チリ人妻アニータさんの夫は「生活に余裕がない」として今も青森県への返済なし

記事まとめ

  • 千田郁司氏は青森県住宅供給公社から横領しチリ人妻アニータさんに11億円貢いだという
  • 千田氏は「生活が苦しいので法的に問題がない」として、今も青森への返済をしていない
  • また、今年に公益社団法人から千田氏の姿が消え、金庫の金が足りなくなっていたらしい

14億円横領のアニータ夫、今も青森への返済なし 「生活に余裕がない」の言い分

 勤務先の青森県住宅供給公社から巨費を横領し、千田郁司氏(61)には懲役14年の実刑判決が下された。少なくとも8億円、一説によれば11億円をチリ人妻のアニータ・アルバラード(46)に貢いだとされる。

 2016年に出所した千田氏は、紆余曲折を経て、元受刑者に仕事を斡旋する公益社団法人「日本駆け込み寺」の経理の仕事に就く。『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンのような更生が期待されたが……。「千田は(今年)3月8日以降、行方をくらまし、金庫に入っていたお金が足りなくなっていたのです」と、玄秀盛代表は嘆くのだ。

 ***

 実は、「週刊新潮」のほかに、千田氏をキャッチしていたメディアがあった。

「今年1月、NHKから千田への密着取材の依頼があり、経理担当として更生している姿を見てもらういい機会だと思い、取材を受けるように勧めたのです。千田も快諾して2月末に取材が始まり、3月7日、彼と僕が対談する様子を撮影しました。そこで僕は、気になっていた青森県への返金について話しました。千田はうちで経理として働くに当たって、“1円も返せていないが、給料をもらえば少しずつでも返金する”と話していたのに、一向に返している様子がなかったからです。僕は“給料が足りないなら月1万円増やすから、それを返済に回したらどうか”とまで諭しました。でも千田は“3月は向こうも決算で、4月は年度初めで忙しいから5月ごろから返す”ともごもご言う。これはダメだと思って、“明日にでも青森県庁に一緒に行ってあげるから”と言ったのですが、首を縦に振りませんでした」(玄代表)

 ここで青森県建築住宅課の職員の話をはさむと、

「現在まで千田さんへの損害賠償請求額に変動はなく、現時点では1円も返済はありません。返済義務がある旨は先方にお伝えし、返済の意思確認もできていますが、返済していただけていない状況です」

 痛いところを突かれたからか、千田氏が出勤したのは、その日が最後だった。

「3月11日深夜0時、“今日をもって退職させて頂きます。(中略)経理業務については、全て帳簿と現金が合致しており、不正はありませんので確認してください”云々という文言が、スタッフのグループLINEに送られ、12日には金庫の鍵が送られてきました。そこで金庫を開けると、3万円しか入っていない。彼が書いた金種表と照合すると金庫にあるはずの約7万円がなく、さらにほかの職員が調べると、千田が経理業務を始めた11月以降、使途不明金が14万円あることもわかりました」


■ブランド品でいっぱい


 大きく息を吸い、苦渋の表情で玄代表は語る。

「信頼を裏切られたことでの精神的なショックが大きくて。僕はスタッフ全員の猛反対をはねのけて彼を信頼し、手を差し伸べようとしたつもりでした。NHKの取材が嫌なら受けなければいいのに、突然、一方的に退職するとLINEで告げ、一番大事な決算期に仕事を放棄する。しかも青森には1円も賠償せず、うちのお金を持って行ってしまった。人としてどうなんや、と憤りを覚えました。その後、僕は千田に電話をしていますが、常に留守電。LINEを送っても既読すらつきません」

 そして、あらためて千田氏の言動を振り返った。

「いま考えると、彼には謝罪と感謝がなかった。無断欠勤しても謝ったことはなく、今年1月ごろ、出勤しない千田が心配になって家まで様子を見に行き、応答がないので日本酒4合瓶をドアにかけ、メモを残して帰った。でも翌日、何食わぬ顔をして出勤し、謝罪もお礼もないのです。僕の勧めで書いた手記も、アニータとの交流話などが中心で、県住宅供給公社は天下りの上層部ががっぽり退職金をもらうのに、プロパーは出世できず、アニータの病院建設という慈善事業のために横領したなどと、言いわけばかりが並んでいた。懲役が終わり、償いも済んだと思っているのでしょうが、民事では横領金の賠償を命じられている。こちらが月1万円上乗せして出すとまで言っているのに、返さない意味がわかりません」

 そのうえ、さらに呆れざるをえない話が。

「うちのスタッフで彼の家に行った者が言うには、家のなかはブランド品でいっぱいだそうです。たしかにいつも、古いけど高級なスーツに革靴を履き、グッチの時計をし、ルイ・ヴィトンのバッグと財布を持っていました。“昔のものですから”と言っていましたが、おそらく親族がメンテナンスしながら保管し、出所後に渡したのでしょう。しかし、それを換金して少しでも返済に充てる、という考えはなかったのです」

 そして、玄代表は最後にこうつぶやいた。

「彼に感謝と謝罪の気持ちがあれば、更生できたかもしれません。司教に許されたジャン・バルジャンのように、千田も更生して幸せになってくれたらなあ、と思っていましたが、叶わなかったようです」


■「広告塔にされた」


 では、当の千田氏はなんと説明するだろうか。

「駆け込み寺を辞めたのは、玄さんが自分をメディアに出して、広告塔にしようとしたからです。昨年12月にも事務所でのクリスマス会に、新聞社の人が取材をさせてほしいと押しかけてきて、玄さんに“約束しちゃったから受けて”と言われたんです。私は途中で逃げました。NHKは、玄さんに“過去を清算したほうがいい”と説得され、これ1本はしょうがないと受けましたが、ほかにも取材を受けるように言われました。親に相談したら、玄さんが私を利用しているのではないかということがわかってきて、兄貴からも“事件を起こした奴が経理で雇われるって、裏があると思わなかったのか”と言われたので、家族に“辞める”と言って、実際に辞めました」

 お金を持ち逃げした、という疑いはどうか。

「知らないよ、そんなこと。絶対やってないです。ひどいですよ。代表からも、駆け込み寺のほかの人からも、その内容の連絡はメールもLINEも電話も一切ない。たかが7万円。無くなっていると言ってくれれば返しますよ。俺が盗んだと言われるのは心外だけど、管理責任は私にあるから返しますよ。そもそもNHKに出るのが決まってるのに、盗むわけがない。いまの埼玉に引っ越す前は新宿にいて、携帯の番号も変えていません。電話をかけてくればいいじゃないですか」

 玄代表は再三連絡をしたと言っているが、それはともかく、なぜ青森県に返済しないのか。

「払う気持ちがあっても払えないんです。働くようになって余裕ができたら、月1万円ずつでも払おうと思っていますが、生活に余裕がないので法的に問題ないはずです。いま年金を2カ月に1回、14万円と、生活保護を月2万円受給しています。マザーハウスに騙されて生活保護を受給している状態です。私はマザーハウスに、埼玉への引っ越し代と敷金、礼金合わせて40万円を払いましたが、これは物件を貸す代わりにボランティアを週3回するという契約でした。私は働いて月に1万円でも返したいのに、そんな契約をさせられてしまったのです」

 たしかに、謝罪や感謝の言葉はどこにも見当たらない。ちなみに、マザーハウスも出所者の社会復帰のサポートをするNPOだ。五十嵐弘志代表に聞くと、

「今年2月か3月、千田さんから事務所に“仕事を紹介してくれ”という電話がありました。“マスコミに追いかけられていて仕事が見つからない”と、少し病んだ感じなので、“病院に行ったほうがいい”とも伝えましたね。その後、僕が電話を受けたのは4週間後くらいで、新宿で会いましたけど、“朝、マンションのドアをバンバン叩く奴がいる”“手記を書くように言われて書いたのに、原稿を持ち逃げされた”“アニータに利用された”なんて延々と話すので、“警察に相談したら”と言うくらいしかありませんでした。その後電話があっても、やはり支離滅裂なので、“精神的に病んでいるならここに相談するといい”と、行政機関の窓口の連絡先を伝えました。僕と千田さんのやり取りはそれだけです」

 いずれにせよ、千田氏に反省の念と返済の意思がないことは、たしかなようだ。そんな彼がジャン・バルジャンになる可能性を問うては、泉下のユーゴーに失礼だったかもしれない。

「週刊新潮」2019年5月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)