから就活生は安パイを取って、うさん臭いマナーに手を出さざるを得なくなる。採用する側にも責任の一因はあります」

 就活マナーを真に受けたまま社会人となり、面接官の立場になった彼らは、そのときに覚えたガチガチなマナーを将来の就活生に求めてしまうという。

「決まりごとに対して従順な人間を求めるというのが、日本の採用の目的になっている側面もあります。しかし、そんなところだけを見て人を見抜いた気になるようでは、一人前の面接官とはいえません。見る目に自信がない人ほど形にこだわりたがるんですよね。形で落としたがる体質の会社は、入ってからも無駄な苦労がありそうです……」

 就活マナーでは判断できない部分にこそ、その人のポテンシャルがある。企業の面接官も、マナーの奥にある本質を見抜くことが有為多望な学生に対するマナーなのだ。

「就活生の多くは、面接官をとても怖い存在だと思っているかもしれませんが、そう思い込むのも考えものです。彼らを過剰に恐れてしまうと、マナーのことで頭がいっぱいになり、本来の自分らしい受け答えができなくなってしまう。受験する会社への心遣いは大切ですが、力の入れ場所を間違えないように。上っ面なマナーを習得する時間があったら、その会社や業界の仕事をしっかり理解して自分なりの考えをまとめておきましょう」

 指南書に書かれているマナーがすべて正しいとは限らない。マニュアル本のマナーの真偽を自ら考え、取捨選択することこそ、面接を通過するための第一歩ではないだろうか。

取材・文/沼澤典史(清談社)

週刊新潮WEB取材班

2019年5月22日 掲載

関連記事(外部サイト)