天皇陛下と米大統領 機密文書で読み解く32年前の「プリンス・アキヒト」米国訪問

天皇陛下と米大統領 機密文書で読み解く32年前の「プリンス・アキヒト」米国訪問

レーガン大統領と談笑される上皇さま

 5月25日に来日する米トランプ大統領は、令和初となる国賓である。新天皇皇后両陛下との会見が注目されるが、では、米国はこれまで天皇皇后両陛下をどう迎えたのか。

 反日感情の機運が高まる最中に行われた1987年10月の訪米は、特筆すべき行啓であるかもしれない。当時皇太子だった上皇陛下は、美智子さまと共にかの地を訪れ、アメリカ人は最大限の敬意をもって迎えた。機密指定を解除された「皇室ファイル」を繙くと、彼らの様々な思惑が見えてくる。

 ***

 その時、上皇の声は、まるで感情の高ぶりを抑えるため、微かに震えているように聞こえた。

「私は即位以来、日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い、今日までを過ごしてきました。譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、日々の務めを行っていきたいと思います」

 昨年末に皇居で開かれた天皇誕生日に際しての記者会見、平成最後の会見という事もあり例年以上に注目を集めた。手にした紙に目を落として、よく通る落ち着いた声で、自らの歩みを振り返るように語っていく。

「平成の時代に入り、戦後50年、60年、70年の節目の年を迎えました。先の大戦で多くの人命が失われ、また、我が国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました」

 その元号の響きにも拘わらず、30年に亘った平成は、日本と世界にとって激動の時代として歴史に刻まれるだろう。

 元年にベルリンの壁が崩れて東西冷戦が終結すると、日本では永遠に続くかと思われたバブル景気が崩壊し始めた。かつては盤石とされた大手企業や老舗が次々と破綻し、重く停滞した空気が世の中を覆っていく。そして、海外では民族や宗教による対立が激しくなり、無差別テロで数多くの犠牲者が出た。

 戦後の天皇は日本国の象徴に過ぎず、政治的権限は持たないとされたが、その中で上皇は何を考え、どう行動してきたのか。幸い、英米では一定期間を経た膨大な公文書が機密解除されるが、それらを読むと、各国が国益のため天皇を最大限利用した事、そして国際政治で皇室が政府の持ちえない外交チャンネルとして機能したのが分かってきた。この数十年で機密指定を解かれた「皇室ファイル」から、その実相を繙きたい。

 昭和が終わる2年前の1987年6月27日、レーガン政権の国家安全保障会議のメンバー、フランク・カールッチ大統領補佐官に一通のメモが届いた。この会議は大統領に対して国防や外交分野で助言や政策立案を行う、ホワイトハウスの中枢と言える。

 国務省からの文書のタイトルは「皇太子夫妻の公式訪問」、その年の秋に米国を公式訪問する皇太子夫妻を迎える準備についてだった。

「皇室は日本の統治では実質的な役割は持たないが、日本国民の象徴として敬意を表するのが重要だと信じる。アンドリューズ空軍基地との移動に大統領専用ヘリコプターを提供すれば、米国政府による配慮と歓迎のジェスチャーとして受けとられるだろう」

 その2カ月後にも国務省は、カールッチ補佐官に夫妻の訪問の重要性を訴えるメモを届けている。

「皇太子が外国を訪れる際は、実際上、彼を日本を代表する元首と見なすべきである。天皇は85(ママ)歳になり、1975年に訪米してから日本を離れておらず、皇太子が名代として頻繁に他国の指導者や君主との相互訪問を行ってきた」

 まだ昭和が終わってもいないのに、すでに米国が皇太子を「元首」扱いしていた理由、それは昭和天皇の健康問題だった。

 国務省がカールッチ補佐官に2度目のメモを送った翌月の9月下旬、東京の宮内庁が衝撃的な発表を行った。その年の夏から体調を崩していた天皇の腸に疾患が見つかり、急遽、開腹手術を行う事が決定したのだ。春の誕生日の宴会で食べた物を戻してから食欲不振を訴えていたが、レントゲン撮影の結果、腸の一部に通過障害があるのが判明した。

 後に、それは膵臓癌だったと明らかになるのだが、この時点で米国政府が天皇の真の病状を把握していたかどうかは分からない。ともあれ、すでに彼らは昭和の終わりを予感し、ポスト裕仁を想定し始めていた。

 だがそうは言っても、まだ即位もしていない皇太子の訪米を、なぜ、わざわざ国家安全保障会議で取り上げるのか。その裏には当時、日米の間に横たわった深刻な貿易摩擦があった。

 戦後の日本は目覚ましい復興と経済成長を遂げ、米国に次ぐ経済大国として繁栄を謳歌したが、それに伴って膨れ上がったのが対米貿易黒字である。


■グッド・ニュース


 この年、1987年の3月には、日本が日米半導体協定に違反しているとして、米国政府は100%の報復関税を含む対日制裁措置を発表した。対象候補はカラーテレビやエアコンなどいずれも輸出産業の柱で、実施されれば壊滅的打撃は避けられず、米国のマスコミは第2次大戦以来、初の日本への制裁と大々的に報じた。

 さらに事態をこじらせたのが、同年に発覚した「東芝機械ココム違反事件」である。東芝の小会社が、ココム(対共産圏輸出統制委員会)の規制に違反してソ連に工作機械を輸出し、それによりソ連の潜水艦のスクリュー音が小さくなり、探知が難しくなったとされた。日本は、金儲けのためなら西側の安全保障も売り飛ばす国というイメージが拡散する。

 ジャパン・バッシング(日本叩き)の震源地は米議会の強硬派で、選挙区へのアピールから東芝製ラジカセをハンマーで叩き壊すパフォーマンスも行い、足元で圧力を受けるレーガン政権も対応に苦慮していたのだった。

 そうした中で1987年10月6日の午前、整列した儀仗兵の敬礼を受けながら、皇太子はホワイトハウス西棟の正面玄関に到着した。出迎えた国務長官により大統領執務室へ案内されると、米国人記者団から「貿易問題を話されるのか」といった質問も飛んだが、皇太子は何事もないかのように返事をしなかったという。

 日本人の感覚からすれば、天皇の名代に貿易摩擦について訊くなど信じられず、象徴天皇制をよく分かってない証拠なのだが、当時の米国の雰囲気を物語るエピソードではある。そして、この将来の天皇に米国政府は最大限の敬意を表した。

 特別機がワシントンに近いアンドリューズ空軍基地に到着した時は国務長官が出迎えたが、これは異例で、かつて英国のチャールズ皇太子夫妻が来た際も儀典長止まりだった。また米国の戦没者が眠るアーリントン墓地の供花式でも、国賓を遇する21発の礼砲が鳴り響き、大統領専用ヘリコプターの手配など、米国政府は総力を挙げて日米友好を演出した。

 それは、駐米日本大使が思わず「ジャパン・バッシングの嵐の中で、喉から手が出るほど欲しかったグッド・ニュース」と漏らした程だった。


■配当を生むものと…


 そして米国は、わが国の皇室で重要な位置を占める、ある人物にも熱い視線を注いでいた。日本で絶大な人気を誇る彼女に格別な配慮を示せば、貿易摩擦を含め、険悪な対日感情を変えられるかもしれない。その人物こそ、皇太子と共に訪米した美智子妃である。

 訪米が迫ってきた8月20日、国家安全保障会議の幹部が、あるメモを作成した。

「皇太子夫妻を招いた晩餐会とは別に、国務省は、レーガン夫人が皇太子妃とささやかなお茶会を開くよう要請している。われわれも、この案を支持する」

 10月6日にレーガン大統領夫妻は皇太子夫妻を招いた晩餐会を開催するが、その日の午前中、夫人同士のお茶会を開いてもらいたいとの提案で、ホワイトハウスは即座に了承した。

 開戦前夜のような空気の中、少しでも友好を演出する狙いだが、そもそも米国のファイルに美智子妃が登場し始めたのは、その25年以上も前、アイゼンハワー政権の頃である。

 当時の岸内閣は日米安全保障条約の改定を目指したが、それは国会前で大規模な反対デモを引き起こし、東京大学の女学生が死亡する事態に発展した。これにより予定されていたアイゼンハワー大統領の来日は中止され、岸信介総理も退陣に追い込まれるなど日米を騒然とした空気が包んでいた。

 その最中の1960年9月に結婚間もない皇太子夫妻が訪米するのだが、当初、日本側は、このタイミングでの米国行きを躊躇していた。それを積極的に推し進めたのが米国政府で、事前に作成されたファイルは、「歴史上初めて将来の天皇と結婚した『平民』」美智子妃のプロフィールが詳細に記述されていた。

「カトリック系の名門・聖心女子大学で一般教養を学んだ美智子妃は、きわめて魅力的で高い人気がある。長年、キリスト教に触れており、保守的だが同時に上品さを兼ね備える。高い知性を持ち、聖心では優れたまとめ役として学生自治会の会長に選出された」

 また彼女の父親で日清製粉社長だった正田英三郎は平民出身だが、母親の富美子は九州の佐賀の名家につながり、700年前の記録にも登場する家系だという。さらに兄の巌は米国のイェール大学に留学中など、その調査対象は家族や親戚にまで及んだ。

 貿易摩擦で軋む日米関係の改善を狙ったレーガン政権と、安保闘争の後遺症に悩むアイゼンハワー政権、どちらも魅力的で絶大な人気を誇る美智子妃を外交カードにしようとしたのだった。

 そして、わが国の皇室が外交上、貴重な資産になりうる事を示す、もう一つのエピソード、それは5月に即位した天皇浩宮のものである。

 1985年10月、中曽根康弘総理は国連開設40周年記念総会に出席するためニューヨークを訪れて、レーガン大統領と首脳会談を行った。ここでも議題のほとんどは貿易摩擦で占められ、日本側は新たに強硬な要求が出るのではと身構えたが、蓋を開けてみると目立った注文もなく、拍子抜けする程だったという。

 当時の新聞記事には「運よかった中曽根さん」「『懸案』解決先送りに」(毎日)、「通商で新要求も出ず」「運も味方 しのいだ首相」(朝日)との見出しが残っているが、はたして本当に“運”だけだったろうか。

 じつは中曽根総理が緊張した面持ちでニューヨークへ出発するわずか1週間前、ある青年皇族がワシントンでレーガン大統領と会見し、将来の天皇たる彼の影響力を見越した米国は丁重な接遇をもって迎えた。それが、2年余りの英国留学を終えて帰国する途中の浩宮だった。

 オックスフォード大学マートン・カレッジで学んだ浩宮は、帰国する前、約3週間に亘って米国各地を巡ったが、その2カ月前の8月20日、当時のロバート・マクファーレン国家安全保障問題担当補佐官に国務省が送ったメモがある。

「浩宮は現在の皇太子に次ぐ天皇裕仁の皇位継承者で、英国滞在中は(サッチャー)英首相に歓迎され、王室とも密接な交流を行ってきた。皇族の中で浩宮ほど西洋での教育を受けた例はなく、今後も濃密なコンタクトを維持する事になると思われる。皇室の役割は純粋に儀礼的なものだが、当方は、浩宮への親密な歓迎が日本国内で高く評価され、将来の2国間関係と皇室との接触において配当を生むものと信じる」

 日本の皇室に敬意を払って良好な関係を築いておけば、将来、必ず自分たちに恩恵をもたらす。それに「配当」(dividends)と株式取引の用語を当てるのがいかにも露骨だが、この時もホワイトハウスは喜んで提案を受け入れた。


■外交チャンネル


 10月11日の昼下がり、浩宮はレーガン大統領との会見に臨んだが、非公式訪問にも拘わらず玄関では国賓を接遇する儀典長が出迎え、国務長官が執務室へ案内するもてなしぶりだった。会見自体は約6分と短かったが、レーガン大統領は、その長身を屈めるようにして手を差し伸べ、「米国と日本の友好関係を更に増進する事を念願しています」と語りかけた。

 そして中曽根総理が日米首脳会談に臨んだ頃、サンフランシスコに滞在中だった浩宮は、記者団に「政治・経済問題に立ち入らない皇族の身だが、日米貿易摩擦は、相互理解で解決できるのでは」と発言していた。

 このように米国の皇室ファイルを読むと、彼らが天皇の影響力を計算して、水面下で緻密な外交戦を進めていたのに気づく。日本の皇室とどう向かい合うかは、国家安全保障に直結し、その訪米に合わせたように日米の緊張が一瞬、凪状態になったのは偶然とは思えない。

 歴史を振り返ると、海外の立憲君主は、他国と紛争が生じた際、時に政府が代替できない外交チャンネルとして機能してきた。対立が深刻化し、政治家や官僚が打開できなくても、王族による対話で突破の糸口が見つかるのだ。

 この場合も米国は、将来の天皇の面前で露骨な対日要求を出すのはまずいと判断したのか。だとすれば、天皇家から“配当”を受け取っていたのは米国でなく、他ならぬ、われわれ日本国民だった事になる。

 冒頭の平成最後の誕生日会見で、やがて上皇は感情を抑えきれず、声を詰まらせて絞り出すように続けた。

「天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」

 今後も時が流れるにつれ、米国ではホワイトハウスや国務省、情報機関の皇室ファイルが次々と機密解除されていく。その時になって、初めて私たちは、「平成」という時代とは何だったか、上皇と上皇后がどんな旅を続けてきたかを知るはずだ。

徳本栄一郎(とくもと・えいいちろう)
英国ロイター通信特派員を経て、ジャーナリストとして活躍。国際政治・経済を主なテーマに取材活動を続けている。ノンフィクションの著書に『角栄失脚 歪められた真実』(光文社)、『1945 日本占領』(新潮社)、小説に『臨界』(新潮社)等がある。

「週刊新潮」2019年5月2・9日号 掲載

関連記事(外部サイト)