トランプ大統領に宮中晩餐会で提供される肉は「羊」、焼き方もソースも異例中の異例?

宮中晩餐会メインディッシュは羊料理が伝統 トランプ大統領にはケチャップも用意?

記事まとめ

  • 世界中の賓客を「おもてなし」する宮中晩餐会では羊料理が伝統的なメインディッシュ
  • 羊がメインでなかったのはチャールズ皇太子、ダイアナ妃、盧泰愚大統領の3人だけ
  • ドナルド・トランプ大統領のためにケチャップを用意しているという

トランプ大統領に宮中晩餐会で提供される肉は「羊」、焼き方もソースも異例中の異例?

■“下々”の日本人は無縁!?


 人気の料理研究家、栗原はるみ氏(72)の公式サイトにはレシピの検索機能がある。「おもてなし」という目的から探すこともできるし、「肉」のカテゴリーを選択すれば「牛、豚、鶏、ハム・ベーコン、ひき肉」の5種類から選べる。

***

 だが、どこにも羊の文字はない。このことから分かるのは、日本人の多くが「羊肉の料理で来客や友だちをもてなそう」とは考えていないということだ。北海道は接待などで「ジンギスカン」を出すこともあるようだが、例外中の例外だろう。

 一方「日本の象徴」たる天皇家は、世界中の賓客を「おもてなし」する宮中晩餐会で、フレンチの羊料理を伝統的なメインディッシュにしている。

 なぜ天皇家は羊料理を“伝家の宝刀”としているのかは後述するとして、まずは日本人が羊をほとんど口にしない国民だと知っていただきたい。近年の日本における消費量を表にしてみた。

 そもそも、データをまとめた農林水産省が羊を「その他の肉」に入れている時点で、ニーズの少なさが証明されたようなものだ。ちなみに内訳は、馬、ヤギ、ウサギ、そして羊だという。そこで14年における羊肉の輸入量も参考データとして附記しておいた。

 表にある通り、1人の日本人が1週間に食べる量も算出してみたが、豚肉と鶏肉は共に400グラムを超えた。牛肉は高価だからか、少し少なめの200グラム台だ。

 ところが、羊の輸入量を元に計算してみると、1週間で数グラムの単位である。1年間でやっと100グラムを超えるという数字でしかない。一般に羊が好きな人は増えていると言われるが、それでも我が国では依然としてマイナーだ。知人や友人をもてなす時にマトンやラムを使うのは、やはり勇気がいるということだろう。

 冒頭で紹介した栗原氏のサイトでも、「おもてなし」用として表示される肉料理は「鴨のソテー オレンジソース」、「牛肉のたたきハーブ巻き」、「手作り鶏ハム」、「ポークソテーねぎクリームソース」――という具合だ。

 それでは、天皇家は宮中晩餐会で、どのように羊をメインとする「おもてなし」のメニューを組み立てたか、実例を表にしてみたので、ご覧いただきたい。表は2つあり、【上】は84年から91年。昭和天皇時のメニューも含まれている。

 次の【下】は92年から16年までのものを収めた。メニューの詳細が報道されておらず、表に収録できなかったものもある。例えば1986年に行われた国賓のアキノ・フィリピン大統領を歓迎する宮中晩餐会は清羹の内容が不明だった。

 宮中晩餐会で提供される“食材”を育成しているのが、栃木県にある御料牧場だ。宮内庁の公式サイトには、以下の記述がある。

《御料牧場は、栃木県塩谷郡高根沢町・芳賀郡芳賀町にまたがる地(宇都宮市中心街から北東約13キロメートル)にあります。農・畜産事業の総合的経営を行う牧場で、皇室用の乗用馬・輓ばん用馬の生産をはじめ、各種家畜・家禽の飼養管理や皇室・内外賓客接伴用の牛乳・肉・卵などの生産を行い、在日外交団の接遇の場としても使用されています》(註:以下、数字や読点はデイリー新潮の表記に変更する)

 次に「生産品等」をご覧いただこう。

(1)乗馬、輓ばん馬の生産育成
(2)牛乳、乳製品(バター・クリーム・ヨーグルト・チーズ等)の生産加工
(3)羊肉の生産
(4)豚肉及び肉加工品(ハム・ソーセージ・ベーコン・缶詰・燻製若鶏)の生産
(5)鶏卵、食鶏の生産
(6)乾牧草、ヘイレージなどの飼料の生産
(7)野菜(トマト・レタス・大根など約24種類)の栽培

 羊は自分の牧場で育てているというのだから、どれだけ気合いが入っているのか一目瞭然だ。東京新聞は2017年から18年にかけて、「御料牧場の四季 皇室の農を探る」を連載したが、12月9日に掲載されたのは「極上のヒツジ 晩さん賓客もてなす」だった。

《(註:羊肉は)宗教上の理由で食べられないなどの制限が最も少ない肉とされ、晩さん会や国内外の賓客をもてなす皇室行事のメインディッシュとなっているからだ。

 国産ウール生産のため、1875(明治8)年に内務卿の大久保利通の発案で千葉県・三里塚に牧羊場を設けたのが御料牧場の始まりだ。栃木県に移転した1969年からは、肉質の良いサフォーク種に特化して育てている》


■ジンギスカンも自慢の料理


 改めて表を見ると、登場するVIPは8人。当時の肩書で表記すると、羊がメインでなかったのはチャールズ皇太子(70)・ダイアナ妃(1961〜1997)と、盧泰愚大統領(86)の3人だけだ。

 当時の新聞記事は、なぜ3人に羊が提供されなかったのか触れている。チャールズ皇太子とダイアナ妃は間接的、盧泰愚大統領は直接的な説明だ。ご紹介しよう。

《メニューは、宮内庁大膳課があらかじめ英国側から資料を取り寄せ、ご夫妻(註:チャールズ皇太子とダイアナ妃)が好まれる、さっぱりした構成となった。スープに浮かせたシューの中にはエダム・チーズが詰められ、伊勢エビは千葉県外房産。トリは御料牧場産。サラダにはトマト、パパイア、レタス、セロリ、チコレ……と、それぞれえり抜きの材料が使われた》(86年5月14日:朝日新聞「“ダイアナ週間”フィナーレの宴 最後まで笑み絶やさず」)

 新聞や雑誌のデータベース「G-Search」では検索できなかったが、ネット上では1975年にエリザベス女王とフィリップ殿下が来日された際、メインは「羊のもも肉のロースト」だったとする記事がある。出典が不明なのが残念だが、事実だとすると親子でメインの希望が違ったことになり、なかなか面白い。

 次は盧泰愚大統領だ。こちらも朝日新聞が1990年5月25日に掲載した「歴史踏まえ、未来見つめ 盧・韓国大統領迎えて宮中晩さん会」を引用させていただく。

《宮内庁は、フランス料理のメニューにも気を配り、通常は羊肉を使うメーンディッシュを大統領が好きな牛肉にした》

 基本は羊だが、もてなす側の希望も考慮しながら、柔軟にメニューを組み立てている舞台裏が浮き彫りになる。

 天皇家が大切にする羊の味、それはどんなものなのか。朝日新聞デジタルのオリジナル記事だが、2014年4月の「(皇室トリビア)国賓来たる、最上級の『オモテナシ』」から該当部分をお読みいただこう。

《羊肉は欧州では最上級とされているため、国賓のもてなしに選ばれるのだそうです。蒸し焼きは、スライスされたローストビーフのような見た目で、味わった人によると、柔らかく美味だったそうです》

 外交の舞台だけでなく、秋の園遊会でもジンギスカンが出されたことがあったようだ。先の「御料牧場の四季」からご覧いただく。

《赤坂御苑であった先月9日の秋の園遊会では、宮内庁大膳課で料理を担当する主厨(しゅちゅう)らが、牧場で育てられたヒツジの肉でジンギスカンを提供した。焼き上がったモモやロースにかけるソースは「昭和天皇の料理番」として知られる、初代主厨長、秋山徳蔵氏が考案したレシピ。しょうゆ、日本酒、リンゴや香辛料など約30種を加え約3年間熟成させたものだ》

 更に天皇家は、普段でも羊肉を召しあがっておられるようだ。毎日新聞の「特集ワイド:ひらめきの料理番が『見た』昭和天皇 質素・倹約・無私 でもカレーにイカ粉たっぷり」(2018年8月3日付)には、昭和天皇のカレーに羊が使われていた記述がある。

《カレーの具材は牛、羊、エビと変えたが、ベースのカレーは同じで、まる2日かけて作った》

 食卓に「マトンカレー」がのぼる一般の家庭は少ないはずだ。御料牧場で肉を育てているため“消費”する必要があるのかもしれないが、やはり極めて美味しいのだろう。

 またタイトルが気になった方もおられるだろうが、この記事の主役は昭和天皇。記事の冒頭にはこうある。《昭和天皇はカレーライスに「イカ粉(こ)」をかけていた。スルメを細かく潰した粉である》。執筆した記者も実際に試してみたそうで、「これが結構いける」と書かれている。

 令和初の国賓は、アメリカのトランプ大統領(72)となった。宮中晩餐会は5月27日の月曜に予定されているという。政治担当デスクが解説する。

「トランプ大統領の大好物は、マクドナルドのハンバーガーとケンタッキーフライドチキン、そして牛肉のステーキと言われています。特にステーキは肉が焦げ、カチコチになるまで焼かせ、それにケチャップをかけます。この大統領のスタイルは、アメリカでも有名らしく、『ケチャップなんて子供っぽい』、『せっかくの牛肉が台無し』、『下賎』と散々なのですが、トランプの支持層には『気取らないところがいい』と歓迎されているそうです」

 ステーキの食べ方でさえトランプは“米国民を分断”してしまうわけだが、宮中晩餐会でも、その好みを変える気はないという。

「米政府からは『羊肉でOK』という意向が伝えられたそうですが、焼き方についてはベリー・ウェルダン、つまり『徹底的に火を通してほしい』という要望が来ており、ケチャップも用意するそうです。宮中晩餐会で供される自慢の羊料理は、食べた方が少ないので正確な実像は分からないのですが、ややレア気味に仕上げ、丹精込めて作られたソースが添えられていると言われています。オーソドックスな食べ方とは、かなり違うことになるかもしれません」(同・政治担当デスク)

週刊新潮WEB取材班

2019年5月27日 掲載

関連記事(外部サイト)